Yoga=・・・

こんにちは。

春らしくいい季節になりましたね。
皆様お元気ですか???

今日は梅森ギャーナコース第四回目でした。
これからしばらくはサーンキャ哲学についての講義が続きます。
皆さん楽しんで下さいね。

Yogaの背景にある哲学が理解できると、レッスンで先生が話す言葉の意味(真意)が解ります。

例えば、
健康で幸せである現状に感謝しましょうね。。。
なんてセリフ。
これは、
「ヨーギー(Yoga実践者)は多くを望まず、現状に感謝できる大きな心を持った人」
です。
もしくは、
「無理やりにでも感謝しましょう!それが練習です。」
なんて側面は、まあ…あります。(^^;

しかし、これは、何故そうなるのか???
と言うところが見えないので精神論的になります。

何故そうなるのかが見えれば、そうしようと本人は思わなくてもそうならざるを得ない事が分かってきます。
では、見える化してみます。(^^)

Yoga=自分を知る練習(ここは大丈夫ですね?)
②自分を知る練習=自分を意識する練習(意識的に客観的に見なければ自分は知れません。)
自分を意識する練習=身体を動かしたり呼吸したり、と普段の「当たり前」を「当たり前」にしておかない練習
※ここで別の公式です→当たり前」の反対=「有難い」(これを加味して次に進みます。)
④身体を動かしたり呼吸したり、と普段の「当たり前」を「当たり前」にしておかない練習身体を動かしたり呼吸したり、と普段の「当たり前」を「有難く」感じる練習
※ここでもう一つの公式→有難い=ありがとう(感謝)
ゆえに・・・

∴Yogaの練習=感謝をする練習

という図式が成り立つのです。
本人にその気が無くても、きちんとした方法で練習をすれば、感謝や思いやりの気持ちが生まれるのがYogaなのです。

これ自体はYoga哲学とは少し離れますが、こんな風に自分の言動にしっかりした理由を感じていれば、心の揺れ動き(チッタヴリッティ)は少なくなりそうではありませんか???

他にも、以前ブログでも紹介した、(「ヨガに哲学が必要な理由」参照)
「無理をしないでくださいね・・・」
というセリフも見える化すると、
前提として・・・Yoga=真理の追究
①無理をしない=理にかなっていない事をしない
②理(ことわり)=真理
※①を実現するためには②を知らなければならないため、前提にあるようにYoga(真理の追究)をします。
つまり、

∴無理をしない練習=Yoga

という図式になり、
無理をしない様に促す事は、大変重要な事となるのです。

これも哲学の本題とは少し外れますが、でも哲学的に「真理を追究する事」もYogaとなります。

自己の探求=真理の追究

この辺りがしっくりきた頃には、いろいろな迷いが消え去っている事でしょう。

そんなYoga哲学講座「ギャーナヨガコース」を春日井で開催予定です。
6月より年内に10回行う予定です。
詳しくは「こちら」をご覧下さい。

又、哲学もアーサナなどの実践も!と言う方は「サーダナコース」を!
こちらも6月より、名古屋市名東区の「スタジオPHYLEX」さんで開催します。
こちらは、6回コースです。
詳しくは「こちら」をご覧ください。

※名東サーダナコースは段々と定員が近づいていますので、迷い中の方はお早目の決断を!

エントリーお待ちしております。

c0072323_20191617.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2017-04-25 20:20 | DG 勉強会
<< ヨガの気持ちに戻れる会、それがDG会 アーサナは何のため??? >>