<   2015年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Asana Series 16

Parsvottanasana (パールシュヴォータナアーサナ)
Side stretched out pose

DGオリジナル ランジヴァージョン


あなたが歩みを進める道…

地図を広げて行きたい場所を確認する。

場所が見つかったら迷わずチケットを手に入れましょう!

その瞬間に新しいあなたと出逢えるはず…

旅のプランはあなた次第でどんな風にもなる。

地に足を着ける。

そして縛りを解いて…

あなたにちょうど良いペースで目標に向かい歩き始めましょう。

初めの一歩を踏み出して、ハートを開いて問いかけながら…

決して焦らない。

諦めない。

今を大切にまた一歩先へ、大丈夫… また一歩、また一歩と…

Parsvottanasana


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_1852332.jpg

c0072323_18531246.jpg


DGでは後ろ足の踵を挙げたランジの状態からこのポーズに入ります。

出来るだけ骨盤を真っ直ぐに保ち、背中を伸ばしたまま膝を伸ばす努力をします。
しかし、膝を伸ばそうとすればするほど、背中は丸くなろうとします。
自分の意思とは裏腹に、身体は言う事を聞いてくれません。
前屈に入っても、背中は出来るだけ伸ばしましょう。

癖が出やすいポーズです。
お尻を横に逃がしたり、骨盤の片側が下がったり・・・

性格も出ます。
背中が丸くなっている事を気付かず、もしくは気にせず、膝を伸ばす事や前屈する事に執着したり・・・
力づくで押し込んだり、すぐに諦めたり・・・

ハムストリングスと言われる腿裏の筋肉は非常に長い筋肉で膝と股関節の両方を跨ぎます。
つまり、膝の伸ばし具合が骨盤の角度に影響を与えているのですが、それがよく解るポーズでもあります。

現代の生活では硬くなりやすい場所でもあり、悪姿勢や腰痛の原因になっていたりもします。

何年もかけて出来た今の自分の身体です。
一回のレッスンで頑張ろうとせず、何年もかけて伸ばしてあげて下さいね。

「焦らず、諦めず」です。

「身体と会話して・・・」
いつもレッスンで言いますね。
それをするのに最適なポーズの一つかもしれません。

前屈が苦手な方には、キツイですがお勧めのポーズです。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-28 19:07 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 15

Trikonasana (トゥリコーナアーサナ)
Triangle pose (トライアングルポーズ)
三角のポーズ


空を見上げると何かが違う…

何が違うのでしょう?

大地から根を張り安定感を覚えたら、次は何を感じよう?

ここまでのプロセスがヒントを与えてくれるかもしれない。

同じ風景も見方によれば、違う景色に見える…

今のあなたにはどんな風に見えますか?

感じますか?

Opening heart

手を伸ばしたい!

あなたが探し求めて続けている何かに近づきたい!

Opening mind & body

Trikonasana


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_11291411.jpg

c0072323_11292880.jpg


この絵のポーズは現代版トリコーナアーサナです。
昔のトリコーナアーサナは開いた両足のつま先は前に向けたまま、大の字をつくり横に倒すだけでした。
すると、骨盤は殆ど動きません。
ほぼ、体側を伸ばすポーズになります。

倒す側の足を横に向けると大腿骨の向きが変わります。
すると骨盤と大転子(お尻の横)に倒すスペースが出来る為、大きく倒せるのです。

しかし、股関節の外旋が苦手な人には逆に難しいポーズとなる可能性もあります。

両足正面より安定感も損なわれます。

このモディファイはアイアンガー先生によるものと言われますが、決してこの形のみが正解ではないという事が、上記のメリット・デメリットを見ると解りますね。

注意点としては、倒す側の膝をロックしない様に練習する事です。

大きく広がる気持ち良さを是非味わってください。

因みに△には、いろんな意味があります。(^_-)-☆
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-27 11:37 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 14

Viparita Virabhadrasana (ヴィパリタヴィラバドラアーサナ)
Reverse warrior 2 pose (リヴァースウォリアー2)
Goddess (女神のポーズ)



あなたの立っている場所はどこ?
と、大地が話しかけてくれる。

あなたはどこへ向かいたいの?
と、風が話しかける。

もうすぐ雨が降り出すからね。
と、雲が教えてくれる。

その雨があなたをそのまま洗い流す…

すると太陽があなたに話しかける。
暖かい火を受け止めてごらんなさい。

何を感じる?

再び風が問う。
委ねてみて…

どこまであなたを連れて行こうか…

空が見守る中、大地が支えてくれるから。

あなたを信じて…

また一歩また一歩と歩みを進めてみたい。

Open your heart....
Viparita Virabhadrasana
Goddess


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_23292535.jpg


ウォーリアⅡから連続で行う事が多いポーズですね。

足場を安定させたら心地よく体側を伸ばしてみましょう。
この時、上半身の上向きの力と下半身の下向きの力を感じてみましょう。

慣れてきたら、腕を伸ばす方向、手の向き、胸の向きなどを変えるとヴァリエーションは無現に現れます。

身体の中を流れるラインを自在にスイッチしながら楽しんでみましょうね。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-26 23:35 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 13

Virabhadrasana 2 (ヴィラバドラアーサナ2)
Warrior 2 pose (ウォリアー2)
英雄(戦士)のポーズ2


あなたの存在を意味すること…

なぜ、生きているの?

あなた自身のするべきことを探すため?

あなたが探す何かを見つける旅はまだまだ先へと続く。

道の途中で雨上がりの風の匂いに気づく…

太陽が顔を出しあなたに光りを注いでくれる。

存在が自然界と一体になり、何かを求められている気がする…

また新たな旅立ちのとき… この瞬間が来た。

迷っている時間はない…

さあ、「今」という風を切って…

Virabhadrasana


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_15534454.jpg


このポーズでは、ランジの時に練習した、脛垂直・つま先と膝の向きをそろえる・・・
を更に洗練させる練習が出来ます。

特に女性は骨格的に、つま先に対して膝が内側に倒れる傾向が強い方が多いのですが、
それを放っておくと膝を痛める原因となります。
歳を重ね、男性に比べ女性の方が圧倒的に膝痛が多いのは、この特性も大きな原因の一つです。

後ろの足の位置を移動させてもいいので、膝の方向とつま先の方向を合わせる練習をし、無意識でもそうなる様に、足裏・そして股関節を活性化させましょう。

安定した足場を作り、弓を引いて狙いを定める英雄(戦士)の様に堂々をした自分を創造してみて下さいね。

このスタンスは、横向きのスタンディングポーズの基礎を作る練習にもなります。
このスタンスのまま、上半身を自由に動かしてみるのも良い練習だと思います。

是非繰り返しの練習を!!!
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-23 16:03 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 12

Utthita parsvakonasana(ウティッタ パルスヴァコナアーサナ)
Extended side angle pose(エクステンディッドゥ サイドアングルポーズ)
角度のポーズ


そろそろあなた自身がより輝く瞬間を味わうとき…

過去を振り返るのもいい。

未来に想いを馳せるのもいい…

大地にしっかりと足を馴染ませる。

するとあなたの願いが力強く解き放たれてゆく。

美しい呼吸から美しい姿勢。

さっきまで、過去を振り返ってみたり、明日の未来にエネルギーを向けていたことがすっかり消えている…

今を生きているから…

この瞬間の美をあなたが感じているから…

Utthita parsvakonasana


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_19262047.jpg


このポーズはどんな目的でしますか???

勉強会でも皆さんに質問しましたね。(^_-)-☆

ストレッチですか?
筋トレですか??

そんな目的なら他にもっと効率の良い方法が有りそうですね。

ヨガのポーズにはそんなものが沢山あります。

では、何故するのか???

ヨガをする為です。

ではヨガって何ですか???????????



股関節が詰まる人が多いポーズです。
そんな時は、上体を云々・・・、足の踏み方を云々・・・、ブロックを使って云々・・・
と試行錯誤してみるのも楽しいかもしれませんね。

ヨガは、結果ではなくプロセスの中にあります。
そんな事を気付かせてくれるポーズかもしれませんね。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-22 19:37 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 11

One leg up downward facing dog to Scorpion
ワンレッグ アップ ダウンワードフェイシングドッグからスコーピオン


たくさんの太陽の光りを浴びてエネルギーが満ちてゆく…

あなたが望んで歩みを進めて来たあなただけの旅。

今、何を思い、何に祈りを捧げるのでしょう。

月は優しい笑みであなたを見守る…

あなたが自信を持ち始めハートが暖かくなる。

今なら少しハメを外しても大丈夫…

そんな気持ちになれる強さとしなやかさを身につけたようです…

One leg up downward facing dog to scorpion


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_21192594.jpg

c0072323_21194631.jpg

c0072323_2120846.jpg

c0072323_21202943.jpg


片足ダウンドッグではいろんな事が学べます。
ただ足を挙げて我慢するだけなんてもったいないポーズです。

レッスンではよくやりますが、例えば、
「お尻を動かさずに片足を挙げる」(一番初めの絵のパターン)
自分の骨盤の状態や、脚の動きが骨盤に与える影響を知ることが出来ます。
骨盤を動かさない様に片足を挙げるにはコアのコントロールが大切です。

「自由に足を挙げる」(二枚目・三枚目の絵のパターン)
自由に足を挙げて!と言ってもなかなか動かない人が多い様です。
股関節は人体の中では肩に次いで可動域が大きい関節です。
自由に挙げるとなると、かなりいろんな方向に足を伸ばせるはずです。
頭を柔らかくして、脚を振り回してみましょう。(もちろんゆっくり慎重に、隣の人を蹴飛ばさないように・・・)

そして、
「スコーピオン」(四枚目の絵のパターン)
スコーピオンはサソリの事です。
思い切って挙げた脚の膝を折り曲げます。
身体の前のラインが全て伸びたような姿勢になります。
挙げた足がサソリの尻尾・・・毒をもった尻尾です。
前に居る相手にその尻尾を向けたサソリの様に力強くポーズを作ったら、
いつでも攻撃出来る様にその尻尾を揺らしてみてもいいかもしれませんね。

別々に練習してもいいし、連続してもいいですね。
コア・股関節など骨盤周りのトレーニングにもなります。

しなやかに自由に楽しんでみて下さい。

DGでは「このポーズはこんな効果がありますよ!」と言うのはあまり好みませんが、
このポーズは、ヒップアップに良いかもしれませんよ?!(^_-)-☆
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-20 21:38 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 10

番外編

Jump back to Chaturanga dandasana
Four-limbed staff pose
ジャンプバックtoチャトゥランガダンダアーサナ


何事もそう…

止めどなく続く小さな始まりから小さな終わりまでのsequenceシークエンス。

春が来て夏、秋、冬が来る。

そしてまた春がやって来る…

朝が来て昼、夜が来る。

そしてまた朝がやって来る…

その繋ぎ目である呼吸。

あなたが常にあなたであるためにする呼吸。

静かに。

スムースに。

時には活動的に。

しかしいつも変わらない静寂に包まれていく…

気付きを促すためのsequenceシークエンスを丁寧に過ごしたい…

Jump Back to Chaturanga dandasana


c0072323_22134036.jpg


ジャンプバック・・・
ヴィンヤサヨガ、パワーヨガなどでは、太陽礼拝と言われるシークエンスの中で両足を空中に浮かせるジャンプが度々訪れます。
もちろんジャンプをしなくても、片足づつ順番に動かす方法もまります。

しかし、慣れてきたら是非チャレンジしてもらいたい動きでもあります。
ジャンプと言うと高く飛び上がると思いがちですが、この動きはいかに低空飛行をするかがポイントです。

自分の重心を探り、その重心を移動させつつコントロールすると、驚くほどスローモーションでフワッと身体が浮き上がる様な感じ、無重力感を味わえます。

重力を無視した様な動き・・・と、よく言われますが、実は重力を最大限利用した動きなのです。

重力は地球の力。
その力を上手に活用する動きを極めるのは、自然と仲良くすること。
決して力で対抗せず、調和すること。

調和する・・・正にヨガですね。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-19 22:24 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 9

Lunge pose 2(ランジポーズ2)
ハイランジ


何かが目覚めていく瞬間を感じられる心地良さ。

地に足を着けているからこそ与えられるもの…

今、あなたはどこにいますか?

あなた自身の存在を知っていますか?

Heart open
Opening heart

空に両手を伸ばしてみる。

太陽が微笑んでくれる。

風が笑みをくれる。

自然が与えてくれる感覚に手を伸ばす…

暖かく微笑んだあなた自身の存在に気づく…

しなやかに、思いやりを持って… 美しく輝きたい。

Lunge pose


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_16541833.jpg


ヴィラバッドラアーサナⅠにもアンジャネーヤアーサナにも似たこのアーサナも、ハッキリしたサンスクリット名がありません。
しかし、ローランジで足の使い方を学んでいれば、バランスよく気持ちよく伸びる事ができます。

前後の脚を上手に使い、力を骨盤に集めて、また全身に分散する。
そんなEnergyの流れを感じるポーズです。

ローランジから起き上がる時気を付ける事は、腰(腰椎)の反りだけで起き上がらない事。
骨盤ごと起こし背骨の負担をへらします。
しかし、後ろ脚の股関節の伸展をし過ぎるのも、元々股関節のはまりが浅いと言われる日本人の女性の場合は気を付ける必要があります。

骨盤を介して上半身と下半身の結びつきやバランスを学ぶには絶好のポーズです。
脚力をつけ、脚の筋肉の使い方も学べます。
美脚ポーズです。(^_-)-☆

リラックスした上半身は安定した脚から・・・

下半身が安定すれば、上半身はいろんな動きが出来ますよ!

こんな風に↓↓↓自由に楽しんでみて下さい。
c0072323_16544220.jpg

[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-18 16:12 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 8

Lunge pose(ランジ)

これから始まる新たな瞬間がやってきた!

あなたの奥深い場所を刺激するような心躍る感覚。

一歩踏み出す勇気はこれまであなた自身が自分を信じて進んできた道のりがあってこそ。

あなたがあなたであるという、存在を認め始めた証し。

安定したエネルギーは徐々に大地に浸透していく。

そこから小さな始まりが与えられる。

創造性あるスタートをじっくりと味わいましょう!

Lunge pose


(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_2293028.jpg


このポーズはヨガのアーサナでしょうか???
サンスクリット語でのアーサナ名もハッキリしません。

アンジャネーヤアーサナの手前の様な、ヴィラバッドラアーサナの手前の様な・・・
この絵の様に手を着いたものを「ローランジ」と言ったり、手を挙げたものを「ハイランジ」と言ったり・・・
筋トレの種目としても登場する言葉です。

筋トレでは下半身を鍛える種目です。
ヨガでも同じ効果はあるでしょう。

ヨガのポーズとしてはハッキリした立場がないこのポーズですが、
DGではランジポーズはチェアーポーズに次ぐ重要なポーズに位置付けています。

足を前後に開いたスプリットスタンスのこの姿勢は、多くのスタンディングポーズの基礎を作ります。
骨盤の向きを意識したり、修正したり、力を集めたり、分散したり・・・
いろんな事を学べます。

特に、力の向きを体の中に感じ、バランスを取ったり、力を発揮したり、リラックスする練習には最適です。

力の向き・・・
言い方を変えるとEnergyの向き。
目に見えないプラーナを感じる準備にもなるかもしれませんね。

身体活動と言うとどうしても、いかに筋力を出すか・・・いかに体力をつけるか・・・となりがちですが、
ヨガのポーズでは、どちらかというと、
力の向きを調節し最大限効率よくそのポーズを保つか、
重力や呼吸の力をいかに邪魔せず静かに保つか、
に意識を向けると良いのでは???
と思います。

同じ動きをするなら、出来るだけEnergyを使わない。
つまり、自然の力の邪魔をしない。

そんな動きをランジポーズは教えてくれます。

プラーナの通りの良い身体は効率の良い身体です。

効率の良い身体は美しい身体です。

Beauty is Right!!!

DG Yogaの哲学の一つです。


三河地方の方!
安城勉強会、後若干名受付中です。
エントリーお待ちしております。

詳しくは「こちら」をご覧下さい。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-16 22:35 | DG Yoga Asana Series

Asana Series 7

Adho mukha svanasana(アド ムカ スヴァナアーサナ)
Downward facing dog pose
下を向いた犬のポーズ


ここまで歩いてきた道。

自らが選んで進んで来た道のり。

空を仰いだり、太陽の光を感じたり、雨や雪に降られたり・・・

いつか見た景色だと感じつつも何処か新鮮な気持ちになれる。

それはあなた自身の足で大地を踏みしめているから・・・

道のりが遠くても近くてもどんな風に歩みを進めても、いつもの居場所がちゃんと在る。

それが、あなただから・・・

両手を大地に広げ命を知る。

両足を大地に根付かせ命の導きを知る。

そそて確認する。

あなた自身が此処に在ることを・・・

Adho mukha svanasava

(Facebook DG Yoga ページより)

c0072323_20431835.jpg

c0072323_20434128.jpg


通称はダウンドッグもしくはドッグポーズです。

犬が背伸びをする様に気持ちよく背すじを伸ばすポーズですが、腿裏の柔軟性が低いと、
背中が丸くなったり、前重心になり腕や肩が疲れてしまいます。

そんな時は、少し踵を上げつつ膝を曲げ、チェアーポーズ(ここでも出ました!さすがキング!!)
の様に脚の付け根を引き込むと上半身が伸びます。

膝を伸ばしたり踵を床に着ける事より、上半身の伸びを作り出す練習をすると良いでしょう。
何たって背伸びのポーズですから・・・

脚の付け根の引き込みにより骨盤の角度を調整すると肩を安定させられます。

このダウンドッグはハンドスタンドやブリッジの手や腕・肩の使い方の練習にもなります。

頭が下がるため、呼吸器にも普段と逆に重力がかかります。
この感覚が呼吸筋を鍛えたり、リラックスさせる効果があります。

ウジャイ呼吸と共に練習すると効果絶大です。

ヴィンヤサヨガやパワーヨガでは頻繁に登場するこのポーズ。
リラックスしてこなせる様に練習したいものです。

肩凝りの予防にもよいポーズと言えます。

[PR]
by uz-ni-chan | 2015-02-15 20:59 | DG Yoga Asana Series