ヨガでなにが得られるか???

「ヨガで健康に!」
「ヨガで美しく!」
「ヨガでダイエット!」
「ヨガで心も身体も柔軟に・・・」
「ヨガで内面から美しく・・・」
「ヨガで集中力を高める」
「ヨガで心を落ち着かせる」

いろんな表現を聞きますよね?
なんかヨガって魔法みたいですね?

皆さん、ヨガで何を得たいですか???

長年トレーナーをしていた僕としては、
上記のよろずや的な効果に胡散臭さを感じてしまいます。

しかし、上記の様な効果は全てヨガで得られます。
ただし、効果に見合った方法で行ってこそ効果が現れるのです。

柔軟性を得たいだけなら、ヨガじゃなくてストレッチや柔軟体操でいいと思います。
ダイエットが一番の目的ならフィットネスクラブに行って一番良いトレーニングを教えてもらったほうがいいと思います。
科学的、合理的な方法が今の世の中には数多く存在しています。
結果重視なら合理的な方法を選んだほうがいいと思います。

ならば、何故今ヨガなのでしょうか???
効率、効果、成績、結果重視の世の中に疑問を持っている人が増えているからでは無いでしょうか???
世の中、理屈や正論で通らない事だらけです。
そんな中でも、強く、美しく、しなやかに自分の人生を生きる力をつけたいのが、多くの方々の気持ちではないかと思うのです。

ヨガに本気で取り組みだすと(アーサナで充分ですが)、いろいろな疑問や矛盾、そして葛藤が現れます。
それを「小さな現実」としていろいろと熟考する手段にするのです。
一つのアーサナを造り出すその過程には日常生活の縮図のような状態が現れます。
それを一つ一つクリアにしていくのです。
その方法論を自分で確立し日常生活に活かしていくのです。

例えば・・・
1、頑張ったら頑張っただけ変わる部分と、
努力してもなかなか変わらない所があったりします。

2、自分は凄く努力していてもまだ出来ないアーサナを
ヨガを始めたばかりの人が軽々こなす事もあります。

こんな事実から何を掴むでしょうか???
まあ、人それぞれでしょうが、

僕は1から、
変えれれる事実を変える強さと、変えられない事実を受け入れる寛大さを学びました。

そして、2から、
自分が簡単と思っている事でも、人には難しい事はあるんだなぁ・・・
日常でも、出来ない人を責める前にその人の良い部分を見つけよう。
という気持ち。

つまり哲学をするのですね。
やはりヨガは哲学なのです。
ヨガをしながら、自分とは何なのか?何をすべきなのか?
などを悟る手段となりうるのです。

ストレッチなら結果を重視します。
しかし、柔軟になっても、痩せても、何か幸せになれない空虚感。
結果ばかりを追っかけてきた、もしくは諦めさせられてきたその方法への疑問。

しかし、ヨガで大切なのはその結果に至るプロセスとその時の自分の状況なのです。
つまり生き方探しでもあるんですね。
(結果は重要でないといっても、努力は必要ですよ。努力をする事でしか見えない事は沢山あります。)

頭でいろんな哲学を勉強する事も大切ですが、やはり実践を伴って初めて自分の血肉になるのです。
哲学は勉強するのではなく、実践するものだと思います。

WHOでも
いままでの健康の定義(肉体的・精神的・社会的)に加え「スピリチュアル(霊的)」と加える審議をしているそうです。

このスピリチュアルを宗教的・哲学的、つまりセルフ・アイデンティティ(自分とは?自分の所属などを含めた自分の存在と存在理由の源)と捉えるならばヨガは最先端の健康づくり法とも言えるかもしれませんね。

宗教心が少ない今の日本人に一番必要な部分ではないでしょうか???
[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-09-02 20:02

なぜ人は不安定になるのか???

人間には「安定したい安心したい」という欲求があるようですね。
この安心したいという欲求の為に哲学や科学が発展したように思います。

今では小学生でも地球が太陽の周りを周っている事を知っています。
でも大昔の人々は地球の周りを太陽が巡っていると思っていました。
もちろんどんな風にかは想像する事しか出来ませんね。
朝、太陽神アポロンと共に太陽は駆け上がり、暁の女神が現れる頃に帰っていく。。。

日食なんて起ころうものなら、それはそれは恐怖に震えた事でしょう。
つまり、「知る=安心」となりそうですよね?
これはある程度までは確かかもしれません。
でも、知れば知るほど「安定・安心」から程遠くなる事も事実です。
今の日本がそうかもしれませんね。
「知らぬが仏」ですね。

実は僕らが生きている世界に安定なんてないんです。
その証拠に安定していると思っているこの大地は宇宙に浮いています。
その宇宙は未だものすごい勢いで広がっているそうです。
そして、その宇宙の始まりも解っていません。
解らないことだらけのうえに僕らの命は暮らしています。

視点を逆に向けミクロの世界はどうでしょうか???
物質としてこの世に姿を現しているものは、「ニュートンの法則」によって物理的に支配されています。
自由落下運動や慣性の法則などなど、
自分は解らなくても頭の良い人なら計算で殆んどの動きが解ってしまいそうです。
その法則によって人間は月や宇宙まで行って帰って来ることが出来ます。
しかし、どんどんと細かく細かく原子や分子の世界に分け入って行くと、全く確定不可能な世界が広がっているそうです。
量子力学の世界ですね。

つまり、マクロもミクロも不安定な世界。
その間で僕らは現実を生きているんです。
この世界は何処にもたれてもすがっても結局は不安定なんです。

安定した仕事や収入・頑丈な家・信頼できるパートナーや友人・健康である事・スタイルが良いこと・・・
安心・安定を求めたこれらの価値感はまったく不安定な上に成り立っています。
そして、命は知っています。
どんなに思い込もうと思っても、そんなもの全然根拠の無い安定だと。

だから不安になるのです。
何の不自由もない生活をしながら心の不安定に悩む人々・・・

では、不安定にならない方法は???
初めから安定なんて求めないこと。
そして、自分自身に軸を定めること。
今この瞬間が自分自身である事。
仕事、家、友人、パートナー、健康、スタイル・・・
全て自分以外の軸です。
健康やスタイルは自分じゃないの???
って思うかもしれませんが、
健康って何?
良いスタイルって??
それは自分で決めましたか???

自分の本音、自分の真実の命の声を聞く練習をすると、素直に生きられ心は安定するのです。
※声に従うかどうかは本人の自由ですが、場合によっては従えないでしょう。しかし、押し殺したりごまかしたり気付かぬふりをせず、従えない理由を自分で認める事が大切です。

それに気付く為のヨガの練習。
その為のグラウンディングです。
アーサナをしたって、ただするだけでは気付けません。
でも、一生懸命取り組む事によってだけ気付ける事もあります。
だから、再三言うようにヨガのアーサナやプラナヤーマ、瞑想じゃなくてもいいんです。

今一度、自分軸を探してみてはいかがでしょうか???
その軸はきっと宇宙の軸と同じはず・・・
[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-07-29 11:21

美しいことは正しいこと。。。

c0072323_10385763.jpg

機能的な美しさへの感心はトレーナー時代から続いています。

それは、俗世間的な「美人」とか「スタイルがいい」ではなく、
個々の持つ本質的な美しさです。
自然界で見る動物の無駄のない行動や、
スポーツの世界でのアスリートの躍動感。
人工的なものでも、バランスが良いものは美しいものです。
そんな考えから、今回の日記タイトル「美しいことは正しいこと」という考えに行き着くのです。

決められた自分と言う素材を活かし最大限美しく生きることは、自然を大切にする事と同じだと思います。
その為の練習がヨガのアーサナによって出来るのではないでしょうか???

ヨガのアーサナにどのような目的が込められているのかは諸説があり解釈しだいのような気がします。
そして、そのアーサナはいろいろな手段で「美しくなる!」と伝えられていますよね?
しかし、肉体は正直です。
肉体そのものには意思はありません。自然の生き物と同じで意思のある行為によって受動的に変化を強いられるのです。
大いなる意思(神?自然の法則?)によって与えれれた変化に対応するのが自然界の姿なのです。
人間には他の動植物よりも神に近いと言われる「精神・魂」が存在します。(近いと思っているのは人間の思い上がりな気もしますが・・・)
その存在の働きかけによっては受動的な肉体に意思を持った変化を与える事が出来るのです!

つまり、「美しくアーサナをしなければ美しくなりません!!!」
そして、「美しいことは正しいこと」の法則で考えれば、
個人個人の持つ能力の範囲で美を求める事は「最高の健康づくり」ともなるのです。

一つの型としてのアーサナに意思や意味を吹き込むのは個人の役目です。
そして、インストラクターの重要な役割だと思っています。

ヨガにはその他いろいろな目的があります。
アプローチもいろいろでしょう。
しかし、「ただやればいい!」という訳ではないと思います。

何故そこに手を着くのか?
何故その足幅なのか??
全てのアーサナに機能的な美を求めるのは一つの方向性ではないのかと思っています。
無理やり掴むならベルトを使ったほうが美しくないか?
背中を丸くしてまでアーサナをするなら、ブロックを使ったほうが美しくないか??
足幅、手幅は各アーサナに最適な場所があるのではないか???

最終的には普段の生活での美しい立ち振る舞いにつながる事を目指して。

そして、「身体が整えば心も整う」と思うから。

神様からの借り物である肉体を最大限輝かすことが神様への礼拝へとなると信じて。。。
c0072323_1045463.jpg


8月より「WACUWACU YOGA STUDIO」パワーヨガインストラクター養成コースにて
Bブロック「機能解剖学講座」を行います。
Bブロックの機能解剖学のみの参加も可能です。
詳しくは・・・「コチラ」をご覧下さい。
[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-07-25 10:51