Asana Series 17

Parivrittatrikonasana (パリヴリッタトゥリコナアーサナ)
Twisted triangle pose (ツイステッドトライアングルポーズ)
三角捻じりポーズ

DGオリジナルランジヴァージョン


目を覚まし、気づきをもたらしてくれた全てのエネルギーに感謝の気持ちが持てるとき…

あなたの生き方そのものが輝き出す…

今、この瞬間に愛を知る。

大地や風、雨、雪、自然界と繋がると自然な笑みがこぼれる。

あなたの自然な姿勢が美しい。

これまでのあなたの勇気が教えてくれた愛へと進み出しましょう…

Parivrittatrikonasana


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_2145597.jpg

c0072323_2151254.jpg

c0072323_2152547.jpg


パールシュヴォッターナアーサナの時と同様に、DGでは後ろ足の踵を浮かせておこないます。

いろいろとある捻じりのポーズですが、何処を捻じるつもりでおこないますか???

捻じると言うと、殆どが背骨だと思うでしょう。
それも、腰を捻じる・・・と表現することが多い様です。

しかし、背骨の中で腰椎と言われる腰の部分は思いの他捻じれません。
椎骨の形状からも捻じるのが苦手な場所です。

一つの腰椎につき、1度しか捻じれないと言われます。
すると、腰椎は5つありますが、5度しか捻じれない事になります。

何と5度?!

殆ど捻じれていませんね。

では、背骨の中ではどこが捻じれているのでしょうね?
自分の身体で試してみて下さい。

そして、人体の中で捻じれる関節は背骨以外にもう少しあります。
捻じりのポーズでは、それらを複合的に捻じっていることが多いものです。

どれだけ捻じれるか?!
結果的に振り返って見える景色は同じでも、捻じれている所は個人差が大きいものです。

結果よりも内容を意識してみましょう。




3月13日(金)13時〜15時
安城勉強です。
今回は「捻じりのアーサナ」について。
安城市 桜井福祉会館です。


エントリーお待ちしております。
エントリーは「こちら」から・・・
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-03-02 21:19 | DG Yoga Asana Series
<< そんな人に、私はなりたい・・・ Asana Series 16 >>