天使と悪魔?!

こんにちは。
はっきりしない天気が続きますね。
週末には台風がくるようです。
今は曇っているけど静かですね。
嵐の前の静けさでしょうか?
毎日のブログ更新、皆様のご声援に後押しされて楽しんでいます。
では、早速始めますね。

若い女性が将来の心配をしながら保険のお話を聞いています。
そこに、ブラックスワンならぬブラックダックがやってきて、
「そんなの必要ないよ!今楽しければいいんだよ!」
と、そそのかします。
女性は困った顔して、
「最近付きまとわれているのよねぇ・・・」
と。
そこに・・・
「Aフラック!!!」(まるわかりですね。(^^;;;)
と白いアヒルが後光キラキラと登場。
誘惑する黒アヒルを追い払ってめでたしめでたし・・・

アヒルが可愛くて大好きなCMです。
でも、僕が惹かれるのは「ブラックな奴」です。
中学生くらいの時に、
「不良っぽい人が好き!」
ってのとは違いますよ。

僕もいつも「ブラックな奴」を従えているからです。

正義ってなんでしょうね。
高校生くらいの時によく考えました。
理不尽な事が起こるといつも考えました。
まだまだ幼く「善悪」でしか考えられなかった頃。
正義感に溢れていた頃。

「世の中から悪が無くなればいいのに・・・」
誰しも考えます。
しかし、悪って???なんだ???
正直な告白をすれば、そんな葛藤の中でわざと悪いことをしてみた事もあります。
誰しも通過する「思春期」「反抗期」ってやつですね。

正義とは、
真理とは、
愛とは、
まるで、尾崎豊の詩のように。

高校生のUZは考えました。
悪や嫌な事がない世の中???(もちろん自分に都合のよい)
満足に睡眠をとり朝起きて、
好きなものだけのの朝食を用意してくれる母。
学校に向かう電車には気になる女の子が乗っていて、
話しかけたら笑顔で応えてくれて、超ラッキー!!!
学校では仲の良い友達と楽しい話をし、
好きな教科の勉強を好きなだけして、先生みんな理解がある良い大人ばかり。
もちろん宿題はなく、
放課後友達と遊びながら帰り、
トレーニングして、(このころから筋トレが好きでした。)
美味しい夕飯をたっぷり食べて、
後は映画を観たり(映画好きでした。)と好きな事をして満足して、
未来の明るい人生を夢に思い描きながら寝る。

(^^;;;
妄想です。
なんてお気楽極楽な生活。。。
今考えてみれば、高校生の頃なんてこの妄想とそんなに変わらない幸せな生活だったかも?!

でも、理不尽な世の中に「反抗期」を迎えていたUZは更に考え続けました。
もし、いい奴ばかりの映画や小説があったら・・・つまらないよねぇ。。。
みんな友達の楽しい世界を描いたら物語にならないもんね。

さらに、悪い人がいなければ良い人という価値も概念もなくなるし、警察とか必要無いし・・・
(UZは警察官になりたいと思った時期もありました。(^^;;;)
悪や理不尽は何かしら必要なのかもなぁ・・・
と、ぼんやりと理解?!もしくは無理やり自分を納得させたのを覚えています。

それから時がたち、いろいろな経験をして今に至るのですが、その時ぼんやり理解した事がやっと解ってきました。(遅い?!)

「善と悪」
って表裏一体ですよね?
善から見れば相手が悪かもしれない。
けど、相手から見ればこちらが悪かもしれない。

「勝てば官軍、負ければ賊軍」
ってことわざがあります。
どんな理屈も勝てば正論になる。
みたいな感じ???

つまり、白いアヒル(いきなりここで登場!)が黒いアヒルを退散させたから、
「保険に入るって正解!」となります。
じゃ、黒が勝ったら???
「保険なんて入らなくても大丈夫!」
となる?
いえいえ、そんな単純な話をUZがすると思いますか?
「保険は入った方がいいでしょうね。」
そうではなく、


ある女の子は悩んでいます。
女の子にはいつも、優しく守ってくれる「白いアヒル」というお友達がいました。
その女の子には夢があります。
しかし、その夢をかなえる為には冒険をする必要がありました。
もちろん家族は大反対。
「あなたを愛しているのよ!」
と母親は泣きながらとどまる様に懇願します。
白いアヒルも
「みんなを心配させてはいけないし、貴女は充分に愛に溢れて幸せな生活を送っているじゃないの。」
と彼女を心配し優しく助言をします。
女の子は「そうね、みんなを心配させてはいけないわね。」
と自分の夢を諦めようとしていました。
そこへ・・・
「おいおいおいおい」
と「黒いアヒル」登場。
「みんなを心配させちゃいけないだと?!本当は失敗して自分が傷つくのが怖いだけじゃねーのかよ!」
と、
「自分の夢や本心を覆い隠して生きるなんて、死んでるのと同じじゃねーか?」
「好きな事やれよ!周りを言い訳にしたり、将来の心配してビビってないで、今を生きなきゃ!(おっ冒頭と似たセリフ。こんな奴がUZの相棒です(^_^)v)」
女の子は悩みました。

そして、女の子は縋る家族と白アヒルを振りきり夢を叶える旅に出ましたとさ…


結末は知りません。
夢を叶えたのか、挫折したのか?

でも、黒い奴ってこんな感じがするんです。
本心、本音の部分に突っ込んでくる。
ややもすると、白い部分だけを見てしまいがちですが、
白と黒の危ういバランスで一人の人間が成り立っていると思うのです。
つまり、どちらも大切。

陽と陰
凸と凹
+と-
男性と女性
精神と物体
善と悪
天使と悪魔
聖と俗

どちらも必要。
どちらも大切。

何故世の中から戦争が無くならないのか???
「悪が居るから。」
ではないのです。
「お互いが自分こそは善だと思っているから。」
なんです。
自分は正しいと思っている人、少し考えてみるといいですね。(はい、僕も含めて(^^;;;)

自然界の性質上、争いは無くなりません。
ならば、争い方を考えたらいいんじゃないかと思います。
それが「共存」ではないでしょうか?

先ずは自分という世界の中の
白い奴と黒い奴を共存させる術を見つけてみましょう。
すると、いわゆる「ぶれない軸」というのが出来上がり、
精神的な平和が訪れるのです。

2元は1元です。1元は多元です。

一人の平和の積み重ねが世界の平和かもしれませんね。
ヨガを通じて世界平和!
決して夢ではないかもしれません。
「ハタヨガ」も陽と陰ですよね。(ここでは深く触れませんが)

長々と失礼致しました。

ではでは、また明日お会いしましょう。


こんなUZに会いたい人、DeepGroundingを体験したい人は
「ヨガハート2013」遊びに来てね!
詳しくは「こちら」
[PR]
by uz-ni-chan | 2013-10-24 17:14 | 一ヶ月更新2013
<< ターダアーサナ Deep Grounding ... >>