ヨガる門には福来る・・・

こんばんは。
皆様、お元気ですか???
UZはお陰様で、11月は仕事が忙しく、そのせいで声がかれてしまいました。
つまり、喋り過ぎです。(^^;

生徒さんに
「ささやく感じが、ジェットストリームのアナウンスみたい・・・」
と言われましたが、皆様ジェットストリーム知ってますか?(^_-)-☆

声は出づらくても、ブログは書けるので今日も更新です。

姿勢について、気が付けば一ヶ月ちかく更新してきました。
これでも、書きたい事のほんの一部です。
かなり、端折って書いたところもあります。
人間の事って本当に幅が広く、そしてまだまだ解らない事だらけなんです。

ブログの内容が全てでは無く、唯一の正解では無い事を再度ご確認ください。

さてさて、姿勢について。
これまで、一貫して言い続けてきた事は、

「正しい姿勢は固定されたものではない。」
「姿勢は自由に変えられた方が良い。」
「自分の身体をコントロールできるようにすること。」


です。
そして、姿勢の仕上げは「表情」です。

DGのレッスンでは、度々「笑顔!」「スマイル!」と指示を出します。
これは、決して茶化しているのではありません。
DGでは表情まで含めてアライメントだと考えるからです。

正直、どんなに美しい姿勢やヨガのアーサナをしていても、ぶすっとしていたら台無しです。
逆に、笑顔が素敵な人は少々の事は気にならない程、美しく見えるものです。

姿勢とは、何か動作している時の体の姿である。

見た目の恰好、立ち姿等の目に見える姿形をさすだけでなく、その人の心構え、気持ち、気構えや決意をこの言葉で代用する事がある。
【例】・姿勢が問われる。
   ・どのような姿勢で臨んだのだろうか。 等

Wikipediaより・・・

つまり、貴女の姿全てで姿勢なのです。

レッスンをしていて、正直
「笑顔が無いなぁ・・・」
と思う事が度々あります。
笑顔!笑顔!と言うと面倒くさそうな顔をしたり、苦笑いする人、全く無反応の人・・・
本当につまらないなら、まだいいんです。(積極的に楽しむ様にしてほしいのが本音ですが・・・)
しかし、「ヨガが大好きで長年続けています。」という人ですら、こんな方が多いのです。
本当にヨガが好きなの???って聞きたくなります。
実際、レッスンを中止して、「笑顔の重要性について」語ったこともあります。

それで、変わる人もいれば、それでも全く変わらない人もいます。
心が開いているかどうか???
笑顔について何か勘違いをされているのでしょう。

笑顔は嬉しい時や楽しい時に自然に現れる表情です。
しかし、愛想笑いを繰り返している人には、本人は気付いていなくても、
笑顔=仕事=疲れる=なんでここまで来てやらにゃならんの???
となっているのでしょうか???
そんな負のスパイラスに気付いてあげて下さい。

又は、
②笑顔の作り方が解らない。

どちらにしても問題ですね。
①の人!
楽しい時にするのが笑顔ですよ!
それを思い出して先ずは練習して下さい。
ヨガでの笑顔の練習は愛想笑いではありません。
笑顔を作ることにより、自分を癒す、自分を解放する、パワーを生み出す方法を学ぶのです。

②の人!
鏡を見て練習して下さい。
どんなにヨガを頑張っても、笑顔の無いアーサナはアーサナではありません。
「眉間を開き、口角を持ち上げて微笑むように・・・」がアーサナには標準装備です。

笑う門には福来る。

と言われる様に、笑顔の効用は数多くあります。
人間には、「楽しいから笑う」だけでなく、「笑うから楽しい」という条件反射的な反応があります。

自然治癒力を高めます。
幸福感が増します。
力が抜けてリラックスできます。

そして、何より「周りにも幸せを与える事が出来るのです。」

ヨガのアーサナを一生懸命練習して難しい事が出来ても、貴女以外誰も幸せになりません。
(アーサナが出来ても幸せになるかすら???です。)
しかし、笑顔を含めてヨガを懸命に練習した人は、自分だけでなく周りをも幸せにする事が出来るのです。

全身で笑顔を!!!
指一本一本も笑顔にするように!!!

レッスンに参加されている方は聞き覚えのあるアナウンスですね。

そんな風に、普段の姿勢も意識すれば、細かなテクニックなんて必要ないのではないかと思います。

表情も肩甲骨や骨盤の様に器用に動かせる様に練習してみて下さい。

笑顔なんていつでも出来る・・・
と思ってるそこの貴女。
貴女の想いは確実に大切な人に伝わっていますか???

皆様、是非笑顔の練習しましょう。(^^)

では、おやすみなさい。
[PR]
by uz-ni-chan | 2014-11-27 22:36 | 姿勢について
<< 何が違って、何が一緒・・・ イメージが大切。 >>