<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

姿勢について2

先回に引続き、姿勢について書いてみようかと、思います。
先日の内容をもう少し具体的にしてみます。

しかし、毎回お伝えしている様に、これが正しい姿勢ではないですからね!

正しい姿勢なんて無い!
というのが僕の見解です。

目指せ自由な姿勢!


先ずは図をご覧下さい。
図1
先回の2人のモデルを簡素化して、さらに特徴が出る様にハイヒールを履かせて描いてみました。
赤いラインが姿勢の特徴です。
c0072323_13365236.jpg


図2
踵を挙げるとその方向がそのまま黒矢印の様に伝わります。
c0072323_13391192.jpg

姿勢によって方向が違うのが解りますね。
左のモデルは、尾骨を上げる(骨盤前傾)方向に、
右のモデルは恥骨を上げる(骨盤後傾)方向です。

すると、骨盤から上には黄色矢印の様な力の流れが出来上がります。

図3
これを方向で示すと・・・
c0072323_13422693.jpg

部位の動きの説明は割愛しますが、
左のモデルは下から辿っていくと最後は上向きの矢印になります。
上向きの矢印には反力で下向きに矢印が向くので、骨盤を境に下半身は下向きに伸びる事になります。
それに対して、右のモデルは何となく前後に分散して終わる感じです。

左モデルは意思がハッキリした印象、右モデルはゆらゆらした癒し系でしょうか・・・(^^;
どちらでも、いいんですよ!!!
善悪で決めないで下さいね。


図4
題名は「改善方向」とありますが、この傾向が酷くて気になる場合のみです。
気にしないで下さい。
c0072323_13481171.jpg

先ず、左モデル。
割と、西洋人に多い体型です。
骨盤が前傾過ぎで、問題が出る事が多い様です。
下半身は骨盤が前傾し過ぎると股関節が内旋しやすくなります。
反張膝と相まってエックス脚の傾向が強まります。
上半身は骨盤前傾が過ぎる事により、肋骨下部が飛びし広がります。
コアが弱いと同時に腰の過伸展にも繋がります。
ヒールを履くとこの傾向が強まります。

対策は赤色矢印の動きです。
まず、尾骨を少し下げる。
※具体的に動かなくてもいいです。流れていく方向(図2)と反対向きに力を加えるのです。
肋骨の下部を手前に引く。
※これは骨盤の動きに合わせて「なる」感じに近いかも。
膝も「なる」のですが、反張膝やエックス脚が気になるようなら矢印の向きを意識的にする。

ん?ん?ん?
なんか、聞いたことある注意点。
何も知らずに指導していた人も多いのでは???
もしかしたら、欧米人向けかもしれませんね。

では、右モデル。
前日も書きましたが、日本人に多いパターン。
腰痛や肩凝り、悪姿勢が気になる方が多いようです。
尾骨が下がり、腿が前に変位・・・
は先回説明しましたが、ヒールを履くとその傾向は強くなります。

で、対策は・・・(赤矢印)
先ず尾骨を立てつつ股関節を後ろに引きます。(腿を引く感じでよい)
膝が反対に曲がり過ぎない様に注意しましょう。
尾骨を引き上げた力を、胸の中心を斜め上に引き上げる力へと変換します。
そのうえ向きの力を肩を後ろに回転するように向け変えます。

腿と骨盤の角度がポイントです。

上手くいくと、腰痛・肩凝り解消です。

この赤矢印の向き、ウォーキングのコツにそのまま活用出来ます。
手足を前に降りだしたり、後ろの足で地面を蹴るのではなく、
尾骨を立てながら軸足の腿を後ろに引く!
そして、その反対の腕・肩も後ろに引くのです。
ハイヒールでも美しく歩けるはずです・・・
(はず!と書いたのは僕にはハイヒールの経験が無いからです。(^^;)

これらの、事はヨガのアーサナをしながら学べます。
しかし、何となくやっていては、癖は治るどころか深まります。
全てにおいて意識的にやってみて下さい。

最後に・・・
柔軟性は人それぞれです。
ここでは、同じ型を真似するのではなく、力の方向を真似する事が大切です。

既に目で見える事に新たな気付きはありません。
真似をするなら、その人の目に見えないプロセスや心意気、哲学を真似してみて下さいね。

エクササイズの方法は以前このブログで連載しました。
「こちら」を参照ください。(ここから30回程の連載です。)

さて、八月のスペシャルレッスン、梅森会場は定員が近づいてきました。
迷っている方はお早目に!
詳しくは「こちら」をご覧下さい。
メールの返信が無い方は、ご自分のアドレスを確認の上再度メールをして下さい。
24時間以内に必ず返信しております。(アドレス間違いで届かない方がいらっしゃいます。)

安城会場は託児もありますよ!!!
お待ちしております!

[PR]
by uz-ni-chan | 2015-06-29 14:30 | 姿勢について

姿勢について

c0072323_1124378.jpg


こんなの作ってみました。

別にどちらが「正しい姿勢」と言う気は全くありません。
どちらが美しいか?!も個人の価値観であり美的センスですから・・・

がしかし、最近は悪姿勢についての問題をよく耳にします。

子どもの腰痛・肩こり、なんて話しも!?

ゲームやスマホの影響???
運動不足???
教育???

全てかもしれませんね。

時代のせいにするのは簡単かもしれませんが、
親世代の姿勢もお世辞にも良いとはいえません。

もうかなり前から、
「日本人は世界一歩き方が汚い。」
「海外で姿勢の悪い東洋人は日本人と思って間違いない。」
なんて言われてまして、
フィットネス業界にいた時から、問題だと思ってました。
汚名を晴らしたい!とも。。。

しかし、悪くなる一方。(^^;

どうしても、数値など解り易い結果に拘る日本人です。
体重が減ればいい!
筋力つければいい!!
柔軟性も、柔らかければいい!!!

ハッキリ言って、
痩せてても、柔らかくても、美しくない!!!!!
健康でもない!!!!!!!

結果である「姿勢」(自身の現れと言ってもいい)を冷静に見る目も評価する目も育ってないのでしょう。

親が姿勢が悪いと子供に注意できません。
褒めることも出来ません。

それよりも、親子の姿勢は似るんです。
骨格的な特徴のみならず、
「子は親を見て育つ」
からです。

このままでは、老老介護どころか、老若介護になるのでは???と危惧しております。

と文句の言いっぱなしではただの評論家ですね。

今日は上の資料を参考に見るポイントを解説します。

先ず、絵のモデルの紹介。
左のモデルは今をときめくスーバーモデル(南アフリカ出身)です。
そして、右は仮想の日本人。
同じプロポーションの日本人を探すのは難しいので、ほぼ同じサイズで日本人姿勢を描いてみました。


長さの比率に関しては、絵ですので調整してあります。
なので、ここでは比較の必要はないでしょう。

一番特徴的な日本人の姿勢は、尾骨が下がり気味、つまり骨盤後傾気味な事です。(オレンジ矢印)

するとどうなるか???

まず、骨盤を後傾させると重心が後ろに下がります。
そのままでは、後ろにひっくり返りますよね?

その時どうするかで体型の向く先が分かれます。

一つは、膝を曲げる事によって重心を調整。(黒矢印)
これは男性に多いのでここでは問題にしません。(最近の子供の悪姿勢に多いみたいです。)
(女性向け・親世代に書いていますのでよろしく(^_-)-☆)

しかし、多くの女性はいわゆる反張膝と言われる、膝が反対に曲がる人が多いので、腿を前にせり出してこの重心の移動をカバーする事が可能で、この傾向が多い様です。
図の垂直線に対して、腿がかなり前に傾いているのが確認できますね。
左のモデルもかなり反張膝ですが、腿は垂直に近いです。
※反張膝自体は、脚のラインが女性らしく見えるポイントでもあるので、悪くはないですが、コントロールできずにロックを繰り返すと膝を悪くするので注意が必要です。

骨盤が後傾気味で膝が曲がる人は腰が丸くなりますが、腿を前に出して重心調整をすると、腰が反ります。
腰痛の原因にもなります。

因みにどちらのモデルが、より腰を反ってると思いますか???

多分、殆どの人が左のモデル立ちを「反り腰」と思うでしょう。
治療家や運動指導者の中にも勘違いされている方が多く、
「モデル立ちは腰痛の原因!!!」
と、まるで美しい事に文句を言うような人を良く見かけます。

ここで一言、言わせていただきます。
見る目を育てなさい!!!
発言に注意しなさい!!!

バッサリ・・・(^^;

腰を反っているのは右のモデルです。

左のモデルは、骨盤が前傾しています。
そして、腰はあまり反っていません。(よく見て!!!)
反っているのは、腰の上、背骨で言うなら「胸椎下部」です。
ここは、本来反っていい場所です。(可動域は個人差があります。)

その証拠に、前に出ている部分の高さが違います。(白矢印)

右のモデルは下腹ポッコリです。

他にも見るポイントがあります。
左のモデルはお臍が下向いています。
右のモデルはお臍が上向き。

下腹ポッコリはコアが弱い!!!
とばかりに腹筋に励む人、指導を見かけますが、骨盤の向き、腿の角度がそのままでは・・・
姿勢の悪いマッチョになるだけです。(^^;

※彼女たちスーパーモデルはあらゆるエクササイズで身体を鍛え、食事も相当拘っております。
真似をするなら、そこからして欲しいですね。体重やサイズではなく・・・
コアが必要なのは、動き過ぎない方が良い場所を支える為です。
背骨のカーブは女性らしいラインの象徴ですので必要以上に無くすことはありません。


さあ、更に進みますよ!

骨盤後傾→腿が前へ変位→腰椎伸展(反り)の先は???

背中が丸くなります。
いわゆる猫背です。

デスクワーク、スマホやゲームのやり過ぎはそれを助長します。
うつむいた感じに固定されます。(紫矢印)

肩凝りの原因になりますね。

実は、骨盤が後傾気味になると、肩甲骨の動きまで悪くなります。
肋骨が後ろに下がり圧迫するので、肩甲骨を動かすスペースが無くなるのです。(青矢印)

スペースが無くなった肩甲骨は上に逃げ場を探します。
かたが上がり前方に変位します。(黄色矢印)

すると・・・
胸が下がります。(^^;
肋骨全体が前方に回転する様な動きになります。(緑矢印)

これは、肺や胃腸を圧迫する姿勢です。
どうなるかはわざわざ書きませんが、想像つきますよね???

水平線を見てもらえれば解ると思いますが、
肩が上がって、胸が下がっています。

耳の後ろから下げた垂直線から見ても、肩の位置が前にあるのが解りますね?

日本人は鎖骨が出て、肩幅が狭く見えるのが良いと思うのでしょうか???
ファッションモデルですら、この肩の位置の方を良く見かけます。
(この手のモデルを見本にしたら健康には良くないでしょうね。)

比較してみましょう。
左のモデルは背中ではなく、肩甲骨が後ろに・下に引かれています。(青矢印)
肋骨と肩甲骨の間にスペースが生まれ、
肩がリラックスして下がります。

それに合わせて胸が上に向きます。(緑矢印)
(この動きがチェストオープン・ハートオープンの動きです。)

因みに、この肩の位置が腕の向き・肘の向きに影響します。
仰向けになったとき、意識しないと自然に掌が下向く人、うつ伏せになった時掌が上向く人はかなり右モデルと同じ癖がついています。
右のモデルの肩の位置のまま歩くと、腕を横に振るゴリラ歩きになります。

胸が上を向くと「自然に」顎が引けるのです。(紫矢印)

最後に重心位置です。

最近は後ろ荷重になり足の指が地面から浮く、「浮指」が問題視されています。

だからと言って前に体重かければいいってもんじゃない!

左のモデルは後ろ重心です。(浮指ではありません。)
逆に、右のモデルは前重心です。


右モデルは、下腹ポッコリ・猫背・うつむき・バストダウン以外にも
ヒップダウン・腿前発達・ふくらはぎ下部発達の傾向です。

度々言いますが、
どちらが良い・悪いとは言ってませんよ!!!

それと同じように、
後ろ荷重が悪いのではないのです!

コントロールできない事が問題なのです。

昔の日本人は着物で生活していました。
如何にも日本人体型に見える右のモデルですが、この体型で和服を着て歩いたら、裾が割れて来ます。
何故なら、下腹と腿がせり出しているからです。
帯を締める事、裾が割れない様に歩くこと、それらを両立させるためと日本の美学が合わさったのが、内股でそそと歩くことだったのかな???
と想像します。
骨盤後傾ぎみで低重心な日本人も、股関節を内旋する事で腿を後ろに引く事が出来ます。
すると、裾を割らずに静々歩けるのです。
帯を締めているのでコアは安定します。
着物は日本人を一番美しく見せる知恵だったのかもしれませんね。

そんな、着物から洋服に変わった日本の生活。

ただ、外国の文化や自由に憧れるだけで生きてきた結果が姿勢の乱れとなって現れているのかもしれません。
外国文化を輸入する時に、背景にある思想・歴史という取扱説明書を一緒に輸入しなかったのでしょう。
やはり、外見には中身が伴わなくてはならないのです。

今更、昔の日本に戻るのが良い!とは思いません。

外国や過去の真似をするばかりではなく、そろそろ独自の新しい文化を再構築する時代になったのではないでしょうか???

因みに、DGでのアーサナは全てこの考えです。
見た目は美しく、その中身は哲学的観点を伴って・・・

マウンテンポーズ
チェアーポーズ
ランジ
ダウンドッグ
プランク
コブラ
・・・・・・・・

これらのアーサナで上記の全ての注意点の練習が可能です。

全て真理は同じだからです。

Beauty is Right!

やはり、これがDGの哲学なんです。




8月にスペシャルレッスンを行います!

エントリー受付中です!!!
詳しくは「こちら」をご覧下さい。

[PR]
by uz-ni-chan | 2015-06-26 11:26 | 姿勢について

フリースタイラー

こんばんは。
連日の更新です。

DG Yogaは一つの流派?と言ってもいいくらい、ヨガへの取り組み方からアーサナの細かい決め事まで存在します。
そして、ヨガ哲学を背景にDG流に解釈したDG哲学も存在します。

しかし、DG Yogaはフリースタイルヨガなんです。

これは、レッスンや勉強会に出ている方はお分かりだと思いますが、
細かいルールや決め事は「ヨガ」に取り組む為の一つの道を示しているだけで、決して、
「こうしなくてはいけない!!!」
とは言いません。(レッスンでは厳格に決まりを守ってもらいますが・・・)

自分の人生、選ぶのは本人です。
DGは、「セルフアイデンティティー」を構築する事を目指しているのです。

この仕事をしていると、人間って本当にいろいろと囚われているなぁ・・・
と感じます。
その囚われているのも、個人の勝手ではありますが、
囚われている事にも気付いていない。
しかし、その囚われが本人の問題の原因だという事が多いものですから大変です。

健康法。
食事法。
病気の治し方。
ファッション。
人付き合いの方法。
家族の在り方。
仕事の方法。

つまり、生き方。
こんなの、本当に自由だと思うのです。

○○法みたいなものは、初めのキッカケにななっても、最終的には自分の方法にしないと自分の人生では無いと思います。
もちろん、習う時は自分勝手に「自分なり」に解釈するのではなく、その真髄が解るまで真摯に向き合う事は大切です。
しかし、どれだけ真剣に学んで体得しても、それに執着していたら、それは自分の人生の一部になっていないと思うのです。
一生懸命に学んだ人ほど、執着の罠にはまる事が多いものです。
そんな執着を生まない為にも、皆さんにもフリースタイルを勧めるのです。

「守・破・離」

という考え方があります。
これをこんな風に解釈してみました。

①体得、成長するまでは厳格にルールを「守る」。
 自分なりの浅い解釈にならない為にも大切です。が、自主的に守る事が大切です。

②ある程度成長したり、実践に入ったら、時にそれを「破って」みる。
 実践は型どおりに進まない事も多いものです。創意工夫をするときです。

③自分を確立し、自分の人生を歩む為に今までの教えや場を「離れる」。
 独り立ちです。ここまで来てやっと自分の人生を歩む事になります。

DGでは、「決まり事」というルールを提案しますが、最終的にはその「決まり事」は自分で創ること!と教えています。
つまり、ただ敷かれたレールを歩むのではなく、ゆっくりでもいいから自分の道を歩む自由を身に着けて欲しいのです。
人生そのものです。

ルールは自由を得る為にあるべきだと考えます。

上手に手綱さばきが出来る様になればなるほど自由になれるのです。

まずは、教えてもらったように、段々と応用して、最後には自分の責任で自由を得るのです。

世の中って本当に自由です。
先ずは自分を縛っている思考から変えてみませんか???

DG勉強会はそんな自由を楽しめるYogaを提案しています。

WSや勉強会を開催したい人!
是非、お声を掛けて下さいね。
お待ちしております。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-06-22 18:45

質問力をつけよう!

こんばんは。
先日の川崎WSに引続き、今日は名東勉強会でした。
皆様お疲れ様でした。(^^)

DG勉強会では、勉強会の初期に必ず
「質問力を身に付けて下さい!!!」
とお伝えします。
又は、
「気付きや体験を皆と分かち合って下さい!」
とも・・・
それも、出来れば皆の前で質問・発表する事。

何故それを要求するのか???

それは、質問する事が無いというのは、気付きが無いといえるからです。
また気付きがあっても、それを言葉にしないとそのまま消えてしまう事が多いからです。

質問があっても皆の前では恥ずかしい・・・
こんな質問していいのだろうか???

そんな風に二の足を踏む人が多いのでしょうか?
なかなか、質問が出て来ません。

直ぐに質問が思い浮かばなくても、月一の勉強会です。
一ヶ月も経てば疑問も生まれるのではないでしょうか???

日々問いかける事。
答えを見つけるのではなく、問いかけ続ける事。
それが哲学であり、ヨガに生きるということだと思うのです。

恥ずかしいと思う人、勇気を持って壁を乗り越えて下さい。
その恥ずかしいと思う理由にフォーカスして瞑想してみて下さい。

何故恥ずかしいのですか???

「こんなレベルの低い事、聞いていいのだろうか???」
そんな事考えていませんか???

しかし、これは逆に考えれば、
「レベルの高い自分のイメージを保っていたい。」
という自分の欲なんです。
そんなちっぽけな欲なんて捨てて下さい。

もしくは、
「間違えたり、上手く発言出来なかったら傷つくかも???」
これも欲・・・自己防衛欲です。

欲を捨てるのがヨガです。
それも、生きるのに必要の無い欲を捨てるだけです・・・

安心して下さい。
他の場はともかく、
少なくとも、DGでは声を上げる事の方が、黙っている人よりレベルが高いと考えます。
本来高い低いなんてありません。

「何でも聞いて下さい。
○○について語り合いましょう・・・」
というセリフには嘘はありません。
質問には内容に関わらず、誠心誠意お答えします。


質問をするためには「否定的な思考」を育てる必要があります。
否定的というとネガティブな、もしくはひねくれたイメージを持つ人も多いかもしれませんが、
この思考力がなければ、科学は育ちません。
それに、シャワーの様に浴びせられる情報を真に受け続けたり、盲信するだけでは、非常に危険な世の中です。

否定的思考というのは、その他の可能性を探し出す思考とも言えます。
「本当にそうなのだろうか???」
「他にもっと良い方法は無いのだろうか???」
「他に意見は無いのだろうか???」
そう!これ自体がヨガなんです。
新しい可能性を自身に見出すのがヨガなんですから。

もっともっと語り合いましょう。

皆が皆、口下手って訳じゃないですよね?
その証拠にお喋りは大好きですよね???

お喋り好きの会話下手・・・
日本人の特徴な気がします。

お喋りを減らして、会話しましょう。
これは、自身に対しても同じです。

「頭の中のお喋りを減らし、身体と会話して下さい。」
正にヨガです。

今日の名東勉強会、半年経って少しづつ質問が出て来た様です。(素晴らしい意見もいくつか(^^))

、まだまだです!!!

質問じゃなくても良いです。
「先月からこんな気付きがありました!!!」
などと、意見を発表して欲しいのです。

これは、僕の趣味ではありません。(^^;
自分を知るための一つの練習なんです。
勉強会のカリキュラムの内とも言えます。

練習や修行は自主的で積極的でなければ、何の意味もありません。

掲示板も用意してあります。
話すのが苦手な方は、先ずはここから始めてみてください。(掲示板は「こちら」
お待ちしております。

比べるのはあまり好みではありませんが、地元の為にあえてお伝えします。

関東の方々は積極的でしたよ!!!

以前もこのブログでお伝えしましたよね?
名古屋飛ばしにならない為にも、積極的に参加する意思、もしくは意思表示をしましょう!!!と・・・

いつも、言う通り、
「正解・不正解ではありません。出来る・出来ないでもありません。参加するかしないか?!」
です。

居るだけでは参加したとは言えません。
少なくとも僕はそう思っています。

もっともっと参加して下さい。

するべき事(義務)をする事。
(この場合、生徒として参加しているのであれば、質問するのが義務とも言えます。答えるのは講師の義務。)
その結果は気にしない事。
それが、ヨガの練習なんですよ!

そんな繰り返しが、
困った人を見かけた時、躊躇せずに声を掛けられる・・・
そんな勇気にも繋がるんですよ!!!

最近の子供は姿勢が悪くていろんな問題が心配されますが、
先ずは、僕ら親世代の生きる姿勢(身体だけじゃなくね!)が問われるのではないでしょうか???

生き方が姿勢を作りますから!!!

そんな事を考える最近でした。

名古屋の人達!!!
勇気を持って、心を開いて、壁を取っ払いましょう!!!

では、また。。。

勉強会でも活発な議論を楽しみにしております。(^_-)-☆
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-06-21 20:58

DG初遠征WS

こんばんは。
皆様いかがお過ごしですか???

昨日はDGにとって記念すべき一日となりました。
Facebookでは普段あまりやらない実況中継状態の投稿をしたので既にご存知の方も多いと思いますが・・・(^^;

行ってきました!川崎!

本当に楽しい5時間(休憩時間を入れたら6時間以上!!!)になりました。

思えば、
「東海地区以外でもWSをやりたい!」
と宣言して迎えた2015年・・・
本当に実現しました。

今回、ただブログの読者というだけで呼んで下さったJ子さん。
本当にありがとうございました。
見ず知らずの僕らを呼んで頂いた勇気に本当に頭が下がります。

そして自身は参加出来ないのに、自分の教室の生徒さんに声を掛けて宣伝して下さったT先生。
心より有難うございます。

そしてそして何よりも、知りも知らない奴のWSに勇気を奮ってご参加下さった皆様!!!(^^;
本当にありがとうございました。

どれが欠けても実現しなかった奇跡の様なWSでした。

場所は何処でも皆さんがヨガを愛し一生懸命な事、
それをサポートできるのは幸せな事、
を確認した一日でした。

そして、今回この活動をもっと広げる必要がある!!!
と確信しました。

今回は、一日のみでしたので、全体像のほんの一部、又はぼんやりと輪郭をお伝えしただけです。
もし、継続を希望して頂けるのなら、また参上いたします。

是非是非またお会いしましょう!

当日の様子を写真で少し紹介しますね。

c0072323_19562248.jpg

ボチボチ集まりだした頃・・・今回は特に座学がメインでした。

c0072323_19571531.jpg

DGと言えば基本のチェアー・・・

c0072323_1958650.jpg

いつも通り、うろうろ歩き回り語るUZ (^^;

c0072323_19584358.jpg

Saori先生によるチャレンジポーズのデモ!

c0072323_19593199.jpg

そして、笑顔でチャレンジ!

c0072323_2004230.jpg

c0072323_2012239.jpg

参加者の皆様、有難うございました!

そして、お・ま・け・・・
c0072323_202174.jpg

弾丸WSツアーの最後に、炭酸水で一息のUZ。(^^;

そして、
夏には「夏休みスペシャルレッスン」を行います!!!
安城と梅森の2会場!!!
安城は託児も用意しております。

詳しくは「こちら」をご覧下さい。

お待ちしております。
[PR]
by uz-ni-chan | 2015-06-20 19:08

夏休みSPレッスン開催!!!

夏休み期間、勉強会のお休み月間にやります!!!
スペシャルレッスン!!!

勉強会でお馴染みの2会場にて開催です。

早速受付開始です。

詳しくは「こちら」をご覧下さい。

[PR]
by uz-ni-chan | 2015-06-12 21:54