今の自分

みなさま、こんばんは。
楽天が日本一まであと一勝!
なんて、時事ネタです。(^^;;;

一時期、テレビ、パソコンを殆ど見ずに過ごしてみた事があるのですが、すごくいいですよ。
外からの情報がいかに心を振り回すかが解ります。
外からの情報源・・・携帯やFacebook、このブログだって・・・(^_-)-☆
アメリカで学生を対象とした実験で、Facebookをチェックする回数が多い人ほど「幸せ度」が低いという結果が出たそうです。(情報の信頼度はご自分でリサーチして下さい。)
でも、ある程度世の中の流れを知らないと困りますね。
あまり、世間のニュースを知らないと「非常識」に思われますもんね。(^^;;;
バランスが大切・・・難しいものです。

さて、今日のお題は「今の自分」です。
今の自分・・・
過去の自分が今の自分を作る。
過去があるから今がある。
今ってなんだ?!
過去っていう時間があるから今がある。
過去を切り離した今はあり得ない。

「今」を定義する事だけでも、いろいろと書けそうですが、
本題に戻りましょう。(^^;;;


「貴方、文章書くの上手ね。」
と、その当時働いていたスポーツクラブのお客様のOさん。
「えっ?!?!」
体育以外に得意な教科はなく、国語は特に苦手だったUZ。
学生時代には作文や読書感想文なんて拷問と思っていたUZ。
読むものと言えば雑誌程度だったUZ。

「お世辞じゃないわよ。私は書くのが仕事なんだから・・・」
その時働いていたスポーツクラブで担当していたGYMの瓦版(古い言葉だ(^^;;;)を読んでの感想でした。

トレーニングについてのあれこれや、イベントなどの告知、そして、最後に編集後記。
仕事としては嫌ではなかったのですが、毎月頭を悩ませていました。
特に「編集後記」
つまり、自分の意見を書くのです。
その時は確か、「アトランタオリンピック」の時期でした。(時代がバレる・・・記憶違いならすいません。)
日本女子水泳陣の「楽しんでやります!」発言が物議をかもした時。
その時思った事を思ったように書きました。(内容はあまり覚えていません)
割と気持ちが乗ったいい文章が書けた実感はありましたが、文章自体に特別な意識も思い入れもない頃。
そんな評価を期待もせず、ただ仕事だという感じで作っていました。

でも、その一言が文章に対して「大きな自信」を芽生えさせました。
自分を変えたひと言なので、よく覚えています。
その時期から、意識して文章を読むようにもなりました。
すると、宿題でも読まなかった本(読書感想文などはあらすじを読んで書いたりしていた子供でした)を読むのが趣味となる程までになったのです。
今では、鞄の中に何かしらの本が入っていないと落ち着かない程・・・
趣味の一つとして、「読書」と言える程です。

小さな一言をキッカケに人って変わりますね。
神話・哲学に興味をもったのもそれからです。
それまでは雑誌かハウツー本くらいしか読まなかったのに、小説も読むようになりました。
文章を褒められたら、生き方が変わったと言っても言い過ぎではないですね。
(子育て中の方や教育者のかた、人生を変える「一言」に気を付けて下さいね。)

20代半ば過ぎてからの事です。
完全に大人になってから、この変わりよう。
もちろん、小さな時から好きだと思っていたスポーツ全般は同時進行でしたが・・・

このブログを読んでいる皆様はUZにどんな印象を持っているのでしょう???
UZに会ったことのある人と、会ったことの無い人ではかなり印象が違うでしょうね。
今のUZしか知らない人と、前職の時を知ってる人、学生時代を知ってる人とではまた違うでしょう。
深く知り合った人と浅くしか知らない人でも印象は違うでしょうね。
前出の様なキッカケの前後ではまたまた大きく違うでしょう。
じゃあ、本当のUZはどれなんでしょう。

全部本当だと思います。
が、はやり、今現在お会いして、見ている姿が「今のUZ」だと思います。
人は日々進化(退化ではないことを信じています(^^;)しています。
数か月前の評価は既に過去の評価。
「今の自分が全て。」
と言いつつ、過去が自分を作るって事で、過去のUZをいくつかお話します。
(もちろん自分に都合の悪い事は話さないのが人間だと思うので、これが全てだと思わないでください。)

運動は小さな頃から「程々に得意」でした。
「苦手ではない」程度かもしれません。

でも、運動しか得意と思える事が無かったので、人生の前半はスポーツに関わる人生を送る事になりました。
運動歴は・・・
「サッカー」(部活で6年)
「モトクロスレーシング」(国内Aライセンスまで)
「アイスホッケー」(社会人の趣味のチーム)
その他、エクササイズとして、
「ウェイトトレーニング」(ベンチプレス120kgを挙げるマッチョでした。指導者として仕事になりました。)
「スイミング」(苦手でしたが、克服(大人になってから)して趣味となりました。)
その他、かじる程度にはいろいろやってみました。
でも、経歴と言える実績は皆無です。
凡人ですから・・・(^^;;;


「貴方は変わらないねぇ・・・」
とか、
「君は変わってしまったね。。。」
とか・・・
そのどちらも同じ自分に対する他人の評価だったりします。

本人は変わってないつもりでも、
他人は勝手に作った「印象」と違う部分を見つけると、
「変わった」とか言ったりします。
過去を知っている人と、初めて会う人とでは捉え方も違うでしょう。
すると、今の自分ってどんなんでしょうね。

人生を変えるキッカケ・・・
このブログでも度々書いているように、UZには何度か転機があります。
しかし、その転機は外的要素(引っ越し・転職・結婚・離婚その他・・・)などではなく、
自分が変わった時なんです。
そのキッカケは、自分から創り出す時もあるし、ちょっとした他人からの「一言」の場合もあります。
周りから教えてもらった自分像に驚く事もありますね。
いろいろな事は全ての人に起こっていると思います。
それが、その人の深い部分にどう届くかによって反応は変わると思うのです。

指導者としては、生徒さんの魂に素直に届くアドバイスを心掛けたいし、
生徒としては、いつでも心をオープンにし、自分に対する大自然からのアドバイスを取りこぼさないようにしておきたいと思います。


現在は「ヨガ講師」としてフリーランスのインストラクターをしているUZ。
皆様にはどんな印象を与えているのでしょうか?

「ブログの文章と写真を見て、もっとストイックな人だと思いました。」
なんて感想をよく耳にします。
って事は、本人はそれ程ストイックでないようですよ!(^_-)-☆

お会いした事が無い方、
でも、一度会ってみたいと思ってくれている方、
是非一度レッスンに来てみてください。
その時は必ず「ブログ読んでます。」と教えて下さい。

もしくは、いつもブログの最後に紹介させていただいている「ヨガハート2013」に是非お越しください。

UZはまだまだ進化中です。
自分でも知らない自分と出会う旅の途中です。
でも、今は若い頃の自分探しではなく、
「自分の中の変わらない部分にグラウンディングしつつ新たな可能性を開花させる旅」
という感じです。

根なし草ではない自分。
大きな何かに根ざしている自分を知った大人の旅人だと思っています。
その旅のコンパスであり地図が自分にとってのヨガなんです。
ヨガは大切な旅の友。

皆様にとってヨガって何ですか?

今日はこのくらいで・・・

では、また明日。


こんなUZに会いたい人、DeepGroundingを体験したい人は
「ヨガハート2013」遊びに来てね!
詳しくは「こちら」
[PR]
by uz-ni-chan | 2013-11-01 20:39 | 一ヶ月更新2013
<< 絶対的なもの ヨガで美しくなる理由・・・ >>