ヨガベルトについて・・・

こんにちは。
お盆休み最終日の方も多いのでは???
今日あたりはのんびりの方がほとんどでしょうか?

マットについてを書きましたが、それに対しての反応でプロップス(補助具)についての質問があったので、
基本的な使い方についてを書こうと思います。

今日はベルトについてです。

先ず、どの補助具も「無理やりアーサナをこなす為に使うのではない」という事を再確認下さい。

ベルトにしても、「足を引っ張るためにベルトをかける」になりがちですが、
そうではなく、より快適で安定した状態で本来の効果を引き出す為に使うのです。

例えば足先を掴む必要があるアーサナの場合、
少し強引に掴めば届くこともあるでしょう。
しかしあえてベルトを使う事により、その部位に無理な負担をかけない様にできます。
それだけでなく、無理に掴みにいく事によって乱れる他の部位の姿勢も、安定・快適におこなう事が可能になるのです。

では、数例をあげてみます。
c0072323_1111750.jpg


・左上
このブログにも度々登場している、腿裏のストレッチにお勧めの方法です。
手で足を掴むアーサナがありますが、無理に掴むと骨盤が後傾してしまい、
結果、あまりハムストリングス(腿裏の筋群)がストレッチされません。
ベルトを使っても同じです。
足を引っ張る方ばかり気にして、顎が上がっていたり、挙げていない側の膝が曲がってしまう(どちらも骨盤後傾の結果)とハムストリングスのストレッチ効果は薄れます。
姿勢を乱さない為にも、長めにベルトを掴む事、そして、腕に力みが入らない様に、腕はある程度伸ばして持てるようにベルトの掴みを調整する事が大切です。

・右上
ゴームカアーサナですね。
バインド(掴む)を必要とするアーサナでは、届かないと同じ効果は得られません。
掴まないで行うアレンジもありますが、別物と思った方が良いでしょう。
届かなくても同じバインド効果を味わうには、この様に使ってみると良いでしょう。

・左下
ドルフィンポーズやピンチャマユーラアーサナの練習用です。
この絵の様に輪っかをつくって安定感を出す為のサポートとして使う方法があります。
同じ系統では、ショルダースタンドなどでも使えますが、後ろ手にセットするので、一人でするには困難かもしれません。
これらは、肘が広がらない為のサポートですが、違う目的でも使えます。

先ほどと同様に輪っかを作ります。
そこに脚を通し、腿にかけてチェアーポーズでこの輪が緩まない様に外に広げる練習です。
こちらは、サポートではなく安定させる筋群の強化になります。

・右下
こちらは、ベルト二本使いです。
上段の応用です。
これなんかは見るからに、ヴィンヤサなどフロースタイルでは無理でしょうね。(^^;
プロップスを多様するのは、一つ一つのアーサナを深める為に使うと良いでしょう。

更にもう少し・・・
c0072323_11113219.jpg


・左
憧れのエーカパーダラージャカポタアーサナです。
無理やりの苦しそうな写真を良く見かけますが・・・
ベルトを活用して、よりエレガントにゆとりを持っておこなってみるのも良いものですよ。(^_-)-☆

・右
スプタパダングシュタアーサナの例。
先に示した様に足裏に引っ掛ける方法からそのまま開くのもありですが、それならタオルでも充分ですね。
勿論無理にヨガベルトを使う必要は有りませんが、長いベルトの利点を活用してみしょう。
端を輪っかにして足をかけ、長いベルトを身体の下を通し腕を伸ばした反対の手で握る。
より腕に負担をかけずにおこなう事が出来ますが、ベルトの取り回しには慣れが必要です。

ここいらで、ベルトの輪っかを作る方法です。
ベルトには、いろんな種類がありますが、Dリングがダブルでついているパターンが多い様です。
この形式は輪っかを広げる方向にベルトを引っ張る程しっかりと固定され、緩める時はDリングを反対に倒せば簡単に緩むので安全で便利です。
c0072323_11554879.jpg

こんなの知ってるよ!!!
と思う方は飛ばして下さい。
レッスンでやると必ず何名かは出来ないので・・・(^^;

1、まず2つのリングにベルトを通します。
2、その先端を折り返します。
3、手前のリングのみに通して、好みの輪の大きさをベルトで作り出来上がりです。


ではその輪っかを大きく使う例です。
c0072323_12133898.jpg

スプタバッダコーナアーサナ・・・
①大きな輪っかに身体を通し、腰にベルトを当てます。
②そして足先を引っ掛け、あしの甲にベルトを当てます。
③ちょうど良い長さにベルトを引っ張り調整します。
後でベルトの調整が必要です。
その為、引っ張りやすい位置・方向にDリングを用意する必要があります。
この場合、図の位置・向きにあると便利です。(もちろん反対側でもOKです。)

他にも・・・
c0072323_1225261.jpg

こんな使い方だってあります。

結局、決まりはないのです。
より快適に自身を広げていく為の工夫の一環として利用して下さい。

ただ、一人でやる時は安全を確保して下さいね。
スプタバッダコーナアーサナの様な使い方で、地震が来たら・・・
なんてよく思ってしまいます。(冗談です。(^^;)

近々、ブロックやボルスターなども紹介したいと思います。

お楽しみに・・・
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-08-16 12:12 | Yoga
<< ヨガブロッグについて・・・ マットの汗対策について・・・ >>