ヨガは繋ぐという意味で・・・

こんにちは。
三日目の更新です。
さっき90%くら書いて消えました。(;;)
書き直せという意味だと思い直しがんばります。

ヨガは繋ぐという意味で・・・
某マヨネーズのCMでもやっていたので知っている人も多いですよね。
では何と何を繋ぐのでしょう???

「人と人を繋ぐ」(Facebookみたいなヨガ?)
「男女を繋ぐ」(お見合いみたいなヨガ?解釈によっては正にヨガ)

いろいろな解釈があるのですべて正解!!!
と前置きの上で、
多くの本やブログで今主流になりつつある、
「ヨガは心と身体を繋ぎます。」
を考えてみたいと思います。

そもそも、心と身体は密接に繋がっています。
だから、
「心が乱れると体調がくずれたり、体調が悪いと気持ちが冴えない」
のではないでしょうか?
心と身体が切り離されているのは、悟りを開いた聖人か、動物的に直観のみで動く狂人のどちらかだと思います。
両者の違いはコントロールされいているか?です。

「ヨガは心と身体を繋ぎます。」に続きよくセットで紹介されている文章として、
「心身ともにバラバラになるほど疲れ果てていた時にヨガに出会い、心と身体のバランスを取り戻し救われました。」
があります。
「心と身体のバランスを取り戻した。」と
「心と身体を結ぶ」は別だと思いませんか?
「ヨガは結ぶ」「身も心もバラバラ」「ヨガで救われた」
から
「ヨガは心と身体を結ぶ」と結論づけるのは無理があると思うんです。
「身も心もバラバラ(疲れ果ててた)だった自分が、ヨガによって体調が整い、気持ちまで晴れ渡りました。」
でいいですよね?

じゃ、いったい何と何を繋ぐのでしょうね?

ヨガとは、心の作用を制御(死滅)することである。(ヨーガスートラⅠ-2)

UZがよくレッスンで、
「身体と会話して下さい。」
と言います。
だからと言って
「身体との会話がヨガ?」
と早とちりしないでくださいね。

身体に意識を向ける事により心に静かにしてもらうのが狙いです。
集中する対象は何でもいいのですが、心身の健康づくりが目的なので身体を動かす事を集中の対象にしています。
その間は心が休憩できる時間でもあるわけです。
普通の健康づくりならここまでで充分でしょう。

「心のままに・・・」
「心に従って行動する。」
なんてのは憧れですよね?
心のままに行動出来たらどんなにストレスがないだろうか・・・
でも、そんな甘い誘いにのってはいけません。
心のままに行動したら「ヤバい」です。
だから誰もやらないのです。
騒ぎ立てる心のままに振り回されるのではなく、心を鎮める、心の休憩方法を知るのです。

でも、もし次の段階に進む覚悟があるなら、
「心のまま・・・」の心を知る必要があります。
心は「本音と建て前」があります。
自分では本音と思っている事が建て前だったと言うことはよくあります。
教育や躾のおかげで、本音は建て前というカヴァーで何重にも覆い隠されています。
先ず本音と建て前を見分ける努力(方法はここでは秘密です)をして下さい。

もう一度聞きます。
先に進む覚悟があるか???

覚悟があるなら見つけた本音の倉庫の扉を開けてみてください。
?!おぞましい・・・
すぐ蓋を閉めて目張りをし、鍵を掛け、地中深くに埋めて隠してしまいたい。
でも、この倉庫、換気が悪いと発酵してガスが溜まって爆発する厄介な奴です。
たまに換気をしてください。
ストレスが少ない人、ストレス解消が上手な人は、知らない間に換気をしているものです。
しかし、ストレスが多すぎたり、ストレス解消が上手じゃない人は意識的にそうする必要があるのです。
本音の扉をあけてただ存在を認めるだけでいいのです。
風通しが良くなるとかなり心は自由になります。
一般人はここまで。

さらにその先。
倉庫の掃除です。
リスクはあります。
触れないほうが身のための場合もあります。
が、その苦しさを超えれば・・・その先は、ひ・み・つ(^_-)-☆

どうせ繋がるなら「大いなる何者か」と繋がってみてください。
本音のさらに先にあるその「何者か」
その「大いなる者」はそこらじゅうに存在しています。
例えばシャバアーサナの時の自然呼吸に感じてみたり・・・

「真実の自分、自我(アートマン)」と「大いなる者、大宇宙(ブラフマン)」を繋ぐ=ヨガ
なんて解釈もあります。
素敵ですね。
素敵すぎて実感が無いと言うのがUZの本音です。

ヨガの語源は本来
「馬に頸木をかける」
「馬と馬車を繋ぐ」
です。

ウパニシャッドにあるように、
「アートマンを車主と知れ。肉体を車、覚を御者、意を手綱と心得よ。
賢者たちは、もろもろの知覚器官を馬とよび、
諸知覚に対応する諸対象を道路とよんでいる。」
という馬車に例えた自身のコントロール。
これがUZが一番しっくりする解釈です。

やはり、UZがレッスン中、何度も何度も口にする「コントロール」が大切だと思うのです。
身体をコントロール!
呼吸をコントロール!
心をコントロール!
人生をコントロール!
したうえで、全てを委ねる。

何に委ねる???
その話はそのうち・・・

では明日。

こんなUZに会いたい人は
「ヨガハート2013」遊びに来てね!
詳しくは「こちら」
[PR]
by uz-ni-chan | 2013-10-15 14:36 | 一ヶ月更新2013
<< 毎日同じ初体験?! 1ヶ月、毎日更新チャレンジ! >>