カテゴリ:Yoga( 19 )

大前提が見えるか?大前提を変えてみる事が出来るか?

こんにちは。

少しづつ春めいてきましたね。

皆様お元気ですか?



Yogaは人生を変える事が可能です。

それだけの可能性を持っています。



「痩せる」

「柔軟になる」

「健康になる」

「身体パフォーマンスが高まる」

「気持ちが落ち着く」



などの物理的な効果に目を奪われがちなYogaですが、

これらは、Yogaの効果のほんの一部分であり、結果でしかありません。

この様な物理的な作用は、永続しません。



Yogaを続けている理由でよく聞かれる意見として、

「レッスン後の心地よさ、幸福感」

が挙げられますが、これらも物理的な効果の一部です。



勿論、上記の様な効果はYogaの素晴らしさだし、それにより人生が変わる程の方も見えるでしょう。

しかし、全て長続きしません。

少し気を抜くと戻ります。



そもそも皆さん何故、上記のような効果を求めるのでしょうか?



一言でお答えください。



・・・・・・・・(^^;



これが第一歩です。



この人間の大前提が見えてないとあなたのYogaは始まってないかもしれません。

聞けば、

「あぁ・・・そんな事当たり前、分かってるし。」

と思うかもしれません。

しかし自分でスムーズに答えられなかった方は、解ってないのです。

知ってる事と理解している事との違いは、

写真で見たことあるのと、実際にその人にあった事があるのと程の違いです。



その答えは???


「幸せになりたいから」


です。



スムーズに答えられましたか?(^_−)−☆



上記の効果は全て、簡単に言ってしまえば、「幸せになりたい」という目的があるから求めるのです。

これを理解せず勉強したり、あちこち手を出すから迷走するのです。

いつの間にか目的を見失い、目的の遂行が目的になってしまいます。



迷った時思い出してください。

その選択は、自分を幸せにするのかを…



どの選択にも正解はありません。

結果があるだけです。



バガヴァッドギーターにもある様に、



人間には結果を決める権利はありません。

しかし、

望む結果に近づく様に努力する権利は与えられています。

(勉強会でも触れますし、レッスンでも度々お伝えしていますね。)



しかし、上記の様な効果による幸せは長続きしません。



Yogaの目的は、

「永続する幸せ」

です。

そんなものあるのでしょうか?


そんな幸せがあると確信があるからこそ、
その為に必要な事をYogaは教えてくれるし、現代に求められているのです。



上記の様な長続きしない幸せを求めすぎると、自分は満たされないどころか、周りにまで迷惑を掛ける可能性「大」です。(^^;



そんな思考のままで、

「自分がやりたい様にすればいい!」

「自分を抑えつけずに自由に振る舞えばいい」

と言うのは破滅に向かいます。

そんな妙なスピリチュアルな言葉を見聞きして困惑する事は、多々有りますが、

そんな人たちの心は、見ていて痛々しい程、右往左往、七転八倒しています。

一見優しくて良い事をしていますが、周りに共感を求めて周りますので直ぐに分かります。


幸せに共感は必要ありません。

注:共感できない冷たい人になりなさい!とは言ってませんので、勘違いしないでくださいね。
ここを理解できない人、結構多いんです。(^^;

さあ、どうすれば幸せは永続するのでしょうか?



それらに気づかせてくれるのが、ヨガの効果なんですよ。



方法は、大前提を変える事。



それに気づいてこそ人間は自由となり、

「やりたい事をして生きられる」

となるのです。



つまり、カルマから解放されるのです。



勉強会に参加してる方は、復習&予習です。



興味のある方は、是非DG会にエントリー下さいね。

現在エントリー受付中の会場は、「名東6回サーダナコース」です。

6月スタートの日曜日コースです。

詳しくは「こちら」をご覧ください。



更に、春日井で月曜日コースを構想中です。

こちらは、「ギャーナコース」です。

6月スタートで年内に10回済ませる予定です。

決まりましたら告知しますね。



では、楽しいYogaライフを!

c0072323_10164537.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2017-03-03 10:25 | Yoga

yogaのち、ahimsa、そしてvegan

こんにちは。
皆様お元気ですか???

無事各地の2017年ギャーナコースが始まりました。
いかがでしたか???

今日は個人的な体験を書いてみたいと思います。

Yogaを始めて間もなく、ahimsa(アヒムサー・非暴力)という思想をしりました。
ヨガの取り組みの一番初めにある「ヤマ」(周りにする取り組み)の更に一番初めにある項目です。

このブログを読んでる人はもうご存知の方ばかりだとは思いますが、ルーツを同じインドに持つ、仏教の精進料理もこの「アヒムサー」の思想に則ています。
決して、「健康食」ではありません。
※結果的には健康にも良いのですが・・・

マシンGYMでトレーナーをしていた僕がYogaに出会った頃、
「宗教的な戒律を守ったり食事制限はしなくていいよ!」
というパワーヨガに傾倒していました。(細かい自分史は割愛します。)
かなり「自分なり」に、(面倒な事に身体の専門家だという自負付きで・・・(^^;)
エクササイズとして取り組んでいました。
それはそれで楽しく、アーサナの練習に夢中でした。

しかし、哲学も好きな僕は、同時にYoga哲学も「自分なり」に勉強していました。
すると・・・
そう、アヒムサーに出くわします。
現代Yogaには関係の無い昔の話しかな???
なんて思っていたのは本当初期のころだけでしたが・・・

そんなある時、アメリカから来たある先生のWSに参加しました。
そこで、「アヒムサーに徹するといいよ、動物と仲良くなれるし、インバージョン(逆転のアーサナ)が楽になる。」
そんな風に教わりました。
「動物と仲良くなれる???」
なんかいいなぁ・・・(漠然と)
直ぐに始めました。
ヴェジタリアン生活。

しかし、トレーナーとして仕事をしていた身として、マッチョな自分はタンパク質が心配でたまりません。(^^;
(当時は今より10㎏以上は筋肉があり、自分で言うのもなんですが結構いい身体してました。)
相当な身体に対する執着です。(^^;(^^;

しかし、性格的にやると思ったらやりたい。(^^;(^^;(^^;
で、一先ずフィッシュヴェジタリアン生活のスタートです。

つまり、自分で絞める事が出来る命のみ感謝して頂こうと・・・
「命を大切に、いただきます・・・」
という自己満足の「自分なり」アヒムサー生活です。

正直、なんも変わりませんでした。
お酒やコーヒーも減りません。
と言うか、減らす気もありません。

しかし、自己満足のフィッシュ(魚)・オボ(卵)・ラクト(乳製品)、ヴェジタリアン生活は続いていました。
先ほどの「自分なり」(実は探求者が一番言ってはならない言葉(^^;)の哲学とともに。

何も変わらなかった・・・

と言いつつ身体はそれなりに変化はあったけど、それはエクササイズ効果の範囲を超えることは無かったと思っています。

自己満足のアヒムサー。
これはこれで構いません。
やれることを精一杯。
ひとそれぞれ・・・今でもそう思います。
しかし、「自分なり」が問題でした。

そんな自分が「変わった」と思えたのは、かなりアヒムサーを徹底できてきた時です。
「自分なり」を止めた時ともいえます。

肉食を止めると、ホルモンの影響などで「攻撃性」が減ると言われています。
つまり、性格が穏やかになるのです。
しかし、そんな事は別に大したことではありません。
(もちろん穏やかな幸せを求めるYogaでは必須とは言えますが・・・)

じゃあ、何が変わったのか?!

それは、「固定観念からの解放」です。
食事は人間にとって大きな喜びであり、生活の全てとも言えます。
その証拠に、
「食べる為に働く」
「○○という職業で食べてます。」
なんて言いますよね?

食事は一日3食?!
お肉を摂らないと栄養が不足する?!
動物性の脂肪やタンパク質がないと満足しない?!
甘いカレーはまずい?!
やっぱり、おふくろの味が一番?!
女子が好きな、男子が好きなご飯?!

こんなの全部、ぜ〜んぶ「固定観念」です。
これはその他の事に全て当てはまります。

お酒を飲まないと、楽しくない?ホッと出来ない??一日が終わった気がしない???
コーヒーを飲まないと、落ち着かない???
全部自分にかけていた暗示でした。
それ以外にも、それはそれは沢山の自己暗示。
好き嫌いなどの好みすらも、多くは固定観念です。

人生を豊かにする、
と信じて疑わない物、事・・・

人間って、本当に些細な固定観念にがんじがらめなんです。

コツさえ分かれば早いもの。

休肝日無しの酒飲み。
一日10杯は飲むカフェイン中毒だと自認していた僕が、
あっという間に、どちらの呪縛からも解放されました。

先ほども言ったように、「食」って本当に人生そのものです。
食が変わると人生が変わります。
人間も変わります。

アーサナの取り組み方も変わりました。
本格的にYogaが出来る身体の準備が出来たのはそれからだと思います。
長年悩まされ、諦めていた古傷による腰痛も相当に解消され、今が一番と思える状態です。

そして、今思うこと。
Yogaがアヒムサーを一番に出すのは、倫理的、宗教的な理由だけではないでしょう。
ヨガの目的に向かう為には一番解り易いからなのだと思います。

正直、今ではアヒムサーの取り組みが無ければ、Yogaは始まらないと信じて疑いません。
(どこまでしているか?は関係ありません。その方向に向かっているかが大切です。)

yogaの目的?!
「全てはあなただと気付くこと。」
もしそうなら、「自分なり」の哲学で他の命を気安く殺める事はないでしょう。

普段の勉強会では、倫理的な理由や環境改善、健康改善についての理由を語ることが多いのですが、
今日は、別の視点からアヒムサーについて書いてみました。

このアヒムサーを追求すると、「ヴィーガン」と言われる生活になりますが、別に普通の事です。
誇る事でもなく、自慢する事でもなく、人に押し付ける事でもありません。

しかし、楽しく幸せなのです。(^_-)-☆
この「ヴィーガン」と言われるライフスタイルは。。。

ただただ、楽しいから追求します。

別に、真似しなくていいですからね。
へっへっへ・・・

ただ、アヒムサーは一国を独立に導くくらいの力を持っています。
インドに興味のない日本人でも「マハトマ・ガンジー」さんくらいはご存知でしょう。

あっ、体型ですか???
今は「ただの痩せた人」です。(^^;
でも、幸せです。
満足です。

では、では、
一回目の勉強会の「ダルマ」について、
意見をお待ちしておりますね。
[PR]
by uz-ni-chan | 2017-02-13 15:11 | Yoga

DG会 2017 スタート!

こんばんは。
冷え込みますね。

こんな極寒な日に、2017年のDG会が熱くスタートしました!

梅森を皮切りに、稲沢、安城と同じテーマで続きます。
テーマは同じですが、皆様の質問に合わせて解説しますので、毎回切り口は変わります。
何度出てもよいギャーナコース。
是非、複数回の受講をお待ちしております。
安城会場はまだ定員に達しておりません。
開催直前まで受け付けております。
エントリーは「こちら」から。

記念すべき一回目のテーマは「ダルマ」。
みなさん、いかがでしたか???
復習(これから方は予習ですね。)にお読みください。

去年から引き続き何度目かの受講の方は、少しづつ理解が深まったのではないでしょうか???

普遍的なダルマから、個人的なダルマ・・・

動・不動の物の全てにいきわたるダルマ。
石のダルマ?
花のダルマ?
猫のダルマ?
と順番に考え、たどり着いた人間のダルマ。

それは人間にだけ与えられた能力とも、特徴とも、法則ともとれるそれ。
いくつか意見が出ましたね。
思い出して下さいね。

その中でも特に人間を人間たらしめている大切な2つ。
そしてそこから導き出される最高のダルマ1つ。
絶対に覚えて、忘れない様にして下さいね。
でないと、Yogaが始まりませんから・・・

人間の普遍的なダルマから、
男女のダルマ・国籍によるダルマ・職業によるダルマ・立場によるダルマ・・・
と段々狭い集団のダルマへと進むにつれ、
初めはその物の持つ「法則」「性質」の様なものが、段々と「するべきこと」「義務」の様に変わってきます。
そして最後にはとても窮屈な殻に閉じ込められているのが私たち人間ではないでしょうか?
必死になって獲得した立場や肩書き、資格など。
自分らしく在りたい!と思い頑張れば頑張るほど、誰かが決めたダルマに縛られる・・・

本来「するべきこと」「義務」はそのものの持つダルマ(法則=本質・真理)を知るための方法のはず。
そのことを知らずに守らねばならない「義務」は窮屈なものでしかありません。

男女である前に、人間である。
日本人である前に、人間である。
インストラクターである前に、人間である。
母や妻である前に、人間である。

とすると・・・
私の個人的なダルマは???

私の義務?
私の使命?
私の夢?
私の、私の、私の・・・

いや、個人的なダルマは、結局人間の普遍的なダルマでしかありません。

どんなに名札を付けても、肩書きや資格を誇っても、あなたはあなたでしかないのだから。

全ての名札を剥がし、完全なる個人に帰ったとき、そこに顕れるのは全体としてあなた。
そう、あなたは性別・国籍・職業・立場により区別された小さな存在ではなく、
大きな全てと同じ存在なのです。

忘れないで、追求して下さい。
大切な2つと、そこから導き出される最高の1つ。

今日突然聞かされて、ビックリした人もいるでしょう。
簡単に同意できない人も居るかもしれませんね。

反論、質問大歓迎です。
1人で悩まず相談して下さい。
メールでも結構です。
お待ちしております。

早速、帰り際に相談してくれた方がみえました。
「今の職業だと、その普遍的なダルマに沿えないかもしれないのですが・・・」
いいえ、そんな事は絶対にありません。
今できる事を精一杯すればよいのですから。
職業的に難しければ、一先ずプライベートの時間に努力すればいい。
その職場に所属する以上、その職場のダルマを守る事が大切です。
しかし、その職場のダルマが普遍的な人間のダルマにあまりにも反すると思うなら・・・
それは、今後の生き方、進み方の大きな目安になるでしょう。

さて、次回の講義まで、一ヶ月もあります。
皆さんなりにダルマについて熟考してみてください。
繰り返します。
意見、質問は大歓迎です。
それが、生徒側のダルマだと思ってくださいね。(^_-)-☆

では、また来月お会いできるのをお待ちしております。

c0072323_2073640.jpg

皆様からの意見を元に解説を進めます。
積極的な発言をどうぞ!
[PR]
by uz-ni-chan | 2017-01-24 20:20 | Yoga

2017 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます!
今年もUZを、そしてDGをよろしくお願い致します。

c0072323_19523234.jpg


今年は暖かく穏やかなお正月でしたね。
皆様、それぞれ気持ちを新たに新年を迎えたのではないでしょうか???

今年は、
「より一層、ダルマの追究をしたい!」
そんな風に思うUZです。

「あまり好きではないPCやタブレットなどを、積極的に活用する!」
と年末に宣言したから・・・
ではないですが、iPadのお絵かきソフトで元旦から4日間かけて、
ガネーシャの絵を完成させました。
(本当は完成ではないのですが、適当にしないと終わらないので・・・)

ガネーシャは、あらゆる障害を取り除いてくれる神様のため、
儀式の初めには必ずガネーシャのマントラを唱えるそうです。
そんな理由で、年の初めに、

「描き初め?!」

には丁度いいと思い描き出したのですが、凝ってしまって・・・(^^;
新年明けてから、殆どの時間を費やす事になってしまいました。
お陰様で、驚くほど上手になりましたが・・・
(初のPC画でガネーシャTシャツ作るかな・・・(^_-)-☆)

こんな調子で、今年も好きな事、いや好き嫌いではなく、全てに夢中で取り組む一年にしたいと思います。

2017年もよろしくお願いします。

新年第一弾イベントとして、
1月10日(火)に
「2017 年明けSPレッスン」
を行います。
まだまだエントリー受け付けております。
詳しくは「こちら」をご覧ください。

また、ギャーナコースは残り8席となっております。
最終受付です。
お早めにお申し込み下さい。
詳しくは「こちら」をご覧ください。

では、今年も皆様と共に笑顔で過ごせることを祈って・・・


オーム ローカー サマスター スキノー バヴァントゥ
オーム シャーンティ シャーンティ シャーンティヒ
[PR]
by uz-ni-chan | 2017-01-04 20:23 | Yoga

2016年もお世話になりました。

こんばんは。

今年もあと少しで終わりますね。
皆様にとってはどんな一年でしたか???

UZにとっては、とても充実した一年だったと思います。

やるべき事、やりたい事、好きな事・・・
仕事としては、やりたい事しかしませんでした。

もし、「やりたい事=やるべき事」であれば、絶対に上手くいく。
つまり、ダルマの追究です。
そんな信念の元、仕事をしています。

本当に楽しみました。
もちろん、大変な事はあります。
しかし、それは苦しみではなく、むしろ楽しみ。

今年は、DG会初の試みとして、ギャーナコース・アーサナコースを始めました。
c0072323_21445820.jpg


哲学とアーサナを一つにして考えて貰いたい。
そんな思いから実現したコースです。
ギャーナコースは6月から名東でもスタート。

各地DG会も順調に進み、年末までにシーズン1を全ての会場で終了しました。
c0072323_21464054.jpg


DGタンクやTシャツも作りました。(^^)
c0072323_21595549.jpg

c0072323_2201624.jpg


楽しみつつも真剣に。。。
しかし、ただ遊んでいるだけでは結果はついてこないだろう。。。

その結果が出るのが来年のDG会の申し込みだと思ってました。

秋ごろから募集を開始したDG会。
お申し込みは順調です。
詳しくは「こちら」

特に嬉しいのが、リピート率の高さです。
粘り強く繰り返し、哲学を勉強しようとする方が増えてきたこと。
哲学を学ぶ楽しみを実感してくれた方が沢山いたこと。
これが、2016年のDGの結果だったと思います。

来年は新しいメンバーも加えて始まるDGギャーナコース。
気持ちも新たに、テキストを新しく作成しました。(^^)v
c0072323_2213669.jpg

c0072323_22131664.jpg



そして、さらに2017年のニューアイテム!?
c0072323_22142290.jpg


来年からのDGにご期待下さい!!!

その2017年、初めのイベント。
「年明けスペシャルレッスン」


エントリーお待ちしております。

2017年1月10日(火)13時〜15時30分 梅森公民館にておこないます。
詳しくは「こちら」

来年も皆様と一緒にYogaを楽しみ追求したいと思います。
お会いできることを楽しみにしております。

今年は本当にお世話になりました。
良いお年をお迎えくださいね。

UZ
[PR]
by uz-ni-chan | 2016-12-30 22:29 | Yoga

DGギャーナコース梅森2016終了

こんばんは。
突然真冬の冷え込みですが、皆様お元気ですか?
ほんの三日前には春の様な陽気だっただけに驚きですね。
これも、地球温暖化によるものらしいです。
僕らは本気で手を打たないといけないですね。

DGではその様な問題に対して具体的なことも提案しています。
それはヨガには大切な事なので、取り組めばヨガが深まります。

さて、先日どこよりも先にスタートした「梅森ギャーナコース2016」が一年間(10回)の講座を終了しました。
皆様、一年間お疲れ様でした。
いかがでしたか???
第一期から継続の方はもう二年半のお付き合いですね。

このDGギャーナコースではなにをしているか?
というと、
ヨガ哲学の基礎を教えています。
本当に基礎の基礎。

しかし、案外知らない人が多いのです。

それらは、
「ヨガって何だろう???」
についてしっかり考えることへと繋がります。

ヨガのテクニックやアーサナのコツ、指導法を教える事は一切ありませんが、
「指導に自信がつきました。」
「レッスンにあたり気持ちがブレなくなりました。」
「ヨガに対しての不安がなくなりました。」
などのご意見を頂いています。

他にも、
「仕事が上手くいくようになった。」
「夫婦や親子の関係が改善された。」
「日常でくよくよする事が減った。」
「気持ちが楽になった。」

さらに、
「ヨガのレッスンを受けるのがより楽しくなった。」
「スートラやギーターが楽しくなった。」
などの意見も頂いています。

毎回、楽しくて仕方がない・・・
と言っていただける方もみえます。
ありがたい事です。

しかし、これらは予定通りです。

ヨガは真理を説いているのです。
真理ならば、いろいろな事が上手く運ぶ、幸せになる最上の手段のはずだからです。

もちろん、取り組み方が正しければ・・・
という前提はありますが、それについても含めて教えるのがDGギャーナコースなのです。

出来るだけ、解り易く・・・
と心掛けて努力はしています。
しかし、難しいと思う方もみえるでしょう。
受ける側にも努力は必要です。

「遅刻をしない。」
というのもその努力の一つです。(簡単過ぎますね)
しかし、講座を受ければ何故かが解ります。

能力や経験は必要ありません。(最低限の参加基準は設けていますが・・・)

何よりも大切なことは、
「本気で講座に向かう事です。」

度々休んだり、居眠りしていては、正直なんともなりません。
勘違いや誤解で伝わっていないかと思うと気が気でなりません。(^^;
一回でも、一瞬でも無駄なことはお伝えしません。
何処かを抜かすと、ジグソーパズルのピースが抜けたように完成にいたりません。

長い人生の中のたった10回、20時間です。
まる1日以下の時間で、人によっては人生が変わる。
何の差でしょう???

その場をリスペクトし、
集中して聴き、本気で考え、全力で反応すること。

その一瞬、一瞬を大切にすること。

自主的であること。

まあ、それ自体がヨガなんですが、なぜそれらが大切かが分かる講座でもあります。

年明けから、梅森・稲沢・安城で同様のコースが同時スタートします。
稲沢は既に満席となりましたが、梅森・安城はまだ募集中です。

何となく自信がないヨガについて、
ゆるぎのない確信を持ちませんか???

インストラクターでなくても、ヨガが好きな方、深めたい方、日常に活かしたい方、
是非ご一緒しましょう。

詳しくは「こちら」をご覧ください。

また、年明けには、恒例の「スペシャルレッスン」をおこないます。
こちらもエントリー受け付けております。
スペシャルレッスンはギャーナコースの講座と違い、アーサナなど、ヨガのいろいろをとにかく楽しむ時間です。
スペシャルレッスンについては「こちら」をご覧ください。
1年の初めに一緒に楽しみましょ!!!

今年もあと1ヶ月、来年の計画を練りつつ、今を大切に過ごしましょうね。
c0072323_18221623.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2016-11-25 18:27 | Yoga

安城DG会 第一期〈シーズン1)終了!

こんばんは。

一気に秋が深まりましたね。
お元気ですか???

秋晴れの金曜日、一年半(16回)続けた、安城DG会シーズン1が終了しました。
皆様お疲れ様でした。

この16回からなるシーズン1は今回の安城、そして年末の稲沢を最後に完全終了となります。
梅森から始まった、このDG会はスタートの時点で最終日は決まってませんでした。
何故なら、哲学もアーサナと同様、繰り返し繰り返しずーと受けてほしかったからです。

UZ的には、アーサナのレッスンと同じように、哲学ってクラスがスタジオにレギュラーで組み込まれているのが普通になったらいいなぁ・・・
そんな風に思うのです。

一回受けただけでアーサナが深く理解出来ないのと同じように、哲学も一回聞いただけでは理解が浅いと思います。

しかし、学校の教育に慣れているせいか、一回聞いたカリキュラムやテーマを二度三度聞く事はあまりしないのではないでしょうか???

同じ内容ではお金が勿体ない???

でも個人的には理解出来てない講座を放置し次々と新い講座を受講する方が、お金がもったいないと思います。
結果、「聞いた事ある・・・」という程度の膨大な情報が表面的に記憶に残るだけで、理解出来ていない、活用できない、となっているのではないでしょうか???
それは、つまらないですよね?

哲学が苦手と言う人はきっと、哲学が実生活で活きていないからだと思うのです。
知っているだけで、体得出来ていないのだと・・・

ヨガ哲学を始め、哲学というのは、実生活にべったりの学問のはずです。
それを、難解な言葉と表現で言葉のお遊びにしてしまっているのは、学者たちの悪意すら感じます。
自分の学識レベルを誇示する為の学問になっている様に思うのです。

哲学はそんなんじゃない!
本当は楽しいのです。

梅森から始まったDG会。

途中から新たに始まった会場に移籍したり、梅森や名東のシーズン2を受けたりと、繰り返し受けている人ほど理解が深まっているのは、見ているとこちらからもハッキリわかります。

繰り返しの重要性を再確認させられます。

ずーと繰り返し何度でも聞いてほしい。
しかし、忙しい現代です。
皆様も予定がおありでしょう。

という事で、新しいコース(ギャーナなどのシーズン2)は皆様の予定が立てやすい様に、一年で終わるよう10回にまとめ、資料も作成しました。

その新しいコース(シーズン2)が
来年から梅森・安城・稲沢と一斉に開始します。
(梅森はシーズン3となりますが、テーマは各会場同じです。)
テーマは同じでも毎回切り口は変わりますよ!(^_-)-☆

ヨガ哲学はアーサナを深めるためにも役立ちます。
と言うか、生活全てに役立つのです。

楽しく、実生活で活き、それでいて深い・・・
そんな哲学講座を目指し、進めております。

因みにしつこい勧誘はしませんが(^^;リピート率はかなり高くなってます。
受ければ受けるほど楽しくなるヨガ哲学、それがDGのギャーナコースなんです。

新規の方も是非、ご参加お待ちしております。
興味のある方は「こちら」をご覧下さい。

しかし、途中で復習の日を挟んだり、その日の皆さんの様子を見て急に予定を変更したりと、アバウトに決めた日程で行ったシーズン1は、それはそれで非常に深い日々だったと思います。

初めはチンプンカンプンだった人達が、途中から目の色が変わっていく瞬間を何度も目にしました。
それを見る度に、「この子達はもう大丈夫だな・・・」と思ったものです。

しかし、一瞬掴みかけた「それ」も、初めのうちは気を抜くと直ぐに何処かへ行ってしまいます。
繰り返しが大切ですよ!

今回で卒業の方も、シーズン2に継続エントリーの方も、これからも是非ヨガ哲学と共にヨガの道を一緒に歩みましょう。
いつまでも、応援しております。

安城DG会の皆様、お疲れ様でした。
そして、有難うございました。

c0072323_0356100.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2016-10-16 00:10 | Yoga

ヨガに哲学が必要な理由

こんにちは。
10月に入ったのにこの暑さ、そして天候の不安定さ。
皆さまお元気ですか???

今日はさっそく本題に入りますね。

「哲学なきアーサナはヨガではない。」

と言い続けているUZ(DG)です。
このセリフを聞くと、
またか・・・
と思う人もいるかもしれません。

しかし、そんな人にこそ読んで欲しいのです。

ヨガのレッスンを受けると先生が優しいんです。(僕の場合は知りませんが・・・(^^;)
「無理しなくていいんですよ・・・」
「そのままの、ありのままの自分で居ましょうね。」

などなど、一般社会ではあり得ない様なセリフの連発。

これらのセリフを聞いて、ヨガが好きになった人、
「これらのセリフやレッスンで癒されたから、私も癒す人になりたい!」
とインストラクターを目指した人も多いのでは???

また、逆に、
「何綺麗ごと言ってんの?気持ち悪い・・・」
と思った人もいるでしょう。

しかし癒された人も、嫌悪感を抱いた人も、どちらの反応も本質に迫ってない気がするのです。
(癒された事自体は素晴しい事です、否定はしませんよ。)

特に、嫌悪感を抱かせてしまった場合、もしかすると、そのセリフを語った人がただの「セリフ」になってたかもしれません。
それは、非常に残念な事です。
受け止める方も、ただの気休めに癒されるのではなく、本質的な癒し、根本的な解決になる理解ができる為には、少し知っておくと良い事があります。


①「無理をしない・・・」
これは、そのままなのですが、
この無理をしない追求だけでも「ヨガ」の目的にたどり着ける程の深い意味があります。
レッスン前によく話しますね?

「無理をしない・・・」
は言い換えると、
「理にかなわない事をしない。」
「理に合わない事をしない。」
となります。
理(ことわり)とは、真理の事。
つまり、無理をしないのは、「努力しない」とか、「雑にしていい」という意味ではありません。
「真理でない事、つまり自然法則を無視した事をするな!」

と言う意味です。
その為には、真理を追究する必要があります。
真理は「ダルマ」です。(ダルマについては勉強会でやります。)
「無理をしない・・・」
の一言はダルマを追求しなさい!という事であり、
決して甘やかしの言葉ではないのです。


②「ありのまま、そのままの自分・・・」
さあ、自分って何ですか???
先ほどの真理の追究と自分の追究。
これが哲学なのです。

ありのままの、そのままの自分・・・
と語る以上は、「自分(私)」の定義がしっかりしていないと何も意味をなしません。
普段の生活ならいいのですが、(本当は良くないです。言葉の曖昧さは誤解、争いの元です。)
何かを教える人、それも自己探求である、ヨガを教える人が「自分(私)」の定義が曖昧では大変です。
教わる方も、誤解した「自分(私)」像では、悩みが深まるばかりです。

ヨガ(インド哲学)では、「私」というものをしっかりと定義しています。
このインド哲学独特の「私」があるからこそ前出の「ありのままの、そのままの自分」の本当の意味が理解できるようになるのです。

ヨガの「私」のいろいろを、日本語で書くと「真我」「自我」「我」「我慢」「わたし」などと書きます。
ハッキリ言ってよく分かりませんね。
さらに、「霊」だの「魂」だの書いてあるものもあります。
曖昧の極みとしか言いようがありません。

ヨガ哲学で良く出てくる「私」は2種類です。
「本当の私」か「偽りの私」。
しかし、西洋の哲学の多くではインド哲学的に言うと「偽りの私」しか出て来ません。
「偽りの私」を「私」と定義してしまっているのです。
日本人も殆どこれにならえです。

その「偽りの私」を「自我」と言い、ヨガでは「アハンカーラ」といいます。
因みにアハンカーラは、サンスクリット語です。
アハン=私(一人称代名詞・単数)
カーラ=道具
合わせて「私を作り出すもの」エゴの事です。
見ての通り、「私を作り出すもの」は私ではないのですよね?
しかし、それを「私」だと定義しているのが、西洋文化に浸りきった現代人なのです。
偽りの私を、「私」と定義して追求するから「堂々巡り」になります。
答えが無い事は、とても不安を煽り、病的になったり、投げやりになります。
西洋哲学は深めると、「ヤバい奴」になるのは、当然の結果なのです。


それに対して、インドの哲学では、
「本当の私」=「真我」を「私」と定義します。
それを「アートマン」と言います。
これがあると、全ての立場がスッキリ解決します。(講義でやります)
人間にとって、解っている事ほど安心する事はありません。
幸福がやってくるのです。
つまり、幸せになる哲学がヨガ哲学なのです。

「アートマン」の理解のためにヨガをするのですが、
教えるならば、「ダルマ」「カルマ」「輪廻転生」などなども、
全て、必要な知識です。
スートラを読むにも、ギーターを読むにも必要です。

これらを知らずに、
「そのままでいいんだよ!」
と言うのは、その場の慰めや気休め、無責任なセリフとしか言いようが有りませんね。
気休め的な「ブッダの癒しの言葉集」みたいなのも、背景の思想抜きでは正直どうかと思います。
現実逃避的になってしまいます。

もちろん、慰めや気休めは必要ですし、否定はしません。
しかし、そんな程度なら、ヨガをしてなくても、ヨガの先生でなくても、仲の良い友達や家族ならしてくれる事です。

本当の自分とは何か???
それ(真理)を知る事で、全てが解決する。
そう考えるのがヨガなのです。

ちょっと知るだけで、自分のヨガの奥深さを知れます。
ちょっと知るだけで、自分のティーチングに自信が持てる様になります。
ちょっと知るだけで、ぐっと幸せになれます。

それが、ヨガ哲学なのです。

来年から始まるDG会で是非一緒に勉強しましょう!
お会い出来るのを楽しみにしております。

詳しくは「こちら」をご覧下さい。

c0072323_16222599.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2016-10-02 16:25 | Yoga

バクティ भक्तिः

皆様、こんばんは。
今日は久々の晴れでしたね。
涼しくなったり暑くなったり難しい季節。
あまり、抵抗せず、リラックスして過ごしたいものです。

今日は「バクティ」についてです。
勉強会でも必ずやるバクティ思想ですが、
これが理解できるかがヨガを深めることができるかどうかの大きな鍵だと思います。

俗世的に細分化され、俗世的に理解しやすく、俗世の何かに変えられたヨガテクニックから、
全体で一つ、区別や差別のないヨガとなる、と思うのです。
つまり、バクティを理解すると、「ヨガをする」から「ヨガで在る」になるのではないかと・・・


これさえ身に着ければ、いや・・・
これが身についていなければ、いくらテクニックや知識を身に着けても幸せはやってこないとも言えます。

ヨガそのものとも言えるバクティは、やはりヨガと同じようにあまりにシンプルです。
その分、シンプル過ぎて軽視されるか理解しがたいようです。

人間は、ある程度難しい事、ある程度高額なもの、に価値を感じ、
本来は簡単で安価な事を無理に複雑に、高額にしたがる傾向があるようです。
ダイエットするのに何十万も払うとかね。(^^;

簡単そうで、解っている・・・出来ている・・・と思っている事。
そこがポイントだったりします。

勉強会では皆さんで話し合いながら意見を出してもらったり、解説したりしましたが、
今日は、クリシュナのお話しからバクティの例を紹介したいと思います。

昔々・・・(日本昔話風?)
最高神ヴィシュヌの化身として生まれたクリシュナは、日に日に美しい少年へと成長しました。
その神々しきクリシュナの噂は周りの村々にも伝わっていました。
訳あって牛飼い子供として育てられたその愛らしき神童は、
とくに牛飼いの女性(ゴーピー)たちに大人気でした。

ある日、クリシュナは兄と友達と遊んでいました。
時を忘れて遊んでいると、友達が空腹を訴えました。
そこで、クリシュナは、
「そこの村に行き、兄(兄のバララーマもヴィシュヌの部分的な顕現)と僕の事を話してごらん。食べる物をもらえるから・・・」
と言って、友達を送り出しました。
しばらくして、友達が帰ってきました。
友達は、
「今、儀式の準備をしていたバラモン(僧侶)にお願いしたら、忙しいから・・・と断られたよ。」
と。
するとクリシュナは、
「ハッハッハ。じゃあ、そのバラモンの妻たちにお願いしてみな!」
と言い、もう一度友達を送り出しました。
その話を聞いた妻達は、噂に聞くクリシュナに会える喜びで、止める主人達(バラモン)を振り切り、儀式のために用意した供物の食べ物を沢山持ってクリシュナの下にやってきたのです。

最高神ヴィシュヌの化身です。
一目逢えるだけで、人生の目標に達する事が出来るのです。

当然バラモン達は、その人生の目標を果たすために、日々勉強し祭祀を行うのです。

しかし・・・何てことをしてしまったのだろう。
後で、クリシュナに逢った話を妻たちに聞いたバラモン達はたいそう後悔したそうです。

おしまい。。。
※おおまかなあらすじですので、細かなことはご容赦下さい。(^^;

解説は・・・
要りませんね。

智識や行為は大切。
しかし、それより想いが大切だと言う事です。

それ以外にも多くの教訓が隠されているお話しです。
素直に理解するには、根本にある思想を知る必要もあるかもしれませんね。

DG会では、ギャーナコースによってヨガ哲学を学ぶ講座をおこなっています。
来年から梅森・安城・稲沢、3会場同時開催。
どの会場も受け放題。
10回30,000円とお値打ちです。
そう、超お値打ちです。
決して質が低いわけではありません。
哲学の楽しさをもっと皆様に知ってもらいたのです。

興味のある方は、「こちら」より、エントリーもしくは、お問い合わせください。

多くの方とご一緒出来る事を楽しみにしております。
c0072323_20475422.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2016-09-25 21:10 | Yoga

なぜ戦争やテロが無くならないのか???

c0072323_2032161.jpg
皆様こんにちは。

お元気ですか???

今回は突然,仰々しいタイトルです。
「なぜ戦争やテロのような酷い事がこの世からなくならないのでしょうか?」
「どうしたら、この世から酷い事件が無くなるのでしょう?」
「先生はどうお考えですか???」
実はこれらの質問は勉強会でよく出る質問です。
平和、幸せになるための哲学、「ヨガ哲学」を学ぶほど感じるジレンマでしょうか?

勉強会の中でも、意見は述べましたが、ここでは違う切り口で述べようと思います。

世界の在り方、自分の存在、それらをどう捉えるか???
そんな事を繰り返し考えるのが哲学です。
当然、世界の現状に目を向ける事になります。

堂々巡りの考えの中、悩む・・・
本来なら思春期の頃に考える事ですね。
今まで考えずに済んだのだとしたら、幸せな国に生まれ育って本当に良かったですね。
しかし、大人になったなら、やはり考えるべき事だと思います。

いや、皆様はもう考えた結果、
「世界の平和なんて祈っても不可能じゃないのか?」
「そんなの綺麗ごとだ!」
「どこかが得をすれば、どこかが苦しむんだ!なら得した方がいいね。」
「だから仕方がない。」
「今幸せならいいよね。」
なんて、自分に折り合いをつけたのかもしれませんね。

そうなんです。
俗世的な「相対二元性」の考えでは、絶対に「堂々巡り」になるのです。
そのうち、
「考えるの疲れるからやめた!」
もしくは、
「勝ち組になろう!」
となるのです。
(因みに、インドの哲学は堂々巡りになりません。勉強会で理解できた人もいるでしょう。)
「考えるのを止めた」一般庶民は、「勝ち組になりたい」人からすれば、好都合です。
勝ち組になる!と決めた人は、思い切って言えば、「戦争をしたい人」です。

「戦争をしたい人」は「考えるのを止めた」一般人より、努力家です。
自分が得する為(欲を満たす為)なら何でもします。(人殺しだって・・・戦争ですから)
(戦争したい人は一般人より努力している・・・って話は安城でしましたね。)

大袈裟なことを書きましたが、普通の世の中でもある構図ですよね???
現代の価値観は少し間違えると、戦争に向かう価値観のようですね。

しかし、それら「相対二元性」の理屈で世界を侵略したのは、一部の人種だと言う事が、世界の歴史では解ってきています。
それらの人種が侵略してくる前は、大きな争いは無く幸せな国だった・・・
聞いた事ある話ですね???
それらの国には、奪い合う権力争いではなく、与え合う思いやりの文化があったのです。
それって幻想ですか?綺麗ごとですか?
侵略した側が、自分達の正当性を主張する為に、捻じ曲げた歴史観や価値観を喧伝し、それを現代人は鵜呑みにしているだけでは無いでしょうか???

与える事は、精神性が高くなければできません。
やってきた客人に沢山与えようとする寛大な人達を騙し、奪った人達の価値観が牛耳る世界。
それは、争い、奪い合い、表面上、物質的な幸せを正解とする文化です。

戦争やテロが無くなるためには、
「与える事」つまり思いやりの気持ちを育てるしかありません。

人や他の命を貶めてまで自分が幸せになろうとする人達。
自分達はそんな事していない???
本当ですか???

自分の好みの為だけに、多くの命を犠牲にして食事や生活をしていませんか???
完全にヴェジタリアンやヴィーガンになれ!
なんて、強要はしません。
しかし、自分の欲望を満たすだけの食事や消費は、戦争の原因となんら変わりはないのです。
自分の中にも戦争の火種は燻っているのです。
だからDGでは、いやヨガでは「アヒムサー」を重要視するのです。
これが無ければ始まらないのです。

もしあなたが「なぜ戦争は無くならないのだろう???」
と思った時、是非根本的な原因を探ってみて下さい。
人の意見を参考にするのは大切ですが、自分で導き出してみて下さい。
そんな時、ヨガの哲学はシンプルに答えを導き出してくれます。

綺麗ごとではなく、多くの人が本当の意味での「幸せ観」を身に着ければ、
多くの人が自身の中に燻る「火種」を消す事ができれば・・・

外の世界も戦争はなくなっていくのではないでしょうか???

もう一つ・・・
世の中は、「歴史から学べ!忘れるな!」と、過去の戦争の悲惨さを伝えようと努力します。
しかし、こちらも思い切って言えば、「これ自体が戦争の原因だ!」とDGは考えます。
ヨガの考えがしっかりと身に着くと、反省・後悔は必要ない事が理解できます。
(この理屈は安城勉強会でお話ししましたね。)
過去にはなにも無いのです。
過去の悲惨さを語る事を良しと考える人達は、
「人間は放っておくと悪い事をする。だから脅しが要る」と考えるのでしょう。
過去の悲惨さを語る事は恐怖と共に増悪をも生み出します。
結果、憎しみの連鎖を生みます。
未来の平和を願うなら、「今をどう生きるか???」なんです。
過去のいがみ合いや奪い合いの歴史はすっぱり忘れて、ハグをした方がよっぽど平和になるのでは???
政治家には無理でも、一般庶民同士なら出来る事です。

政治家が決めた戦争も、実際戦うのは一般の国民です。
国民全員が「戦わない!」と宣言すれば、戦場で全員が銃を捨てる事が出来れば、戦争は起こりようがないのです。
もし当事者になったら、僕は1人でも銃を捨てます。

いろいろ書きましたが、考えている事のほんの一部です。
しかし、これらは僕らの意見であるだけでなく、「ヨガ哲学」に則った考えでもあります。

最後に・・・
いつもレッスンでも言うように、
ヨガでは、今出来る事を精一杯やる事を大切にします。
自分の身分・身の丈にあった社会貢献。
持続可能な方法を考え実践する事。

何をどれだけしたか???
ではなく、
個人個人がどんな思いで精一杯したか???
が大切なのです。

良い思いが集まれば、世界平和も夢では無いでしょう。

DGギャーナコースでは、ヨガを通じてこんな話しにまで及ぶこともあります。
ヨガ哲学はこの複雑になってしまった世の中を無事に旅する羅針盤になり得ます。
ヨガに興味を持った方。
是非、早い段階でヨガの基本の考え方を身に付けて下さいね。
子育てにもよい考えです。

来年から新たに3会場で同時スタートです。
詳しくは「こちら」をご覧下さい。

エントリーお待ちしております。
みんなで、大いに語り合いましょう。
[PR]
by uz-ni-chan | 2016-09-10 20:33 | Yoga