カテゴリ:Yoga( 21 )

バクティ भक्तिः

皆様、こんばんは。
今日は久々の晴れでしたね。
涼しくなったり暑くなったり難しい季節。
あまり、抵抗せず、リラックスして過ごしたいものです。

今日は「バクティ」についてです。
勉強会でも必ずやるバクティ思想ですが、
これが理解できるかがヨガを深めることができるかどうかの大きな鍵だと思います。

俗世的に細分化され、俗世的に理解しやすく、俗世の何かに変えられたヨガテクニックから、
全体で一つ、区別や差別のないヨガとなる、と思うのです。
つまり、バクティを理解すると、「ヨガをする」から「ヨガで在る」になるのではないかと・・・


これさえ身に着ければ、いや・・・
これが身についていなければ、いくらテクニックや知識を身に着けても幸せはやってこないとも言えます。

ヨガそのものとも言えるバクティは、やはりヨガと同じようにあまりにシンプルです。
その分、シンプル過ぎて軽視されるか理解しがたいようです。

人間は、ある程度難しい事、ある程度高額なもの、に価値を感じ、
本来は簡単で安価な事を無理に複雑に、高額にしたがる傾向があるようです。
ダイエットするのに何十万も払うとかね。(^^;

簡単そうで、解っている・・・出来ている・・・と思っている事。
そこがポイントだったりします。

勉強会では皆さんで話し合いながら意見を出してもらったり、解説したりしましたが、
今日は、クリシュナのお話しからバクティの例を紹介したいと思います。

昔々・・・(日本昔話風?)
最高神ヴィシュヌの化身として生まれたクリシュナは、日に日に美しい少年へと成長しました。
その神々しきクリシュナの噂は周りの村々にも伝わっていました。
訳あって牛飼い子供として育てられたその愛らしき神童は、
とくに牛飼いの女性(ゴーピー)たちに大人気でした。

ある日、クリシュナは兄と友達と遊んでいました。
時を忘れて遊んでいると、友達が空腹を訴えました。
そこで、クリシュナは、
「そこの村に行き、兄(兄のバララーマもヴィシュヌの部分的な顕現)と僕の事を話してごらん。食べる物をもらえるから・・・」
と言って、友達を送り出しました。
しばらくして、友達が帰ってきました。
友達は、
「今、儀式の準備をしていたバラモン(僧侶)にお願いしたら、忙しいから・・・と断られたよ。」
と。
するとクリシュナは、
「ハッハッハ。じゃあ、そのバラモンの妻たちにお願いしてみな!」
と言い、もう一度友達を送り出しました。
その話を聞いた妻達は、噂に聞くクリシュナに会える喜びで、止める主人達(バラモン)を振り切り、儀式のために用意した供物の食べ物を沢山持ってクリシュナの下にやってきたのです。

最高神ヴィシュヌの化身です。
一目逢えるだけで、人生の目標に達する事が出来るのです。

当然バラモン達は、その人生の目標を果たすために、日々勉強し祭祀を行うのです。

しかし・・・何てことをしてしまったのだろう。
後で、クリシュナに逢った話を妻たちに聞いたバラモン達はたいそう後悔したそうです。

おしまい。。。
※おおまかなあらすじですので、細かなことはご容赦下さい。(^^;

解説は・・・
要りませんね。

智識や行為は大切。
しかし、それより想いが大切だと言う事です。

それ以外にも多くの教訓が隠されているお話しです。
素直に理解するには、根本にある思想を知る必要もあるかもしれませんね。

DG会では、ギャーナコースによってヨガ哲学を学ぶ講座をおこなっています。
来年から梅森・安城・稲沢、3会場同時開催。
どの会場も受け放題。
10回30,000円とお値打ちです。
そう、超お値打ちです。
決して質が低いわけではありません。
哲学の楽しさをもっと皆様に知ってもらいたのです。

興味のある方は、「こちら」より、エントリーもしくは、お問い合わせください。

多くの方とご一緒出来る事を楽しみにしております。
c0072323_20475422.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2016-09-25 21:10 | Yoga

なぜ戦争やテロが無くならないのか???

c0072323_2032161.jpg
皆様こんにちは。

お元気ですか???

今回は突然,仰々しいタイトルです。
「なぜ戦争やテロのような酷い事がこの世からなくならないのでしょうか?」
「どうしたら、この世から酷い事件が無くなるのでしょう?」
「先生はどうお考えですか???」
実はこれらの質問は勉強会でよく出る質問です。
平和、幸せになるための哲学、「ヨガ哲学」を学ぶほど感じるジレンマでしょうか?

勉強会の中でも、意見は述べましたが、ここでは違う切り口で述べようと思います。

世界の在り方、自分の存在、それらをどう捉えるか???
そんな事を繰り返し考えるのが哲学です。
当然、世界の現状に目を向ける事になります。

堂々巡りの考えの中、悩む・・・
本来なら思春期の頃に考える事ですね。
今まで考えずに済んだのだとしたら、幸せな国に生まれ育って本当に良かったですね。
しかし、大人になったなら、やはり考えるべき事だと思います。

いや、皆様はもう考えた結果、
「世界の平和なんて祈っても不可能じゃないのか?」
「そんなの綺麗ごとだ!」
「どこかが得をすれば、どこかが苦しむんだ!なら得した方がいいね。」
「だから仕方がない。」
「今幸せならいいよね。」
なんて、自分に折り合いをつけたのかもしれませんね。

そうなんです。
俗世的な「相対二元性」の考えでは、絶対に「堂々巡り」になるのです。
そのうち、
「考えるの疲れるからやめた!」
もしくは、
「勝ち組になろう!」
となるのです。
(因みに、インドの哲学は堂々巡りになりません。勉強会で理解できた人もいるでしょう。)
「考えるのを止めた」一般庶民は、「勝ち組になりたい」人からすれば、好都合です。
勝ち組になる!と決めた人は、思い切って言えば、「戦争をしたい人」です。

「戦争をしたい人」は「考えるのを止めた」一般人より、努力家です。
自分が得する為(欲を満たす為)なら何でもします。(人殺しだって・・・戦争ですから)
(戦争したい人は一般人より努力している・・・って話は安城でしましたね。)

大袈裟なことを書きましたが、普通の世の中でもある構図ですよね???
現代の価値観は少し間違えると、戦争に向かう価値観のようですね。

しかし、それら「相対二元性」の理屈で世界を侵略したのは、一部の人種だと言う事が、世界の歴史では解ってきています。
それらの人種が侵略してくる前は、大きな争いは無く幸せな国だった・・・
聞いた事ある話ですね???
それらの国には、奪い合う権力争いではなく、与え合う思いやりの文化があったのです。
それって幻想ですか?綺麗ごとですか?
侵略した側が、自分達の正当性を主張する為に、捻じ曲げた歴史観や価値観を喧伝し、それを現代人は鵜呑みにしているだけでは無いでしょうか???

与える事は、精神性が高くなければできません。
やってきた客人に沢山与えようとする寛大な人達を騙し、奪った人達の価値観が牛耳る世界。
それは、争い、奪い合い、表面上、物質的な幸せを正解とする文化です。

戦争やテロが無くなるためには、
「与える事」つまり思いやりの気持ちを育てるしかありません。

人や他の命を貶めてまで自分が幸せになろうとする人達。
自分達はそんな事していない???
本当ですか???

自分の好みの為だけに、多くの命を犠牲にして食事や生活をしていませんか???
完全にヴェジタリアンやヴィーガンになれ!
なんて、強要はしません。
しかし、自分の欲望を満たすだけの食事や消費は、戦争の原因となんら変わりはないのです。
自分の中にも戦争の火種は燻っているのです。
だからDGでは、いやヨガでは「アヒムサー」を重要視するのです。
これが無ければ始まらないのです。

もしあなたが「なぜ戦争は無くならないのだろう???」
と思った時、是非根本的な原因を探ってみて下さい。
人の意見を参考にするのは大切ですが、自分で導き出してみて下さい。
そんな時、ヨガの哲学はシンプルに答えを導き出してくれます。

綺麗ごとではなく、多くの人が本当の意味での「幸せ観」を身に着ければ、
多くの人が自身の中に燻る「火種」を消す事ができれば・・・

外の世界も戦争はなくなっていくのではないでしょうか???

もう一つ・・・
世の中は、「歴史から学べ!忘れるな!」と、過去の戦争の悲惨さを伝えようと努力します。
しかし、こちらも思い切って言えば、「これ自体が戦争の原因だ!」とDGは考えます。
ヨガの考えがしっかりと身に着くと、反省・後悔は必要ない事が理解できます。
(この理屈は安城勉強会でお話ししましたね。)
過去にはなにも無いのです。
過去の悲惨さを語る事を良しと考える人達は、
「人間は放っておくと悪い事をする。だから脅しが要る」と考えるのでしょう。
過去の悲惨さを語る事は恐怖と共に増悪をも生み出します。
結果、憎しみの連鎖を生みます。
未来の平和を願うなら、「今をどう生きるか???」なんです。
過去のいがみ合いや奪い合いの歴史はすっぱり忘れて、ハグをした方がよっぽど平和になるのでは???
政治家には無理でも、一般庶民同士なら出来る事です。

政治家が決めた戦争も、実際戦うのは一般の国民です。
国民全員が「戦わない!」と宣言すれば、戦場で全員が銃を捨てる事が出来れば、戦争は起こりようがないのです。
もし当事者になったら、僕は1人でも銃を捨てます。

いろいろ書きましたが、考えている事のほんの一部です。
しかし、これらは僕らの意見であるだけでなく、「ヨガ哲学」に則った考えでもあります。

最後に・・・
いつもレッスンでも言うように、
ヨガでは、今出来る事を精一杯やる事を大切にします。
自分の身分・身の丈にあった社会貢献。
持続可能な方法を考え実践する事。

何をどれだけしたか???
ではなく、
個人個人がどんな思いで精一杯したか???
が大切なのです。

良い思いが集まれば、世界平和も夢では無いでしょう。

DGギャーナコースでは、ヨガを通じてこんな話しにまで及ぶこともあります。
ヨガ哲学はこの複雑になってしまった世の中を無事に旅する羅針盤になり得ます。
ヨガに興味を持った方。
是非、早い段階でヨガの基本の考え方を身に付けて下さいね。
子育てにもよい考えです。

来年から新たに3会場で同時スタートです。
詳しくは「こちら」をご覧下さい。

エントリーお待ちしております。
みんなで、大いに語り合いましょう。
[PR]
by uz-ni-chan | 2016-09-10 20:33 | Yoga

DGY 夏のスペシャルレッスン安城・梅森

皆さんこんにちは。
暑い夏・・・お元気ですか???
DGは熱い夏を過ごしております。(^_-)-☆

昨日(8月25日)はクリシュナ降誕の日。
そんな八月に行われたDG祭りは正にクリシュナが降りて来た日でした。
タイトル通りスペシャルな日。
そして、テーマは
「Extend your possibility!」

皆様の可能性・・・広がりましたか???

以下にFacebookの書き込みを少し紹介します。

安城・梅森、スペシャルレッスン、ご参加いただいた方、ありがとうございました。
いかがでしたか?
スペシャルレッスンは勉強会ともレギュラーレッスンとも、去年のスペシャルレッスンとも内容は全然違います。

いろいろと参加した人のみが分かるDG Yogaの幅広い自由さ、全てが関連している一貫性、そして奥深さ…

遅刻を注意する厳しさ、足の幅や向きを細かく徹底する繊細さ、ヨガ哲学から外れないようにと勉強する真面目さ、ハチャメチャに弾ける軽やかさ…
すべては同じ目的なんです。

その場をリスペクトして
「するべき事をする」
それががヨガなんです。

好き嫌いの尺度からは自由は訪れません。

本当の自由人を目指して!
世界の平和を祈って…



DGが願ってやまない「リスペクト」
それこそが、大げさでなく世界平和の鍵だと思います。

サッカー日本代表監督、ハリルホジッチ氏が金崎選手を落選させた理由も結局は、
「彼の態度は日本代表という立場をリスペクトしていない。」
と言い換える事が出来ると思います。
※知らない人は「こちら」をどうぞ。
「1年半、こんにちはしか言わない選手もいる。変わってほしい」
これも、いつもDG会で言っている、「声を発しよう!」と同じですね。
サッカー選手としてではなく、皆に憧れられる代表選手としての「ダルマ」。
立場が変わった時、自分のエゴを押し通す事を強さと勘違いしない事。
その立場や場所に最大限リスペクトする気持ちを持てば、自ずと答えは見えてきます。

話しが別分野に飛びましたが、脱線はしてませんよ。(^^;

今回は、最後に行った「バジャン」(バジャナ)。
ここで、皆様いろんな気付きがあったようです。

「最高に開放されて楽しかったです!」
「弾けている自分、それを冷静に見つめている(グラウンディング)している自分を感じました。」
などの意見がある中、
「もっと積極的に弾けちゃえば良かったと後悔してます。」
「周りを気にして声を出せない自分に気付きました。」
「意外に恥ずかしい自分がいました。」
などの意見もありました。
安城・梅森と両方参加され、しっかりとリベンジした方もみえました。(素晴らしい!!!)
もちろん、言わないだけで、
「つまらなかった。」
「嫌だった。」
などの感想もあるでしょう。
想定済みです。

その場に居合わせた時、楽しんでも瞬間、戸惑っても瞬間、ふてくされても瞬間。
誰にも平等な同じ時間。

ならば???

もう答えはお分かりですね。(^^)
この瞬間この場に居合わせたあなたのダルマは・・・
精一杯「弾けること!」

結果、それがあなたを幸せに導くのです。

でもノリきれなかった人も、心配しないでください。

「神々の神であるシュリー・ハリを讃える者、神聖な御名であるマハー・マントラを唱える者は、全ての耐え難い罪から解放される。」(パドマ・プラーナ)
と言われ、
インドのみならず、世界中でバジャンとして歌われるハレー・クリシュナ マハーマントラは他にも様々な力を持っています。
「このマントラを唱える者は誰でも、それが嫌々唱えられるものであっても、人生の究極の目的に到達する。この点について疑いはない。」(アグニ・プラーナ)

嫌々でも・・・ハリは寛大なんです。

そして・・・
「ハレー・クリシュナ・マントラの16の御名と32の音節が大声で唱えられるとき、クリシュナはその者の舌で踊り始める。」

どうですか???
クリシュナはあなたの舌で踊ってましたか???

幸せは自ら掴みに行くのですよ!!!

さあ、毎日をワクワクして過ごしましょう。

スペシャルレッスンの写真は「こちら」にアップしていますので、ご覧下さい。
バジャンの動画はFacebook「DGページ」でご覧いただけます。

では皆様、素敵な夏の後半をお過ごしくださいね。

c0072323_10573429.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2016-08-26 11:06 | Yoga

DGスマイル!!!ハートオープン スペシャルレッスン梅森

こんばんは。
かなり朝晩は涼しくなりましたね。
しかし、夏の疲れが出やすい時期です。
あと少し無理なく夏を乗り切りましょう。

そんな暑い夏の後半、DGスペシャルレッスン第二弾を日進市梅森でおこないました。
平日にもかかわらず、40名もの方々が集まり熱く楽しい時間を過ごす事ができました。

皆さんありがとうございました。

今回もその様子を実況中継風に・・・(^^;

c0072323_22441329.jpg

時間はたっぷり2時間30分、普段のレッスンでは時間の取れないプラーナヤーマや瞑想もたっぷり30分以上・・・


c0072323_22444136.jpg

集中力を高めます。


c0072323_2245094.jpg

一回ほっとして、さあ・・・

c0072323_2245282.jpg

はじまるでぇ!!!(なぜか関西風・・・実際は違います。。。(^^;)
いつも通りUZの誘導でエンジン始動!!!


c0072323_22465069.jpg

ランジ!


c0072323_22473374.jpg

ツイスト!


c0072323_22475798.jpg

基本のスタンディングで段々と美しく輝いて・・・


c0072323_2248245.jpg

Saori 「さあ、着いて来なさい!?」

c0072323_22484392.jpg

みんな 「はーい!!!ヽ(^o^)丿」


c0072323_22485711.jpg

UZ 「これでどうだ?!」

c0072323_22493319.jpg

みんな 「まだまだぁ・・・(-。-)y-゜゜゜」


c0072323_22495535.jpg

写真撮るよ!はいVVVVVVVピースVVVVVVV
いい笑顔だ!
さては、余裕だな???



c0072323_2315343.jpg

じゃ、まだまだいくでぇ!!!


c0072323_2341418.jpg

UZ 「これならどうだ!?」


c0072323_23414884.jpg

みんな 「がんばるもん!!!でも・・・」プルプル・・・(^^;
とまぁ・・・
自由に!創造性豊かに!!美しく!!!

※実際はこんなにスパルタじゃないです。(^^)


c0072323_23191285.jpg

さあ、仕上げはお馴染みの・・・ハートオープン♡
先ずはSaori先生によるデモから・・・
みんな 「ふむふむ」
Saori 「さあ、みなさんの番です!」



c0072323_2251834.jpg

ガンガン開きます!!!


c0072323_22512521.jpg

メンズもチャレンジ!!!


c0072323_23444449.jpg

もういっちょ!
フルオープン!!!



c0072323_22515986.jpg

c0072323_2252951.jpg

身も心も開きまくり、みんな最高の笑顔・笑顔・笑顔の花が咲きました。


一般のクラスではいろんなレベルの人が集まります。
集客を考え過ぎて、初心者優遇、万人向けのレッスンばかりの最近。
又は、上級者クラスはストイックになり過ぎで、

「ヨガって楽しい!!!」
って純粋に楽しめるレッスンが少ない気がします。

これからも、DGはヨガを愛し努力を惜しまない人の味方です。
気兼ねなく弾けられる場を今後も提供していく必要があるなぁ・・・
と今月の二回のスペシャルレッスンで再確認しました。


これからも座学・実技の両輪をバランスよく提供できるヨガを目指していきます。

今後のDGにご期待ください!!!

※写真は自由に流用してください。
Facebookの友達申請も気軽にして下さいね。(^_-)-☆

[PR]
by uz-ni-chan | 2015-08-27 23:48 | Yoga

その他のプロップスについて・・・

こんにちは。
またまた暑い日になりましたね。
今日も昨日からの続きです。

今日はプロップス・・・つまり小道具です。
アーサナを快適に過ごしたり、深める為なら何でも小道具になります。
しかし、ここでは良く見るものを紹介します。

c0072323_13561125.jpg


左から順に・・・
・ボルスター
・ブランケット
・坐布
・パイプイス

です。

こちらが、使用例です。
c0072323_13573749.jpg


一目瞭然ですね。
ブロックの時に代用出来ますと言ったものもあります。

スプタバッダコーナアーサナの様にベルトの時に紹介したアーサナと併用も出来ますね。

例えばブランケットを重ねて坐布の代わりにも出来るし、ブロックも同様です。
ボルスターもサイズさえ合えば同じ様に使えます。

この方法にはこれ!
と決まっている訳ではありません。
何でも使えます。
この他に、テーブル・壁・柱・棒・床・人間・ハンモック・・・

ん???

そう、今流行りのアクロヨガやハンモックにぶら下がるヨガもプロップスと言えばそうかもしれませんね。

皆様、新しい使い方を是非創造してみて下さいね。


来週はスペシャルレッスンです。
あと、1、2名入れます。
参加者募集中です。


詳しくは「こちら」をご覧下さい。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-08-18 14:09 | Yoga

ヨガブロッグについて・・・

昨日はベルトについて書きました。
今日はブロックについてです。

先ずは・・・
c0072323_19593550.jpg


ブロックの使用例です。
お尻の下に敷いたり、背中の下に敷いたり・・・
これならクッションでもいいですね。
場合によってはクッションやボルスターの方が良いものもあります。
しかし、ブロックの良いところは適度な硬さと安定性です。
別のもので代用できるかは目的によります。
簡単に解説します。

・左上
お尻の下に敷いて座る。
目的は背骨を楽に伸ばす・・・です。
直接床に座ると多くの場合骨盤が後傾し腰が丸くなります。
しかし、長時間座るにはお尻が痛くなるので、もし用意できるなら座布を使うと良いでしょう。

・中央上
これもお尻の下に敷く。
こちらの目的は膝の保護です。
膝を深く曲げると負担がかかる場合に有効です。
最近は一般にも正坐用の椅子がありますが、同じ要領です。
こちらも長時間座るならクッションがあった方がいいですね。

・右上
膝の下に挟む。
目的は股関節の開き過ぎや膝の保護です。
この姿勢で膝や股間節が痛む場合に有効です。

・中段
お尻の下に敷く。
目的は骨盤の固定と姿勢の安定です。
この姿勢は無理にお尻を床に着こうとすると身体が歪んでしまいます。
姿勢の安定が目的なのであまり柔らかいクッションでは代用にならないかもしれません。

・下段
背中の下に敷く。
目的は胸を開く・・・です。
クッションでも代用可ですが、ある程度の硬さがあった方が気持ち良いです。
頭が浮いたり、首が後屈し過ぎると逆に胸が開きづらいので、頭の下にもブロックを敷くか、
用意できるなら長いボルスターの方が良いでしょう。

とここまでは、クッションで代用出来そうな例ばかりでした。
しかしブロックの良い所は、用途が広い所です。

他にも・・・
c0072323_2027213.jpg


右の3つ
この目的は手の長さを補う・・・です。
インド人や西洋人と日本人は胴と手足の長さの比率が違います。
無理に手を床に着くと他の部分に負担がかかる事も多い様です。

勿論、体型は人それぞれです。
その他のプロップスにも言える事ですが、自分の事を良く知り活用すると、使わないよりも効果的だったり、場合によってはキツイ場合もあります。
プロップス使用=初心者用・軽減法ではありません。

この方法は、柔軟性が足りない場合にも活用できます。

・左上
頭を乗せる。
目的はリラックスです。
頭が乗せられればブロックの必要はありません。
座位の前屈で椅子を使ったり、ボルスターに身を預けたりも同じ目的です。

・左下
こんな方法もあります。
同じくバカアーサナで頭を乗せる方法もあります。
目的は完成の状態を体感する・・・です。

壁と併用すると・・・
c0072323_20392763.jpg


肩や腰が硬い場合、真っ直ぐに地面を押せません。
手を着く角度を変える事により、真っ直ぐ押し肘を伸ばす心地よさを味わえます。
※ブロックがずれない様に注意して下さい。

ブロックの活用法も無限大です。
自分の特徴を知ったら、それに合わせた自分だけの方法を考案するのもヨガの楽しみではないでしょうか?

自由な発想で楽しんで下さいね。

次回はその他の道具を紹介します。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-08-17 20:47 | Yoga

ヨガベルトについて・・・

こんにちは。
お盆休み最終日の方も多いのでは???
今日あたりはのんびりの方がほとんどでしょうか?

マットについてを書きましたが、それに対しての反応でプロップス(補助具)についての質問があったので、
基本的な使い方についてを書こうと思います。

今日はベルトについてです。

先ず、どの補助具も「無理やりアーサナをこなす為に使うのではない」という事を再確認下さい。

ベルトにしても、「足を引っ張るためにベルトをかける」になりがちですが、
そうではなく、より快適で安定した状態で本来の効果を引き出す為に使うのです。

例えば足先を掴む必要があるアーサナの場合、
少し強引に掴めば届くこともあるでしょう。
しかしあえてベルトを使う事により、その部位に無理な負担をかけない様にできます。
それだけでなく、無理に掴みにいく事によって乱れる他の部位の姿勢も、安定・快適におこなう事が可能になるのです。

では、数例をあげてみます。
c0072323_1111750.jpg


・左上
このブログにも度々登場している、腿裏のストレッチにお勧めの方法です。
手で足を掴むアーサナがありますが、無理に掴むと骨盤が後傾してしまい、
結果、あまりハムストリングス(腿裏の筋群)がストレッチされません。
ベルトを使っても同じです。
足を引っ張る方ばかり気にして、顎が上がっていたり、挙げていない側の膝が曲がってしまう(どちらも骨盤後傾の結果)とハムストリングスのストレッチ効果は薄れます。
姿勢を乱さない為にも、長めにベルトを掴む事、そして、腕に力みが入らない様に、腕はある程度伸ばして持てるようにベルトの掴みを調整する事が大切です。

・右上
ゴームカアーサナですね。
バインド(掴む)を必要とするアーサナでは、届かないと同じ効果は得られません。
掴まないで行うアレンジもありますが、別物と思った方が良いでしょう。
届かなくても同じバインド効果を味わうには、この様に使ってみると良いでしょう。

・左下
ドルフィンポーズやピンチャマユーラアーサナの練習用です。
この絵の様に輪っかをつくって安定感を出す為のサポートとして使う方法があります。
同じ系統では、ショルダースタンドなどでも使えますが、後ろ手にセットするので、一人でするには困難かもしれません。
これらは、肘が広がらない為のサポートですが、違う目的でも使えます。

先ほどと同様に輪っかを作ります。
そこに脚を通し、腿にかけてチェアーポーズでこの輪が緩まない様に外に広げる練習です。
こちらは、サポートではなく安定させる筋群の強化になります。

・右下
こちらは、ベルト二本使いです。
上段の応用です。
これなんかは見るからに、ヴィンヤサなどフロースタイルでは無理でしょうね。(^^;
プロップスを多様するのは、一つ一つのアーサナを深める為に使うと良いでしょう。

更にもう少し・・・
c0072323_11113219.jpg


・左
憧れのエーカパーダラージャカポタアーサナです。
無理やりの苦しそうな写真を良く見かけますが・・・
ベルトを活用して、よりエレガントにゆとりを持っておこなってみるのも良いものですよ。(^_-)-☆

・右
スプタパダングシュタアーサナの例。
先に示した様に足裏に引っ掛ける方法からそのまま開くのもありですが、それならタオルでも充分ですね。
勿論無理にヨガベルトを使う必要は有りませんが、長いベルトの利点を活用してみしょう。
端を輪っかにして足をかけ、長いベルトを身体の下を通し腕を伸ばした反対の手で握る。
より腕に負担をかけずにおこなう事が出来ますが、ベルトの取り回しには慣れが必要です。

ここいらで、ベルトの輪っかを作る方法です。
ベルトには、いろんな種類がありますが、Dリングがダブルでついているパターンが多い様です。
この形式は輪っかを広げる方向にベルトを引っ張る程しっかりと固定され、緩める時はDリングを反対に倒せば簡単に緩むので安全で便利です。
c0072323_11554879.jpg

こんなの知ってるよ!!!
と思う方は飛ばして下さい。
レッスンでやると必ず何名かは出来ないので・・・(^^;

1、まず2つのリングにベルトを通します。
2、その先端を折り返します。
3、手前のリングのみに通して、好みの輪の大きさをベルトで作り出来上がりです。


ではその輪っかを大きく使う例です。
c0072323_12133898.jpg

スプタバッダコーナアーサナ・・・
①大きな輪っかに身体を通し、腰にベルトを当てます。
②そして足先を引っ掛け、あしの甲にベルトを当てます。
③ちょうど良い長さにベルトを引っ張り調整します。
後でベルトの調整が必要です。
その為、引っ張りやすい位置・方向にDリングを用意する必要があります。
この場合、図の位置・向きにあると便利です。(もちろん反対側でもOKです。)

他にも・・・
c0072323_1225261.jpg

こんな使い方だってあります。

結局、決まりはないのです。
より快適に自身を広げていく為の工夫の一環として利用して下さい。

ただ、一人でやる時は安全を確保して下さいね。
スプタバッダコーナアーサナの様な使い方で、地震が来たら・・・
なんてよく思ってしまいます。(冗談です。(^^;)

近々、ブロックやボルスターなども紹介したいと思います。

お楽しみに・・・
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-08-16 12:12 | Yoga

マットの汗対策について・・・

こんばんは。
連日の更新です。
昨日マットについてアップしたらFacebookなどで反響がありました。
その中でもありましたが、汗による滑りに皆様苦労している様なので対策について、
自分の経験が皆様の役に立てばと思い続編です。


c0072323_2245077.jpg

絵を描いてみました。

上図に並ぶ六つのマットとタオルの配置をご覧下さい。(黒=マット・オレンジ=タオル)
汗をかく場所とそれぞれの対策です。

・左上
ハンドタオルを置く。

別にこれはマットの横に置いて、必要に応じて汗を拭く・・・でも構いませんが、
この位置に小さなハンドタオルを置いておくと、ダウンドッグで頭から滴り落ちる汗を気にせずに済みます。
ダウンドッグで目の前にタオルがあることになるので、ササッと汗を拭くのにも便利です。

・中央上
フェイスタオルを横に置く。

手に汗をかく人がダウンドッグで滑る場合に・・・
足は滑らないけど手に汗をかく人はこれで十分かもしれませんね。
フェイスタオルの手前にハンドタオルをT字に置くのも手かもしれません。

・右上
スポーツタオルを縦長に置く。

手足は滑らないけれど、うつ伏せや仰向けなどで汗がマットを濡らすのが気になる場合に有効です。
ヴィンヤサスタイルでジャンプスルー・バックを練習中の方は、
若干足が着いても滑る事で、足が引っかからずにやり易いという利点もあります。

・左下
バスタオルを置く。

手足は滑らない人、スタンディングでは必要無い人には丁度良い位置ですね。
立派なタオルラグを購入しなくても良いので結構おススメです。
バスタオルなら毎日洗濯してもすぐ乾きますしね。
更に中央下の様にアレンジするとジャンプスルー・バックでタオルの端に足を引っかける事もありません。
折ってもいいし、お値打ちタオルなら好きに切ってもいいし・・・
切るなんて高価なラグでは出来ませんよね。(^^;

・右下
これが、タオルラグ(スキッドレス)の敷き方です。

しかし手足が乾いていると滑る為、必要になるまで後で示すイメージ図の様に、中央に折りたたんでおく・・・
のがスタンダードな使い方ではないでしょうか?
手足が湿らないとタオル素材は滑る為、初めから霧吹きでタオルを湿らすという方法もありますが、
僕はやる気になりません・・・(^^;




そして・・・改めてその他の注意事項。

c0072323_2254713.jpg

上の絵はイメージ図ですが、
配置にあまり気を使わない方も多い様です。
考えてマットを敷かないと、途中で集中を邪魔する事になります。
いくつか注意点を述べておきます。

・マットの前には何も置かない事。
初めのうつ伏せで邪魔になり除ける事になります。
(真後ろも同様です。)

・ブロックやタオルは手に届く範囲に。
いざ必要な時にいちいち動く事にならない様に!
(図の辺りが良いでしょう。)

・ドリンクも近くに用意します。
これもブロックと同じ理由です。
またドリンクはこぼれない容器を準備しましょう。
蹴飛ばしてこぼしたら大変です。
(インストラクターも蹴飛ばす可能性大です。)

それ以外にも・・・

・眼鏡や時計、アクセサリーなどは近くに置くならハードケースに入れましょう。
(破損や紛失以外にも踏みつけると怪我の原因になります。)

・鞄などの私物は近くに置かな事。
どうしても置く必要があるなら、携帯電話の電源を切る事。
(音を消しても、直接床に置くとバイブが響いて周りに迷惑です。置き方に注意して下さい。)

更に・・・

・壁からは少し離してマットを敷きましょう。
空中ではマットから手足がはみ出る事が思ったより多いものです。
また、スタジオではインストラクターが通れる余裕を作っておく事も必要です。


これらの注意点は、自分が集中する為の方法ではありますが、周りへの気遣いでもあります。

自分の家なら自分が良ければいいですが、汗を気にせずマットの外に飛び散らせたり、レンタルマットを汗で思いっきり濡らしたりするのはマナー違反だと言わざるを得ません。

ヨガは自身を学ぶ練習です。
ヨガの考えで言うなら、自身はそのまま世界です。
自身に向かう方法は周りに対する方法でもあります。


向かうべき方向に向かっているのであれば、
自身に対する気遣いが周りに対する気遣いにもなっているはずです。


それは、道具に対しても同じです。
滑る・・・クッション性が・・・
と言う方、マットの保管方法に愛情を注いでいますか???


使った後、高温の車の中や日向に置きっぱなし・・・
なんて事の無い様に。(^_-)-☆

周りに求める前に、自身に求めましょう。

8月25日、梅森スペシャルレッスン、あと若干名、追加募集です。
詳しくは「こちら」をご覧下さいね。
お待ちしております。

c0072323_22164381.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2015-08-14 22:27 | Yoga

ヨガマットについて・・・

こんにちは。
久々の雨ですね。
少しは涼しくなると良いですね。

今日はヨガマットについてです。

最近、ヨガマット購入のアドバイスをする事が何件かあったので、ここでまとめたいと思います。

ヨガマットはヨガに取り組む時に拘る事が出来る数少ないアイテムであり、相棒でもあります。

僕の経験を踏まえてお話ししますね。

多くの方がヨガを始める時、スタジオのレンタルマットかホームセンターなどの格安マット(ビニール系)で済ます事が多いのではないでしょうか???

もちろんそれで満足ならそのまま続けてもいいでしょう。

しかし、他のマットを知らないとしたら、やり難い状態で
「ヨガってこんなもの・・・」
と思ってしまっている可能性大です。
慣れてきたら是非興味を持ってみて下さいね。

マットに対しての不満で多いのは、
「滑る」「クッション性が足りなくて痛い」
の二つではないでしょうか???
その他には、
「練習中にめくれる」「巻き癖がついてしまう」
「持ち運びが重い」「匂いが気になる」

くらいでしょうか???
「デザインが気に入るものがない」
などももしかしたら入るかもしれませんね。

これらの不満の解消法を順を追って説明しますね。
ただ、使用目的が限られていなければ、「一つで完璧」なマットは無いかもしれません。
本当にヨガが好きならば、使用目的に合わせて数本持っていてもいいと思います。

では、解説します。
少数派から解説しますね。


・デザインが気に入らない
これは、もう諦めるか、自分で作る?!しかないでしょう。
初心者のうち女性は特に、「可愛い色やデザインのマットが欲しい!」
と思う事が多いようですが(悪い事ではないですよ!)ヨガに集中する様になると、気にならなくなります。
もしくは、シンプルの方がより集中しやすい事に気付くと思います。
拘りのマットほど、シンプルなデザインになっていくのは、偶然ではないのです。
ウェアや小物などでオシャレを楽しんで下さい。(^_-)-☆

・匂いが気になる
これは、ゴム系のマットで多い意見です。
材質的に仕方がないですが、スプレーなど匂い対策グッズがありますので、利用してみてはいかがでしょうか???
他にも汗が染み込んだまま巻いてしまうと良くないかもしれません。
練習後に拭くだけでなく、タオルやラグなどを使用し、マットに大量に汗を落とさないのも大切です。
汗をかいて仰向けになる時、バスタオルを敷くなど、レンタルマットでも気を使いたいマナーです。

・持ち運びが重い
これは、選択のミスチョイスです。
持ち運びを主にするなら、スポンジ系素材のマット、薄いマットを選ぶと良いでしょう。
しかし、軽さはそのままデメリットになります。

・巻き癖がつく
先ほど紹介したスポンジ系の軽いマットほど気になるようです。
これに対してゴム系のマットは殆ど気になりません。
素材的に巻き癖がつきやすいマットは、時々巻き方を反対にしたり、高温の場所で保管し無い様に注意してみて下さい。

・練習中にめくれる
これも、軽いマットほどなりやすい問題です。
同じくスポンジ系のマットは力を加えるとマットが伸びる傾向もあります。
重いマットなら、上記の巻き癖と共にあまり気にならない話題です。

さて、そして多くの人が気になる問題に進みます。

・クッション性の悪さ
これは、基本は分厚いマットを選択すれば良いでしょう。
しかし、材質によっては薄くても柔らかいもの、厚くても固いものもあるので材質に注意です。
寝る・座るだけなら思い切ってストレッチマットやピラティスマットを選択するのもありですが、
厚くなれば巻きも太くなり重くなる事も忘れないで下さい。
スポンジ系のマットは薄くてもクッション性が良い傾向です。

・滑る!!!
スタンディングポーズを行う時に滑る様では、心地よさ集中の両方に影響するだけでなく危険ですらあります。
ホームセンターなどで売っている格安マット(ビニール系)は殆どの方に滑るようです。

体験が終わって少し慣れたら早速マットの購入を考えましょう。

同じビニール系でも、ヨガブランドのマットであれば、ホームセンターのマットと比べて滑りにくいようですし、破棄する時の環境に与える影響も考えられているものが多いので安心です。

しかし、この滑る!!!という感覚は、マットだけでなく、本人の肌質や汗のかき方にかなり影響されます。
その為、人の感想はあまり当てになりません。

スタジオに通い慣れてきて、気になるマットを使っている人がいたら、思い切って声を掛けて触らせてもらいましょう。
手足に汗を沢山かく人は、残念ながらどのマットでも滑ります。
そんな場合はマットの上に敷くタオルラグ(スキッドレス)などを使う方法があります。
手だけ汗をかく人はダウンドッグなどで手の場所だけタオルを敷くのも良いですよ。

では単純にグリップの良いマットを選べば良いか?と言うとそうでもありません。
滑る理由は先ほども書きましたが、マット以外にもあります。
ただただ力を込めたアーサナでは滑りやすくなります。
ある程度の滑りであれば、滑らない方法を身体で学ぶのも大切です。

マットをケチっていては上達はおぼつきません。
ヨガを愛するなら、用途に合わせて何本かあっても良いと思いますよ。(^_-)-☆
使わなくなったマットは台所マットにでも使ってください。
冬のホットカーペットの下に敷くのも、滑り止め・保温・クッションになっておススメ!
いろんな形に切り取って、子供用マットにするとか?!
ピクニックに持っていくとか、再利用方法も無限大です。

と、ここまで書いておき一言・・・
更に慣れると、割とどんなマットでもこなせる様にはなります・・・

でも、より集中したいなら条件を整える努力は必要です。

下は参考写真です。

スポンジ系の例(とにかく軽い!!!がヨレヨレ感が見えますね・・・)
https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSE4BZS0wR57irKvRPmDmHK2rrYySapZdbXXTRrrYNQhKjXd6YtWg

特殊素材の例(これも使用感はスポンジ系に近い印象、スポンジ系改良版?劣化しやすいので保管に注意)
http://toolatesports.com/top/news/img57503567.jpg

ゴム系の例(グリップ抜群・匂いに注意・天然ゴムならアレルギーの心配無し・重い)
http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/glv_jyo-91

ビニール系の例(手軽・無難・ファーストマットにお勧め・一本持ってても良いかも)
http://zigsow.jp/img.php?filename=zigsow_own_item_172952_1_1327236301.jpg&w=480&h=480&a=a

ピラティスマットの例(昼寝やマッサージの時にも使えるかも?僕は持ってません・・・)
http://www.yogaworks.jp/upload/save_image/a150c014.jpg

混合素材の例①(重いので置きマットに・・・DGおすすめ!一家に一枚!)
http://ecx.images-amazon.com/images/I/31D%2BTNEt0RL.jpg

混合素材の例②(しっかり感を持ち運びたい方!サイズ大き目、こちらもDGおすすめ)
http://www.yogaworks.jp/upload/save_image/a105.jpg

①②の厚さの比較
http://image.rakuten.co.jp/yogapiece/cabinet/page/yogaworks/yw51122-compare.jpg

タオルラグ(汗をかく季節や、汗で滑る方・・・マットの上に敷くもの)
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/puravida/cabinet/itm12/401101054-itm02.jpg

ヨガラグ(こんなのも・・・カーペットの上なら直接敷けます)
http://www.huggermugger.jp/sw_shop/mats/img/600/cotton_rug1.jpg

良かったら参考にして下さい。

※内容は個人的な感想です。商品を誹謗中傷するものではありませんのであしからず・・・
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-08-13 12:28 | Yoga

スペシャルレッスン第一弾!@安城

毎日暑いですね。
皆様お元気ですか?

今日はDG夏休みスペシャルレッスンの第一弾でした。

いつもは座学が中心の勉強会を繰り広げていますが、今日はレッスン!
それもスペシャルに二時間半!!!

先ずはSaori先生のお話し。
c0072323_2020145.jpg


そして・・・
c0072323_2021062.jpg

2人一組で・・・
これで気分が上がりましたね。(^_-)-☆(まだ梅森があるので詳細は内緒です。)

さあ、始めよう!!!
c0072323_20235210.jpg
先ずはUZの誘導で盛り上がり・・・(今日はアシスタントです。)

c0072323_20251067.jpg
メインのSaori登場!!!

c0072323_20264031.jpg
スコーピオン!

c0072323_20272649.jpg
DGと言えばこれ!
チェアーポーズでも笑顔!素敵です。(^_-)-☆

c0072323_20284947.jpg
ガンガン行きます!

c0072323_20292250.jpg
美しい!!!

c0072323_20302570.jpg
男性も参加!!!(どんどん来てください)

c0072323_20315579.jpg
Saori先生のデモ!!!ヒュー!

ちょっとした変化で苦手と思っていたバックベンドが、今日好きになった人、沢山いましたね。
それこそがアーサナの醍醐味。
チェストオープン!ハートオープン!!!

アーサナ以外にもいろいろ(内緒(^_-)-☆)のスペシャルレッスンでした!

最後に、みんなでパチリ!(写真は自由に使ってください。)
c0072323_20355218.jpg

c0072323_20361687.jpg
みんなハートが開いたいい笑顔(^^)(^^)(^^)


楽しかったですね。
暑い中、皆様ありがとうございました。

さあ、次は梅森です。
梅森は参加者倍増です!
ダブルエントリーの方!
更に盛り上がりましょう!!!

[PR]
by uz-ni-chan | 2015-08-07 20:43 | Yoga