Deep Grounding YOGA

皆様こんにちは。
今日も雨・・・
気持ち良い秋晴れを期待した季節に残念。
でも、これも「良い天気」と思ってみましょう。(^^)

さて、連続更新中三分の一が過ぎました。
このあたりで、「Deep Grounuding」というヨガについて説明したいと思います。
DG(DeepGrounding)は名古屋のヨガインストラクターである、SaoriとUZが開発し立ち上げました。
全く違う経歴の二人がヨガで瓜二つの価値観を見出した事で「真理・本質」を直観し創り上げたのです。

一般向けの説明は既に公開している「HP」「About DeepGrounding」に譲ります。

ここでは、UZのしつこい?!長文に慣れてきた方々にもう少し深い(Deep)お話をしたいと思います。

先ずDeep Groundingと聞いてどんな感じでしょうか???
「地に足を付ける」
「安定したぶれない心」
そんな感じでしょうか???
どれも正解です。
言葉だけで言うと「深く接地する」となります。

「地に足の着いた自立した」大人のため、もしくは大人を目指すヨガ。
そんな感じです。

深く何に接地するのか?
自分の本質。
人間の本質。
自然界の本質。
この世の本質。
全ての本質。

自分はどんな人間で、どこからやってきて、どんな使命で今を生きているのか?
つまり、セルフアイデンティティを養うという事になります。

こう説明すると、非常に哲学的なヨガ?!
と思われるかもしれませんが、レッスン自体は徹底的に「フィジカル」です。

ヨガを「肉体的」「瞑想的」などと分ける傾向があるようですが、
DeepGroundingではそれは無いと思っています。

坐っている時間が多いから「瞑想的」
動いている時間が多いから「肉体的」
そんな単純じゃないですよね???

DeepGroundingでは徹底的にアライメントにこだわります。
すると、初参加の方から
「初めてちゃんと立った気がしました!」
などの感想がもらえることがあります。
しかし、その反面。
「結構頭を使うんですね。疲れました。」
と言う方も。
こんな方こそDGを続けて欲しいと思います。

アライメントを整える為には「感じる」力が育ってないとできません。
「足首の真上まで膝を曲げます。」と言われたとします。
足首の真上に膝が位置していることを伝えるセンサーが働かないと始まりません。
初めは目で見て手で触れて確認する必要がある方が大半です。
へたをすると、「足首?」「膝?」などと言われても一瞬理解できない場合もあります。
まさか?!思うでしょうか初心者の大半がそうだし、ヨガを何年もしていても意識する練習をしていなければ同じです。
そんな方ははじめは「頭を使って疲れた」と思ってしまうのですが、感じる力が極度に低下している危険な状態だと認識した方がいいでしょう。
自分の足首や膝を考えるだけで疲れるなんて・・・
そんな方の共通点として、
「キョロキョロと周りを見てばかり。」
もしくは、
「ボーッとして眠ってしまう。」
があげられます。
つまり全然聞いてない。σ^_^;
「心ここにあらず」の状態です。
自律神経失調症などの心身症に向けてまっしぐら!にならないように気を付けて下さいね。

ポーズには集中力がいります。
要点は、
先ず、「アライメント(姿勢)を整えます。」(細かく意識出来る程よい。)
次に、「目線を固定します。」(ポーズによっては目線を先に固定した方がアライメントに集中しやすい。)
そして、「呼吸を入れます。」(ポーズを固定した物にするのではなく、命を吹き込みます。)
慣れたら、全てを同時に行います。

つまり、
アーサナ(ポーズ)
プラーナヤーマ(呼吸)
プラティヤハーラ(アライメントの集中により感覚を皮膚より内にひっこめる)
ダーラナ(目線、姿勢、呼吸など全ての今に集中)
ディヤーナ(上記の連続によって達成)
サマーディ(本質に至る)
となり、
おなじみの「ラージャヨガ」の取り組みとなるのです。

さらに、
アーサナを熱心にする事はいろいろな葛藤を生みます。
それ自体を感じ考えることで哲学的な取り組みが生まれます。
哲学的に取り組むヨガを「ギャーナ(ジュニャーナ)ヨガ」といいます。
本質、光に至るのに頭を使う事を助けとするのです。

UZはポーズ中葛藤を探るように言葉を投げかけたり、レッスン前にテーマの話をします。
言ってみれば「禅問答」みたいな感じでしょうか?

そして、いましている事に、ただただ集中する為の練習としてアーサナを推奨します。
結果を気にせず行為に集中する事を「カルマヨガ」と言います。
慣れるとアーサナしなくても、仕事でも家事でもヨガにする事が出来ます。
つまり、生活の全てを捧げるのです。(何に?)

もう一つ、自分自身を大切な何かに捧げるつもりでアーサナを行う事もお勧めしています。
大切な人や何かに捧げる物なら大切に扱いますよね?
捧げる相手は「旦那様でも彼氏でも会社でも国でも、大いなる何かでも、なんでもいいと思いますが、自分以外の何かに捧げます。」
全てを捧げるヨガを「バクティヨガ」といい、別名「愛のヨガ」とも言われます。


「ラージャ」「ギヤーナ」「カルマ」「バクティ」
世界4大ヨーガが全て登場しました。

もちろんアーサナを中心するので、「ハタヨガ」の要素も含んでいます。

つまり、ヨガは元々区別するものではなくて、それ自体に全ての要素を含んでいるのです。
そんな本来の姿を想像し再構築したのがDeepGroundingというヨガなのです。

初めは「肉体的」に感じるかもしれませんが、
段々とスピリットが成長するに従い、イメージとしての「禅」と変わらない事に気付けるようにと思っています。

ヨガは変幻自在に姿を変えます。
どんな人にもどんな時代でも行える懐の深いものでもあります。
考える事、行動すること、捧げること・・・
この全てはヨガであり、生き方であり、世界であるように思います。

そんな貴方だけのヨガを見つけるガイドがDeep Groundingというヨガなんです。
二人のレッスンであればどこのレッスンでもDG哲学がベースです。
受けてみたいと思う方はお近くの教室までお越しくださいね。

詳しくはHPをご覧下さい。


ではまた明日。

こんなUZに会いたい人、DeepGroundingを体験したい人は
「ヨガハート2013」遊びに来てね!
詳しくは「こちら」
[PR]
by uz-ni-chan | 2013-10-23 13:02 | 一ヶ月更新2013
<< 天使と悪魔?! 当たり前?! >>