卑屈さと尊大さ…

皆様、こんにちは。
今日は少し暖かいですね。
しかし、今週は冷え込むようです。
気を付けて下さいね。

さっそく本題です。

レッスンでいつも話す事ですが、

ヨガのアーサナには出来る・出来ないの尺度は有りません。


どんなにベーシックなアーサナにも完成はなく、追求の対象でしかありません。

しかし多くの初心者はレッスンで

「全然ついていけません…」
「私だけ出来ていない…」

と言います。
(謙遜なら別ですが、そうでもなさそうです。)

それは、自分で基準をつくり、その上下で判断しているからです。

そんな物の捉え方を

「相対二元性」

と言い、ヨガではもっとも避けるべき考え方と教えられています。

もちろん、初心者の気持ちは充分理解しています。
少しづつ進めばいいと思っていますし、その様に伝えています。
「メゲずに続けてね!(^_−)−☆」
と…

そもそも、その基準はどんな根拠ですか?
たまたま居合わせた人がベテランや運動能力が高い方ばかりだったかもしれません。



僕の目から見たら・・・
そうですね・・・(^^;

「全員出来てません。」

?!


たいてい、写真などに見られるヨガのアーサナの形を完成形としたなら、世の中の99%以上の人が出来ません。

逆に言うなら

「全員出来ます。」(完了形や過去形でない)
集中して自分を見つめる努力をすれば良いんです。

己をよく知り、やれる事を精一杯できる人がヨガの上級者。

運動能力は関係ないのです。
周りの人を見てる暇など、ヨガには無いですよ。(^_-)-☆

人と比べて落ち込むのは、謙虚ではなく卑屈な人。

卑屈な人は何かの機会に、出来る側に回った時、
とても尊大になる危険を備えた性質です。

何故なら、自分で決めた小さな小さな基準で物事を判断するからです。


わたしなんて…劣っている。

わたしなんて…ダメな人間だ…


は、裏を返せば、

おまえなんか!劣っている!

おまえなんか!ダメな人間だ!


と言っている事と同じなのです。

レッスンでは度々お伝えしています。
しかし、聞こえてないのです。

自分で決めた小さな小さな基準で聞いてるから。
だから、
「聞く練習からしましょうね・・・」
とレッスンで言うのです。

周りについていけず(因みについていく必要はないですが…)落ち込んでレッスンから遠ざかった方々。

直接相談いただければ良いのですが…

声をかけていただけなかったのなら、その方が今後、自尊心を満たすための道に、尊大になる道に突き進まない事を祈ります。

卑屈なのか謙虚なのか?

尊大なのか自信があるのか?

気弱なのか優しいのか?

凶暴なのか強いのか?



相対二元性の思考に陥ると、こんな違いも見抜けなくなります。
いや、自分がどちらなのかも分からなくなります。

世の中で増えている、

「卑屈で尊大、気弱で凶暴」

ではなく、

ヨガで育てるべきは、

「謙虚でいられる自信、優しくいられる強さ」

です。



そのままでいい…

周りと比べない…

評価しない…

自分が幸せである事…


などは二元性の思考のまま理解すると、気休めにはなりますが、前者の様な人を育てます。

これらの言葉はしっかりとヨガを深めた人が、自ら気付いた事なのです。

軽々しく使う事も、軽々しく理解する事も、慎むべきヨガの真髄と言えるでしょう。

レッスン前に必ずヨガの話しをします。
始まる前の雑談と思って聞き逃さず、真剣に聞いて下さい。

レッスンに熱心にコツコツと通っていただければ、理解してもらえる様に話していますが、
しっかりと学びたい方は、是非DG会にお越し下さい。
詳しくは「こちら」


気休めの言葉が綺麗事ではなく、実に深く理論的な癒しの思考法だと理解してもらえると思います。


そもそも、人間の能力で出来る事なんて、大宇宙からすれば微々たるもの。

それを認め、自由にさせてくれる大いなる存在に目を向けたなら、自分の小さな尺度で

「出来る!」

とアピールする幼さ、ちっぽけさに気付けるでしょう。



大いなる存在に身を委ね、信頼する事。


それがヨガの癒しなんですよ。(^_−)−☆

DG会で、レッスンで、皆様にお会い出来ること、楽しみにしております。
c0072323_13451385.jpg

[PR]
# by uz-ni-chan | 2016-11-07 13:54

安城DG会 第一期〈シーズン1)終了!

こんばんは。

一気に秋が深まりましたね。
お元気ですか???

秋晴れの金曜日、一年半(16回)続けた、安城DG会シーズン1が終了しました。
皆様お疲れ様でした。

この16回からなるシーズン1は今回の安城、そして年末の稲沢を最後に完全終了となります。
梅森から始まった、このDG会はスタートの時点で最終日は決まってませんでした。
何故なら、哲学もアーサナと同様、繰り返し繰り返しずーと受けてほしかったからです。

UZ的には、アーサナのレッスンと同じように、哲学ってクラスがスタジオにレギュラーで組み込まれているのが普通になったらいいなぁ・・・
そんな風に思うのです。

一回受けただけでアーサナが深く理解出来ないのと同じように、哲学も一回聞いただけでは理解が浅いと思います。

しかし、学校の教育に慣れているせいか、一回聞いたカリキュラムやテーマを二度三度聞く事はあまりしないのではないでしょうか???

同じ内容ではお金が勿体ない???

でも個人的には理解出来てない講座を放置し次々と新い講座を受講する方が、お金がもったいないと思います。
結果、「聞いた事ある・・・」という程度の膨大な情報が表面的に記憶に残るだけで、理解出来ていない、活用できない、となっているのではないでしょうか???
それは、つまらないですよね?

哲学が苦手と言う人はきっと、哲学が実生活で活きていないからだと思うのです。
知っているだけで、体得出来ていないのだと・・・

ヨガ哲学を始め、哲学というのは、実生活にべったりの学問のはずです。
それを、難解な言葉と表現で言葉のお遊びにしてしまっているのは、学者たちの悪意すら感じます。
自分の学識レベルを誇示する為の学問になっている様に思うのです。

哲学はそんなんじゃない!
本当は楽しいのです。

梅森から始まったDG会。

途中から新たに始まった会場に移籍したり、梅森や名東のシーズン2を受けたりと、繰り返し受けている人ほど理解が深まっているのは、見ているとこちらからもハッキリわかります。

繰り返しの重要性を再確認させられます。

ずーと繰り返し何度でも聞いてほしい。
しかし、忙しい現代です。
皆様も予定がおありでしょう。

という事で、新しいコース(ギャーナなどのシーズン2)は皆様の予定が立てやすい様に、一年で終わるよう10回にまとめ、資料も作成しました。

その新しいコース(シーズン2)が
来年から梅森・安城・稲沢と一斉に開始します。
(梅森はシーズン3となりますが、テーマは各会場同じです。)
テーマは同じでも毎回切り口は変わりますよ!(^_-)-☆

ヨガ哲学はアーサナを深めるためにも役立ちます。
と言うか、生活全てに役立つのです。

楽しく、実生活で活き、それでいて深い・・・
そんな哲学講座を目指し、進めております。

因みにしつこい勧誘はしませんが(^^;リピート率はかなり高くなってます。
受ければ受けるほど楽しくなるヨガ哲学、それがDGのギャーナコースなんです。

新規の方も是非、ご参加お待ちしております。
興味のある方は「こちら」をご覧下さい。

しかし、途中で復習の日を挟んだり、その日の皆さんの様子を見て急に予定を変更したりと、アバウトに決めた日程で行ったシーズン1は、それはそれで非常に深い日々だったと思います。

初めはチンプンカンプンだった人達が、途中から目の色が変わっていく瞬間を何度も目にしました。
それを見る度に、「この子達はもう大丈夫だな・・・」と思ったものです。

しかし、一瞬掴みかけた「それ」も、初めのうちは気を抜くと直ぐに何処かへ行ってしまいます。
繰り返しが大切ですよ!

今回で卒業の方も、シーズン2に継続エントリーの方も、これからも是非ヨガ哲学と共にヨガの道を一緒に歩みましょう。
いつまでも、応援しております。

安城DG会の皆様、お疲れ様でした。
そして、有難うございました。

c0072323_0356100.jpg

[PR]
# by uz-ni-chan | 2016-10-16 00:10 | Yoga

ヨガに哲学が必要な理由

こんにちは。
10月に入ったのにこの暑さ、そして天候の不安定さ。
皆さまお元気ですか???

今日はさっそく本題に入りますね。

「哲学なきアーサナはヨガではない。」

と言い続けているUZ(DG)です。
このセリフを聞くと、
またか・・・
と思う人もいるかもしれません。

しかし、そんな人にこそ読んで欲しいのです。

ヨガのレッスンを受けると先生が優しいんです。(僕の場合は知りませんが・・・(^^;)
「無理しなくていいんですよ・・・」
「そのままの、ありのままの自分で居ましょうね。」

などなど、一般社会ではあり得ない様なセリフの連発。

これらのセリフを聞いて、ヨガが好きになった人、
「これらのセリフやレッスンで癒されたから、私も癒す人になりたい!」
とインストラクターを目指した人も多いのでは???

また、逆に、
「何綺麗ごと言ってんの?気持ち悪い・・・」
と思った人もいるでしょう。

しかし癒された人も、嫌悪感を抱いた人も、どちらの反応も本質に迫ってない気がするのです。
(癒された事自体は素晴しい事です、否定はしませんよ。)

特に、嫌悪感を抱かせてしまった場合、もしかすると、そのセリフを語った人がただの「セリフ」になってたかもしれません。
それは、非常に残念な事です。
受け止める方も、ただの気休めに癒されるのではなく、本質的な癒し、根本的な解決になる理解ができる為には、少し知っておくと良い事があります。


①「無理をしない・・・」
これは、そのままなのですが、
この無理をしない追求だけでも「ヨガ」の目的にたどり着ける程の深い意味があります。
レッスン前によく話しますね?

「無理をしない・・・」
は言い換えると、
「理にかなわない事をしない。」
「理に合わない事をしない。」
となります。
理(ことわり)とは、真理の事。
つまり、無理をしないのは、「努力しない」とか、「雑にしていい」という意味ではありません。
「真理でない事、つまり自然法則を無視した事をするな!」

と言う意味です。
その為には、真理を追究する必要があります。
真理は「ダルマ」です。(ダルマについては勉強会でやります。)
「無理をしない・・・」
の一言はダルマを追求しなさい!という事であり、
決して甘やかしの言葉ではないのです。


②「ありのまま、そのままの自分・・・」
さあ、自分って何ですか???
先ほどの真理の追究と自分の追究。
これが哲学なのです。

ありのままの、そのままの自分・・・
と語る以上は、「自分(私)」の定義がしっかりしていないと何も意味をなしません。
普段の生活ならいいのですが、(本当は良くないです。言葉の曖昧さは誤解、争いの元です。)
何かを教える人、それも自己探求である、ヨガを教える人が「自分(私)」の定義が曖昧では大変です。
教わる方も、誤解した「自分(私)」像では、悩みが深まるばかりです。

ヨガ(インド哲学)では、「私」というものをしっかりと定義しています。
このインド哲学独特の「私」があるからこそ前出の「ありのままの、そのままの自分」の本当の意味が理解できるようになるのです。

ヨガの「私」のいろいろを、日本語で書くと「真我」「自我」「我」「我慢」「わたし」などと書きます。
ハッキリ言ってよく分かりませんね。
さらに、「霊」だの「魂」だの書いてあるものもあります。
曖昧の極みとしか言いようがありません。

ヨガ哲学で良く出てくる「私」は2種類です。
「本当の私」か「偽りの私」。
しかし、西洋の哲学の多くではインド哲学的に言うと「偽りの私」しか出て来ません。
「偽りの私」を「私」と定義してしまっているのです。
日本人も殆どこれにならえです。

その「偽りの私」を「自我」と言い、ヨガでは「アハンカーラ」といいます。
因みにアハンカーラは、サンスクリット語です。
アハン=私(一人称代名詞・単数)
カーラ=道具
合わせて「私を作り出すもの」エゴの事です。
見ての通り、「私を作り出すもの」は私ではないのですよね?
しかし、それを「私」だと定義しているのが、西洋文化に浸りきった現代人なのです。
偽りの私を、「私」と定義して追求するから「堂々巡り」になります。
答えが無い事は、とても不安を煽り、病的になったり、投げやりになります。
西洋哲学は深めると、「ヤバい奴」になるのは、当然の結果なのです。


それに対して、インドの哲学では、
「本当の私」=「真我」を「私」と定義します。
それを「アートマン」と言います。
これがあると、全ての立場がスッキリ解決します。(講義でやります)
人間にとって、解っている事ほど安心する事はありません。
幸福がやってくるのです。
つまり、幸せになる哲学がヨガ哲学なのです。

「アートマン」の理解のためにヨガをするのですが、
教えるならば、「ダルマ」「カルマ」「輪廻転生」などなども、
全て、必要な知識です。
スートラを読むにも、ギーターを読むにも必要です。

これらを知らずに、
「そのままでいいんだよ!」
と言うのは、その場の慰めや気休め、無責任なセリフとしか言いようが有りませんね。
気休め的な「ブッダの癒しの言葉集」みたいなのも、背景の思想抜きでは正直どうかと思います。
現実逃避的になってしまいます。

もちろん、慰めや気休めは必要ですし、否定はしません。
しかし、そんな程度なら、ヨガをしてなくても、ヨガの先生でなくても、仲の良い友達や家族ならしてくれる事です。

本当の自分とは何か???
それ(真理)を知る事で、全てが解決する。
そう考えるのがヨガなのです。

ちょっと知るだけで、自分のヨガの奥深さを知れます。
ちょっと知るだけで、自分のティーチングに自信が持てる様になります。
ちょっと知るだけで、ぐっと幸せになれます。

それが、ヨガ哲学なのです。

来年から始まるDG会で是非一緒に勉強しましょう!
お会い出来るのを楽しみにしております。

詳しくは「こちら」をご覧下さい。

c0072323_16222599.jpg

[PR]
# by uz-ni-chan | 2016-10-02 16:25 | Yoga