ヨガに哲学が必要な理由

こんにちは。
10月に入ったのにこの暑さ、そして天候の不安定さ。
皆さまお元気ですか???

今日はさっそく本題に入りますね。

「哲学なきアーサナはヨガではない。」

と言い続けているUZ(DG)です。
このセリフを聞くと、
またか・・・
と思う人もいるかもしれません。

しかし、そんな人にこそ読んで欲しいのです。

ヨガのレッスンを受けると先生が優しいんです。(僕の場合は知りませんが・・・(^^;)
「無理しなくていいんですよ・・・」
「そのままの、ありのままの自分で居ましょうね。」

などなど、一般社会ではあり得ない様なセリフの連発。

これらのセリフを聞いて、ヨガが好きになった人、
「これらのセリフやレッスンで癒されたから、私も癒す人になりたい!」
とインストラクターを目指した人も多いのでは???

また、逆に、
「何綺麗ごと言ってんの?気持ち悪い・・・」
と思った人もいるでしょう。

しかし癒された人も、嫌悪感を抱いた人も、どちらの反応も本質に迫ってない気がするのです。
(癒された事自体は素晴しい事です、否定はしませんよ。)

特に、嫌悪感を抱かせてしまった場合、もしかすると、そのセリフを語った人がただの「セリフ」になってたかもしれません。
それは、非常に残念な事です。
受け止める方も、ただの気休めに癒されるのではなく、本質的な癒し、根本的な解決になる理解ができる為には、少し知っておくと良い事があります。


①「無理をしない・・・」
これは、そのままなのですが、
この無理をしない追求だけでも「ヨガ」の目的にたどり着ける程の深い意味があります。
レッスン前によく話しますね?

「無理をしない・・・」
は言い換えると、
「理にかなわない事をしない。」
「理に合わない事をしない。」
となります。
理(ことわり)とは、真理の事。
つまり、無理をしないのは、「努力しない」とか、「雑にしていい」という意味ではありません。
「真理でない事、つまり自然法則を無視した事をするな!」

と言う意味です。
その為には、真理を追究する必要があります。
真理は「ダルマ」です。(ダルマについては勉強会でやります。)
「無理をしない・・・」
の一言はダルマを追求しなさい!という事であり、
決して甘やかしの言葉ではないのです。


②「ありのまま、そのままの自分・・・」
さあ、自分って何ですか???
先ほどの真理の追究と自分の追究。
これが哲学なのです。

ありのままの、そのままの自分・・・
と語る以上は、「自分(私)」の定義がしっかりしていないと何も意味をなしません。
普段の生活ならいいのですが、(本当は良くないです。言葉の曖昧さは誤解、争いの元です。)
何かを教える人、それも自己探求である、ヨガを教える人が「自分(私)」の定義が曖昧では大変です。
教わる方も、誤解した「自分(私)」像では、悩みが深まるばかりです。

ヨガ(インド哲学)では、「私」というものをしっかりと定義しています。
このインド哲学独特の「私」があるからこそ前出の「ありのままの、そのままの自分」の本当の意味が理解できるようになるのです。

ヨガの「私」のいろいろを、日本語で書くと「真我」「自我」「我」「我慢」「わたし」などと書きます。
ハッキリ言ってよく分かりませんね。
さらに、「霊」だの「魂」だの書いてあるものもあります。
曖昧の極みとしか言いようがありません。

ヨガ哲学で良く出てくる「私」は2種類です。
「本当の私」か「偽りの私」。
しかし、西洋の哲学の多くではインド哲学的に言うと「偽りの私」しか出て来ません。
「偽りの私」を「私」と定義してしまっているのです。
日本人も殆どこれにならえです。

その「偽りの私」を「自我」と言い、ヨガでは「アハンカーラ」といいます。
因みにアハンカーラは、サンスクリット語です。
アハン=私(一人称代名詞・単数)
カーラ=道具
合わせて「私を作り出すもの」エゴの事です。
見ての通り、「私を作り出すもの」は私ではないのですよね?
しかし、それを「私」だと定義しているのが、西洋文化に浸りきった現代人なのです。
偽りの私を、「私」と定義して追求するから「堂々巡り」になります。
答えが無い事は、とても不安を煽り、病的になったり、投げやりになります。
西洋哲学は深めると、「ヤバい奴」になるのは、当然の結果なのです。


それに対して、インドの哲学では、
「本当の私」=「真我」を「私」と定義します。
それを「アートマン」と言います。
これがあると、全ての立場がスッキリ解決します。(講義でやります)
人間にとって、解っている事ほど安心する事はありません。
幸福がやってくるのです。
つまり、幸せになる哲学がヨガ哲学なのです。

「アートマン」の理解のためにヨガをするのですが、
教えるならば、「ダルマ」「カルマ」「輪廻転生」などなども、
全て、必要な知識です。
スートラを読むにも、ギーターを読むにも必要です。

これらを知らずに、
「そのままでいいんだよ!」
と言うのは、その場の慰めや気休め、無責任なセリフとしか言いようが有りませんね。
気休め的な「ブッダの癒しの言葉集」みたいなのも、背景の思想抜きでは正直どうかと思います。
現実逃避的になってしまいます。

もちろん、慰めや気休めは必要ですし、否定はしません。
しかし、そんな程度なら、ヨガをしてなくても、ヨガの先生でなくても、仲の良い友達や家族ならしてくれる事です。

本当の自分とは何か???
それ(真理)を知る事で、全てが解決する。
そう考えるのがヨガなのです。

ちょっと知るだけで、自分のヨガの奥深さを知れます。
ちょっと知るだけで、自分のティーチングに自信が持てる様になります。
ちょっと知るだけで、ぐっと幸せになれます。

それが、ヨガ哲学なのです。

来年から始まるDG会で是非一緒に勉強しましょう!
お会い出来るのを楽しみにしております。

詳しくは「こちら」をご覧下さい。

c0072323_16222599.jpg

[PR]
# by uz-ni-chan | 2016-10-02 16:25 | Yoga

バクティ भक्तिः

皆様、こんばんは。
今日は久々の晴れでしたね。
涼しくなったり暑くなったり難しい季節。
あまり、抵抗せず、リラックスして過ごしたいものです。

今日は「バクティ」についてです。
勉強会でも必ずやるバクティ思想ですが、
これが理解できるかがヨガを深めることができるかどうかの大きな鍵だと思います。

俗世的に細分化され、俗世的に理解しやすく、俗世の何かに変えられたヨガテクニックから、
全体で一つ、区別や差別のないヨガとなる、と思うのです。
つまり、バクティを理解すると、「ヨガをする」から「ヨガで在る」になるのではないかと・・・


これさえ身に着ければ、いや・・・
これが身についていなければ、いくらテクニックや知識を身に着けても幸せはやってこないとも言えます。

ヨガそのものとも言えるバクティは、やはりヨガと同じようにあまりにシンプルです。
その分、シンプル過ぎて軽視されるか理解しがたいようです。

人間は、ある程度難しい事、ある程度高額なもの、に価値を感じ、
本来は簡単で安価な事を無理に複雑に、高額にしたがる傾向があるようです。
ダイエットするのに何十万も払うとかね。(^^;

簡単そうで、解っている・・・出来ている・・・と思っている事。
そこがポイントだったりします。

勉強会では皆さんで話し合いながら意見を出してもらったり、解説したりしましたが、
今日は、クリシュナのお話しからバクティの例を紹介したいと思います。

昔々・・・(日本昔話風?)
最高神ヴィシュヌの化身として生まれたクリシュナは、日に日に美しい少年へと成長しました。
その神々しきクリシュナの噂は周りの村々にも伝わっていました。
訳あって牛飼い子供として育てられたその愛らしき神童は、
とくに牛飼いの女性(ゴーピー)たちに大人気でした。

ある日、クリシュナは兄と友達と遊んでいました。
時を忘れて遊んでいると、友達が空腹を訴えました。
そこで、クリシュナは、
「そこの村に行き、兄(兄のバララーマもヴィシュヌの部分的な顕現)と僕の事を話してごらん。食べる物をもらえるから・・・」
と言って、友達を送り出しました。
しばらくして、友達が帰ってきました。
友達は、
「今、儀式の準備をしていたバラモン(僧侶)にお願いしたら、忙しいから・・・と断られたよ。」
と。
するとクリシュナは、
「ハッハッハ。じゃあ、そのバラモンの妻たちにお願いしてみな!」
と言い、もう一度友達を送り出しました。
その話を聞いた妻達は、噂に聞くクリシュナに会える喜びで、止める主人達(バラモン)を振り切り、儀式のために用意した供物の食べ物を沢山持ってクリシュナの下にやってきたのです。

最高神ヴィシュヌの化身です。
一目逢えるだけで、人生の目標に達する事が出来るのです。

当然バラモン達は、その人生の目標を果たすために、日々勉強し祭祀を行うのです。

しかし・・・何てことをしてしまったのだろう。
後で、クリシュナに逢った話を妻たちに聞いたバラモン達はたいそう後悔したそうです。

おしまい。。。
※おおまかなあらすじですので、細かなことはご容赦下さい。(^^;

解説は・・・
要りませんね。

智識や行為は大切。
しかし、それより想いが大切だと言う事です。

それ以外にも多くの教訓が隠されているお話しです。
素直に理解するには、根本にある思想を知る必要もあるかもしれませんね。

DG会では、ギャーナコースによってヨガ哲学を学ぶ講座をおこなっています。
来年から梅森・安城・稲沢、3会場同時開催。
どの会場も受け放題。
10回30,000円とお値打ちです。
そう、超お値打ちです。
決して質が低いわけではありません。
哲学の楽しさをもっと皆様に知ってもらいたのです。

興味のある方は、「こちら」より、エントリーもしくは、お問い合わせください。

多くの方とご一緒出来る事を楽しみにしております。
c0072323_20475422.jpg

[PR]
# by uz-ni-chan | 2016-09-25 21:10 | Yoga

なぜ戦争やテロが無くならないのか???

c0072323_2032161.jpg
皆様こんにちは。

お元気ですか???

今回は突然,仰々しいタイトルです。
「なぜ戦争やテロのような酷い事がこの世からなくならないのでしょうか?」
「どうしたら、この世から酷い事件が無くなるのでしょう?」
「先生はどうお考えですか???」
実はこれらの質問は勉強会でよく出る質問です。
平和、幸せになるための哲学、「ヨガ哲学」を学ぶほど感じるジレンマでしょうか?

勉強会の中でも、意見は述べましたが、ここでは違う切り口で述べようと思います。

世界の在り方、自分の存在、それらをどう捉えるか???
そんな事を繰り返し考えるのが哲学です。
当然、世界の現状に目を向ける事になります。

堂々巡りの考えの中、悩む・・・
本来なら思春期の頃に考える事ですね。
今まで考えずに済んだのだとしたら、幸せな国に生まれ育って本当に良かったですね。
しかし、大人になったなら、やはり考えるべき事だと思います。

いや、皆様はもう考えた結果、
「世界の平和なんて祈っても不可能じゃないのか?」
「そんなの綺麗ごとだ!」
「どこかが得をすれば、どこかが苦しむんだ!なら得した方がいいね。」
「だから仕方がない。」
「今幸せならいいよね。」
なんて、自分に折り合いをつけたのかもしれませんね。

そうなんです。
俗世的な「相対二元性」の考えでは、絶対に「堂々巡り」になるのです。
そのうち、
「考えるの疲れるからやめた!」
もしくは、
「勝ち組になろう!」
となるのです。
(因みに、インドの哲学は堂々巡りになりません。勉強会で理解できた人もいるでしょう。)
「考えるのを止めた」一般庶民は、「勝ち組になりたい」人からすれば、好都合です。
勝ち組になる!と決めた人は、思い切って言えば、「戦争をしたい人」です。

「戦争をしたい人」は「考えるのを止めた」一般人より、努力家です。
自分が得する為(欲を満たす為)なら何でもします。(人殺しだって・・・戦争ですから)
(戦争したい人は一般人より努力している・・・って話は安城でしましたね。)

大袈裟なことを書きましたが、普通の世の中でもある構図ですよね???
現代の価値観は少し間違えると、戦争に向かう価値観のようですね。

しかし、それら「相対二元性」の理屈で世界を侵略したのは、一部の人種だと言う事が、世界の歴史では解ってきています。
それらの人種が侵略してくる前は、大きな争いは無く幸せな国だった・・・
聞いた事ある話ですね???
それらの国には、奪い合う権力争いではなく、与え合う思いやりの文化があったのです。
それって幻想ですか?綺麗ごとですか?
侵略した側が、自分達の正当性を主張する為に、捻じ曲げた歴史観や価値観を喧伝し、それを現代人は鵜呑みにしているだけでは無いでしょうか???

与える事は、精神性が高くなければできません。
やってきた客人に沢山与えようとする寛大な人達を騙し、奪った人達の価値観が牛耳る世界。
それは、争い、奪い合い、表面上、物質的な幸せを正解とする文化です。

戦争やテロが無くなるためには、
「与える事」つまり思いやりの気持ちを育てるしかありません。

人や他の命を貶めてまで自分が幸せになろうとする人達。
自分達はそんな事していない???
本当ですか???

自分の好みの為だけに、多くの命を犠牲にして食事や生活をしていませんか???
完全にヴェジタリアンやヴィーガンになれ!
なんて、強要はしません。
しかし、自分の欲望を満たすだけの食事や消費は、戦争の原因となんら変わりはないのです。
自分の中にも戦争の火種は燻っているのです。
だからDGでは、いやヨガでは「アヒムサー」を重要視するのです。
これが無ければ始まらないのです。

もしあなたが「なぜ戦争は無くならないのだろう???」
と思った時、是非根本的な原因を探ってみて下さい。
人の意見を参考にするのは大切ですが、自分で導き出してみて下さい。
そんな時、ヨガの哲学はシンプルに答えを導き出してくれます。

綺麗ごとではなく、多くの人が本当の意味での「幸せ観」を身に着ければ、
多くの人が自身の中に燻る「火種」を消す事ができれば・・・

外の世界も戦争はなくなっていくのではないでしょうか???

もう一つ・・・
世の中は、「歴史から学べ!忘れるな!」と、過去の戦争の悲惨さを伝えようと努力します。
しかし、こちらも思い切って言えば、「これ自体が戦争の原因だ!」とDGは考えます。
ヨガの考えがしっかりと身に着くと、反省・後悔は必要ない事が理解できます。
(この理屈は安城勉強会でお話ししましたね。)
過去にはなにも無いのです。
過去の悲惨さを語る事を良しと考える人達は、
「人間は放っておくと悪い事をする。だから脅しが要る」と考えるのでしょう。
過去の悲惨さを語る事は恐怖と共に増悪をも生み出します。
結果、憎しみの連鎖を生みます。
未来の平和を願うなら、「今をどう生きるか???」なんです。
過去のいがみ合いや奪い合いの歴史はすっぱり忘れて、ハグをした方がよっぽど平和になるのでは???
政治家には無理でも、一般庶民同士なら出来る事です。

政治家が決めた戦争も、実際戦うのは一般の国民です。
国民全員が「戦わない!」と宣言すれば、戦場で全員が銃を捨てる事が出来れば、戦争は起こりようがないのです。
もし当事者になったら、僕は1人でも銃を捨てます。

いろいろ書きましたが、考えている事のほんの一部です。
しかし、これらは僕らの意見であるだけでなく、「ヨガ哲学」に則った考えでもあります。

最後に・・・
いつもレッスンでも言うように、
ヨガでは、今出来る事を精一杯やる事を大切にします。
自分の身分・身の丈にあった社会貢献。
持続可能な方法を考え実践する事。

何をどれだけしたか???
ではなく、
個人個人がどんな思いで精一杯したか???
が大切なのです。

良い思いが集まれば、世界平和も夢では無いでしょう。

DGギャーナコースでは、ヨガを通じてこんな話しにまで及ぶこともあります。
ヨガ哲学はこの複雑になってしまった世の中を無事に旅する羅針盤になり得ます。
ヨガに興味を持った方。
是非、早い段階でヨガの基本の考え方を身に付けて下さいね。
子育てにもよい考えです。

来年から新たに3会場で同時スタートです。
詳しくは「こちら」をご覧下さい。

エントリーお待ちしております。
みんなで、大いに語り合いましょう。
[PR]
# by uz-ni-chan | 2016-09-10 20:33 | Yoga