何が違って、何が一緒・・・

こんばんは。

昨日の笑顔の話しで、姿勢についてはほぼ締めに近いのですが、
一ヶ月更新しようと決めたので、今日も更新です。
明日で一ヶ月。
あと少しです。(^_-)-☆

今日は姿勢から少し脱線します。

一昨日、コブラとアップドッグの違いをイメージで説明しましたが、身体の機能的な違いを説明出来ますか???

コブラとアップドッグは紛らわしいから、違いを知りたい・・・
は解りますが、では、他の似たアーサナの違いをどれくらい説明出来るでしょうか???

例えば・・・
c0072323_21273387.jpg

プラサリータパードッターナアーサナとウパヴィシュタコーナアーサナです。

如何ですか???
あえて、手の位置を同じにしてみました。

誰でも、見て解るのは???
立っているか、座っているか。
これは見た目の大きな違いですが、この違いから何を導き出せるでしょうか???
それが、指導する側の深みでもあります。

では、逆に似ている要素は何ですか???
開脚している、前屈している、でしょうか?

つまり、開脚前屈という目的だけでこの二つのアーサナを捉えていると、
「どっちでもいいんですか???」
と聞かれたときに、「はいそうですね。」としか答えられなくなります。
(その時によっては、どっちでもいい場合ももちろんあります。)

この二つのアーサナには、身体機能的にも沢山の違いがあります。
二つの違いが解れば解るほど、そのアーサナでなければならない意味が出てきます。

専門知識として、違いを知ることは出来ますが、自分がやり込む事でそのほとんどが感じられます。

因みに、DG Yogaではスタンディングポーズを重要視しています。
座って行うアーサナももちろん大切ですが、DGの考え方ではスタンディングポーズは外せないアイテムなのです。

この、「何故か???」を知らなければ、シークエンスを真似ても何の意味もありませんし、質問に的確に答えられません。

姿勢も同じです。
「この形が良い姿勢です。」
ではなく、何故それが貴女に必要なのか???
が解ってこそ、姿勢の意味が出てくるのです。

今日はあえて答えは書きません。
しかし、気になる方は、テスト問題だと思って違いを書き出してみては如何でしょうか???

レッスンや勉強会で質問して頂いても結構ですし、意見を聞かせて頂きたいと思います。

当たり前だと思っていた事を見直してみる・・・
それも大切な作業かもしれません。

自分の姿勢も同じかもしれませんね。

では、明日・・・
[PR]
by uz-ni-chan | 2014-11-28 21:51 | 姿勢について
<< 一ヶ月・・・ ヨガる門には福来る・・・ >>