実はなぁ〜んにも決まってません!

こんにちは。一週間経ちました。
まだまだ、湧き出てきます。
大丈夫です。

この「一ヶ月毎日ブログ更新チャレンジ」を決意したときに決めた自分のルールに、
「引用やコピペをしない」「調べて書かない」
があります。
正確な情報を伝えるための確認作業は除き基本的にPCに向かい溢れ出る言葉のみを書き出しています。
なので、もしかしたら勘違いもあるかもしれませんので、その程度にお読みください。
もし、「パクリやん!」って思う文章があったとしても、何も見ずに書き込んでいますので、そのあたりは見逃して頂けたら幸いです。

そもそも人生って「パクリ」の連続ですよね。
教育や経験、勉強を通して価値観を創り出して行きます。
これ自体、先人の知恵の「パクリ」です。
大きな影響を受けた刺激は、そのままその人の人格形成に多大な影響を与えるでしょう。
なので、「パクリ」と言われない為にも調べず書く事にこだわっているのです。
パクリと言うのは、そのまま理解せず解釈せずあたかも自分の考えの様に人の考えや文章を利用する事だと思うのです。
僕らの仕事もそうです。
インストラクションする言葉は、「習ったから」発するのではなく、自分の中で消化吸収してから語るべきだと思うのです。

またしても長い前置きですいません。
本題はここから・・・
はじまり、はじまりぃ。

少年が、陽だまりにに横たわり天井を見上げています。
太陽の光に照らされてキラキラと踊るプラーナ(たぶんただの埃^^;;;)を見つめながら・・・
「もしこのキラキラの中に小さな小さな世界があるとしたら、僕がクシャミしたら大惨事だろうなぁ。。。」
そう、小さな世界の運命はこの少年が握っているのです。
こんな事考えた事ありませんか???
この少年、小学校低学年の頃のUZです。
もちろんプラーナなんて知りませんが・・・

貴方が物語を書き出したとします。
もしかしたら自分を主人公(お姫様?)の様に深い思い入れを持って。。。
それは、こんな物語です。

ある男の子が石の中から生まれます。
その男の子は石の様な強い意志と正義感をもって立派な青年(たぶんイケメン)に成長します。
世の中の悪と戦い英雄となり、素敵なお姫様(絶世の美女と相場が決まってます。)と出会い恋をします。
しかし、世の中は彼の助けを必要としています。
お姫様を選ぶか世の中を選ぶか!?!?!?

貴方が書き出した物語です。
貴方が決めればいいのです。

①お姫様との愛を貫いて、英雄の座を捨ててつつましく暮らしましたとさ・・・
②世の中の為と、泣く泣くお姫様と別れて戦いましたとさ・・・
③どっちも諦めきれず、優柔不断な男になり、戦わない彼は英雄でいられずお姫様にも嫌われましたとさ・・・
④世の中の為に戦い、さらにお姫様を迎えに戻りましたとさ・・・

個人的には③は避けたいですが、どれを選択しても正解だし、どの運命も貴方の手中にあるのです。

つまり、なぁ〜んにも「決まってない」んです。

貴方は自分の書き出した物語の支配者です。
つまり、昨日の話でいうなら、物語の「神」であり「自然法則」なんです。
だいたい「石から生まれた」なんて貴方が作った法則なんですから・・・

では、自分自身の物語(人生)は自分でどこまで決められるのでしょうね?

実際の人生は初めの決断だけしか決められませんよね?
例えば、
①お姫様との愛を貫いてつつましく暮らそうとしたけど、病気になってしまいましたとさ・・・
とか
②お姫様と別れて戦おうと思ったら事故にあいましたとさ・・・
とか、
③お姫様に嫌われしまい反省した元英雄は、気を取り直し努力して更に美しいお姫様をものにしましたとさ・・・
とか、
④世の中の為に戦い、お姫様を迎えに帰ったら、別の男と結婚していましたとさ・・・
とか、とか、とか・・・
初めの判断は同じでも違う結末が待ってるかもしれません。

周りにいる全ての人が自分の物語を書きながら進んでいけばどこかで矛盾がでる。
それが、結果を決められない理由です。

だから、人生は面白い?!

自分という登場人物を書いている手は誰の手???
自分が書いた物語の登場人物が物語を書いたら???
その彼が書いているのがもし貴方の事だったら???
それをコントロールしているのは???

結局「なぁ〜んにも決まっていない!」のです。
だから、自分らしく生きる努力をするのです。
まるで、自分という主人公の物語を書くように。

こんな風に自分の考えに真っ向から挑む理論を考えるのも楽しいものです。
でも、結局は「自分の事は書かれている」ように思えてきます。

対局にあるような考えを深く突き合わせると一つに溶け合う時が生まれる。
どちらも「あり」の2元であり、どちらも「一緒」の一元で、それ自体も自分が創り上げた空想の物語であるなら、「もともと無かった」0元なのかもしれませんね?
「な〜んだ、じゃ考えても無駄じゃん。」
と思うなかれ。
もともとの考えた事も無かった「無」と、考えた末に創り出した「空」は違うと思うから。。。

仏教の「空」の理論を語ったのではなく、UZが思う世界観ですので、くれぐれも「空」の理解についての論争をけしかけないで下さいね。
しかし、皆様個人が思い描く「世界観」についてのディスカッションは大歓迎です。

これからは、国境、宗教を超えた、個人が根ざすセルフアイデンティティの時代だと思います。
ぶれない自分を見つけるために考え出したヨガが「DeepGrounding」なんです。。。

こんなUZに会いたい人は
「ヨガハート2013」遊びに来てね!
詳しくは「こちら」
[PR]
by uz-ni-chan | 2013-10-19 15:27 | 一ヶ月更新2013
<< 自分を知る(実践編) 決まっている?! >>