なぜ人は不安定になるのか???

人間には「安定したい安心したい」という欲求があるようですね。
この安心したいという欲求の為に哲学や科学が発展したように思います。

今では小学生でも地球が太陽の周りを周っている事を知っています。
でも大昔の人々は地球の周りを太陽が巡っていると思っていました。
もちろんどんな風にかは想像する事しか出来ませんね。
朝、太陽神アポロンと共に太陽は駆け上がり、暁の女神が現れる頃に帰っていく。。。

日食なんて起ころうものなら、それはそれは恐怖に震えた事でしょう。
つまり、「知る=安心」となりそうですよね?
これはある程度までは確かかもしれません。
でも、知れば知るほど「安定・安心」から程遠くなる事も事実です。
今の日本がそうかもしれませんね。
「知らぬが仏」ですね。

実は僕らが生きている世界に安定なんてないんです。
その証拠に安定していると思っているこの大地は宇宙に浮いています。
その宇宙は未だものすごい勢いで広がっているそうです。
そして、その宇宙の始まりも解っていません。
解らないことだらけのうえに僕らの命は暮らしています。

視点を逆に向けミクロの世界はどうでしょうか???
物質としてこの世に姿を現しているものは、「ニュートンの法則」によって物理的に支配されています。
自由落下運動や慣性の法則などなど、
自分は解らなくても頭の良い人なら計算で殆んどの動きが解ってしまいそうです。
その法則によって人間は月や宇宙まで行って帰って来ることが出来ます。
しかし、どんどんと細かく細かく原子や分子の世界に分け入って行くと、全く確定不可能な世界が広がっているそうです。
量子力学の世界ですね。

つまり、マクロもミクロも不安定な世界。
その間で僕らは現実を生きているんです。
この世界は何処にもたれてもすがっても結局は不安定なんです。

安定した仕事や収入・頑丈な家・信頼できるパートナーや友人・健康である事・スタイルが良いこと・・・
安心・安定を求めたこれらの価値感はまったく不安定な上に成り立っています。
そして、命は知っています。
どんなに思い込もうと思っても、そんなもの全然根拠の無い安定だと。

だから不安になるのです。
何の不自由もない生活をしながら心の不安定に悩む人々・・・

では、不安定にならない方法は???
初めから安定なんて求めないこと。
そして、自分自身に軸を定めること。
今この瞬間が自分自身である事。
仕事、家、友人、パートナー、健康、スタイル・・・
全て自分以外の軸です。
健康やスタイルは自分じゃないの???
って思うかもしれませんが、
健康って何?
良いスタイルって??
それは自分で決めましたか???

自分の本音、自分の真実の命の声を聞く練習をすると、素直に生きられ心は安定するのです。
※声に従うかどうかは本人の自由ですが、場合によっては従えないでしょう。しかし、押し殺したりごまかしたり気付かぬふりをせず、従えない理由を自分で認める事が大切です。

それに気付く為のヨガの練習。
その為のグラウンディングです。
アーサナをしたって、ただするだけでは気付けません。
でも、一生懸命取り組む事によってだけ気付ける事もあります。
だから、再三言うようにヨガのアーサナやプラナヤーマ、瞑想じゃなくてもいいんです。

今一度、自分軸を探してみてはいかがでしょうか???
その軸はきっと宇宙の軸と同じはず・・・
[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-07-29 11:21

美しいことは正しいこと。。。

c0072323_10385763.jpg

機能的な美しさへの感心はトレーナー時代から続いています。

それは、俗世間的な「美人」とか「スタイルがいい」ではなく、
個々の持つ本質的な美しさです。
自然界で見る動物の無駄のない行動や、
スポーツの世界でのアスリートの躍動感。
人工的なものでも、バランスが良いものは美しいものです。
そんな考えから、今回の日記タイトル「美しいことは正しいこと」という考えに行き着くのです。

決められた自分と言う素材を活かし最大限美しく生きることは、自然を大切にする事と同じだと思います。
その為の練習がヨガのアーサナによって出来るのではないでしょうか???

ヨガのアーサナにどのような目的が込められているのかは諸説があり解釈しだいのような気がします。
そして、そのアーサナはいろいろな手段で「美しくなる!」と伝えられていますよね?
しかし、肉体は正直です。
肉体そのものには意思はありません。自然の生き物と同じで意思のある行為によって受動的に変化を強いられるのです。
大いなる意思(神?自然の法則?)によって与えれれた変化に対応するのが自然界の姿なのです。
人間には他の動植物よりも神に近いと言われる「精神・魂」が存在します。(近いと思っているのは人間の思い上がりな気もしますが・・・)
その存在の働きかけによっては受動的な肉体に意思を持った変化を与える事が出来るのです!

つまり、「美しくアーサナをしなければ美しくなりません!!!」
そして、「美しいことは正しいこと」の法則で考えれば、
個人個人の持つ能力の範囲で美を求める事は「最高の健康づくり」ともなるのです。

一つの型としてのアーサナに意思や意味を吹き込むのは個人の役目です。
そして、インストラクターの重要な役割だと思っています。

ヨガにはその他いろいろな目的があります。
アプローチもいろいろでしょう。
しかし、「ただやればいい!」という訳ではないと思います。

何故そこに手を着くのか?
何故その足幅なのか??
全てのアーサナに機能的な美を求めるのは一つの方向性ではないのかと思っています。
無理やり掴むならベルトを使ったほうが美しくないか?
背中を丸くしてまでアーサナをするなら、ブロックを使ったほうが美しくないか??
足幅、手幅は各アーサナに最適な場所があるのではないか???

最終的には普段の生活での美しい立ち振る舞いにつながる事を目指して。

そして、「身体が整えば心も整う」と思うから。

神様からの借り物である肉体を最大限輝かすことが神様への礼拝へとなると信じて。。。
c0072323_1045463.jpg


8月より「WACUWACU YOGA STUDIO」パワーヨガインストラクター養成コースにて
Bブロック「機能解剖学講座」を行います。
Bブロックの機能解剖学のみの参加も可能です。
詳しくは・・・「コチラ」をご覧下さい。
[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-07-25 10:51

どれだけ観えるか?聴こえるか?!

ハタヨーガの文献などを見ると、
「このアーサナに熱心に取り組むならば全ての病を破壊する。。。」
などの事が多々見受けられますが、
殆んど科学的な根拠は無いと思われます。(後づけの根拠は多々ありますので別にして)
元々は酢を飲むと柔かくなる・・・的な発想かもしれませんね。

このアーサナは腰痛改善によい、
このアーサナは痩せる、
このアーサナは頭が良くなる、
このアーサナは・・・
取り組み方によっては、
「私はこのアーサナでお金持ちになった!」
という可能性だって出てきますね。(いや本気で言ってます!)
欲を捨てるために取り組むYOGAが、欲にまみれています。(^^;;;

別に欲があっても良いと思います。
だって、欲を捨てたいって言うのも欲ですよね?
シンプルで平安でいたい・・・ってのも欲。
確かに過度の欲は自身を破壊しますから、抑えたほうが良いかもしれません。
しかし、欲が強い人の方が前進する力が強いのも事実です。(まあ、前進する方が良いという価値感自体も危ういですが・・・)

つまり、どっちでもいいんですね。

欲が強いか、精力的なのか・・・
欲が弱いのか、謙虚なのか・・・
わがままなのか、個性的なのか・・・
頑固なのか、意思が強いのか・・・
見方を変えれば180度評価は変わります。

僕がYOGAに取り組む理由・・・
それは聴き上手になる為です。
今、この瞬間を生きる為に。
身体の声を聴くのはその初歩的な段階です。

身体の声を聴いて下さい・・・
と言うと皆さん、身体は「何語」で話すと思いますか???
身体はあらゆる所から言葉(信号)を発しています。
それがどれだけ見えるか?聞こえるか?だけです。
見落としているんです、聞き逃しているんです。

つま先の向きすら気にかけられない人が、何故他人の話を聴けますか???

目で見て確認できる自分の身体が理解できない人が、何故他人の小さな変化に気付けますか???

自分の身体を大切に扱えない人が、何故他人の身体を気にかけられますか???

目に見える身体を冷静に見つめられない人が何故、見えない心を見つめたり、その奥を見ることが出来ますか???

内なる声、天の啓示の殆んど(全てとは言ってませんよ!)は「心」が作り出した幻想であり、自分の都合です。
内なる声、天の声はもっとシンプルなはず。

自分の都合に合わせて作り出された「内なる声・天の声」と
本当の現象としての自然界の言葉。。。

本質はシンプルなはず・・・
今世界中が複雑ですね。
複雑な世の中から、シンプルな本質を探して見ましょう。
聴き上手になってみてください。

一つのアーサナから何が読み取れるか。
永い歴史の中、伝えられてきたその技法に何を感じるか。
その為には、いろいろな方法で掘り進む事が必要かもしれませんね。
僕は「解剖学的な視点」から掘り進んでいますが、それが全てではないでしょう。。。
どんな方法でもいいから真理に向かって自ら進んでみてください。
暗号解読の旅です。(^^)
日々が冒険旅行。

物質的と霊的な境目なんてないと僕は思います。
スピリチュアルっぽい。
とか、
現実主義っぽい。
とか、
YOGAっぽい???
とか・・・
なんじゃそりゃ?!

全ては現実で、全ては今この瞬間で、全ては霊的で、目の前に存在するのは物質なだけです。

心を鎮めて、「観る」「聴く」習慣をつけましょうね。
すると、
観えるんです。
ある人には色が・・・
聴こえるんです。
ある人には声が・・・
感じるんです。
ある人には波動が・・・
起こるんです。
ある人には閃きが・・・

7月10日より「WACUWACU YOGA STUDIO」にて養成コースAブロックが始まります。
8月はBブロック「機能解剖学」です。
Bブロックのみの参加も可能です。
皆さんも一緒に自らの歴史を掘り下げる旅に参加しませんか???

もちろん日々の練習が一番大切なのは言うまでもありません。
何処かの教室でお会い出来る事を楽しみにしております。


[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-07-08 11:26