愛と感謝・・・2

先回の予告どおり「愛」についてです。
最近の日本人の傾向としては「愛、Love」という言葉は素敵に聞こえるようですね。
しかし、仏教的に、「愛」は執着心を生み出すものとして遠ざけるべきものという理解です。
同じルーツのヒンドゥー思想、インド思想的にはヨガの世界も同じと言えます。
西洋人が映画やドラマでいう「Love」と言う言葉や響き、キリスト教的な「隣人愛」などの勝手な解釈で愛を素敵と、とらえていませんか???
素敵に思えるようなキリストてきな「愛」もここで言う「隣人」とは「嫌な奴、敵」なんて意味だったりします。
そんな相手も仲間として愛せますか???
ちなみに「愛、Love」として訳されている聖書の「愛」もギリシャの言葉で3種類あり、
「フィロス=知的な好奇心」「エロス=性愛」「アガペー=無償の愛」
だそうです。「隣人愛」、「神を愛する」などは「アガペー」なんですね。
自分に良いことをしてくれるから好き!とか、美人だから好き!とか、家事育児をしてくれるから好き!とかは・・・(^^;;;

つまり「アガペー」を「愛」ととらえヨガ的に例えるならば、「バクティーヨガ」や「カルマヨガ」と通じる部分がありますね。
とまあ、愛の定義はそれぞれということで、今回の本題ではありません。長い前置きですいません。

本題は「ヨガをすると愛は深まるのか?!」です。
「愛」の反対は「無関心」
マザーテレサの有名な言葉だそうです。(記憶が確かならば・・・)
この台詞を聞いただけで、先回のブログを読んでくれた人はピンとくる勘の鋭い人もいるでしょう。

「感謝」の時に言ったように、やはり個人的には「身体が柔らかい人=愛が深い」とは断じて思いません。
では、柔軟性が増せば深まる???それも???でしょう。。。

ヨガをしたら「許せるようになった」とか「性格が落ち着いた」とか意見は多く聞きますが、これらの効果はヨガの思想や哲学を勉強した事により深まったと言った方が正解でしょう。

しかし科学的な見解から、仮説を立てる事も可能です。柔軟性を増すヨガのポーズに熱心に取り組むと「女性ホルモンが増す」そうです。(これはデータがあるそうです)それによって攻撃性が薄れ穏やかになるという事は充分考えられます。(あくまで仮説です)
しかし、愛とは関係あるようで無いようで。。。

シンプルに考えます。
マザーテレサの言葉に戻りましょう。
ヨガでは、身体の隅々を意識します。普段意識しない「当たり前」を意識するとは先回も述べました。
つまり、自分に対しての「無関心」をなくす行為です。
ヨガはそれ自体が目的ではなく、練習なんです。日常生活をより豊かに過ごす為の。
感性や感情も鍛えなければ衰えます。
つまり関心を向ける練習だと思って下さい。
自分自身に関心を向けられない人がなぜ、周りに関心を向けられるでしょうか???

しかし、ここで言う「自分に関心を向ける」は「外からの見た目」ではありません。
「外からの見た目」というのは結局「周りから見られた自分」を気にしている為、自分に関心を向けているようで、自分を見ている他人ばかりに関心を向けている事になります。(外からの見た目を気にするのは悪い事ではありませんよ!過度が問題なだけです。)
過剰に健康などを気にする事は関心を向ける(愛する)行為というよりは、生命の働きに干渉する行為とも言えますね。
自分の内なる声に関心を向けてみて下さい。その為に心静に取り組むヨガのポーズは有効ではないかと思うのです。「内側から輝く美しさ」とは、「自分の存在そのものに関心を持つ(愛する)事」によって輝きを放つのではないでしょうか???

そして、先回と同じく「自分の身体を通した体験を実生活に活かす」のが目的です。
自分の愛し方を知る事により、周りの人々に自然な愛を向けられるのでは???
大それた事をするのではなく、関心を持つ事から、世の中は良い方向にかわっていくのでしょう。

そして、やはりここでも言える事・・・
上記のような考えで取り組めば、どんな活動も愛に溢れた行為へと結びつく練習となりえますね?

人間、一番辛いのは誰にも見向きもされない事、だそうです。
いじめられっこも殴られているうちは大丈夫だそうです。(もちろん暴力はいけません!)無視が一番辛いそうです。
戦地で助かる見込みの無い重傷の兵士が大声を上げて泣いていたそうです。近くにいた人がいたたまれなくなって抱きしめたそうです。そうしたら静かになり安らかに息をひきとったそうです。痛くて泣いていたのではない、孤独に死んでいくのが辛かったようです。と・・・(どこの誰の体験談かは忘れましたが、以前読んだ内容を記憶の限り・・・)

忙しさの中でいろいろな事に無関心になりつつある現代の人々。
ここいらで少し立ち止まっていろんな事に関心を向けてみましょう。
しかし、方法が分からず、関心が異常な干渉になってしまったり、放り出してしまったり・・・
そっと寄り添い、見守るような方法を身体を通して学びましょう!
それが、ヨガで愛を深める方法だと、今の自分では理解しています。


[PR]
# by uz-ni-chan | 2010-11-08 12:03

愛?!感謝?!・・・1

ヨガに携わっていると「愛」「感謝」などと普通ではむず痒くて簡単には口に出来ない言葉がよく聞かれます。
ヨガをすると、愛が深まる?!感謝心が芽生える???
心が広く大きくなり穏やかになる???
どうなんでしょうか?

ストレッチの様なポーズをひたすら深めたり、柔軟性を増していくとそんな心は生まれるのでしょうか???
「身体が硬いと心も硬い・・・」
これもこの業界でよく聞かれる話です。

個人的な意見を言えば、そんな事「絶対無い!」と思います。
身体が硬くても心が柔かく、愛や感謝に満ちた人はいっぱいいます。
身体が柔軟なほど幸せになれるなんて話、聞いた事ありません。(^^;;;

では、なぜヨガに取り組むのでしょうか???
柔軟性を増したり、痩せたかったり、シェイプアップしたいなら、それに合わせた合理的なトレーニングメニューと食事をしたほうが近道だと思います。科学は素晴らしい発展をしています。
それでも、何故ヨガに取り組む意味や魅力があるのでしょうか???

どんな事もその取り組み方、考え方に一番のヒントがあると思います。
では、どんな取り組み方をすると「愛」や「感謝」が芽生えるのでしょうか???

先ずは「感謝」について。。。
「ヨガは内観」というように、観察をする事に重きを置きます。
この観察する行為がどうも「感謝」に関係しているように思います。

ヨガのポーズはダンスやその他のスポーツ・エクササイズに比べゆっくりとした動きでシンプルな分だけ自分の観察がしやすくなります。
普段は当たり前だと思っている身体の隅々までよく観察します。
ヨガでの観察とは感じる事です。

普段は当たり前になり、その存在すら忘れてしまっているような手足の指先や、身体の奥の方の筋肉などを感じる行為。呼吸の観察もその一つ。
人間の身体は調子が良いときはその部分は存在感を現さないようになってます。
その証拠に、普段は胃の場所なんて気にしないでしょう?でも、胃が調子を崩すと胃痛という方法で存在感を現します。
しかし、調子がよいと存在を感じない為に、それが「当たり前」になりがちなんです。
当たり前になると麻痺してきます。
そして、次に存在感を現したときは不調な時・・・

当たり前になった夫婦や恋人が危機が来て始めてその存在に気付く・・・
そんな展開に似てますね。(^^;;;

調子の良いときにその存在を認めてあげてください。(恋人や夫婦もね(^^))
その「当たり前」は実は「有難い」事だと早いうちに気付いて下さい。
「ありがとう」の反対の言葉は「当たり前」といいます。
つまり、「当たり前」を当たり前と思わない心、感覚を磨く事がヨガの練習と言えるのではないでしょうか???
その為に、いろいろなポーズをしてあえて存在感を感じ、感謝をするのです。
そして、いつもレッスンで言うように、マットの上での経験を日常に活かしてこそ、意味があります。
いつも当たり前に思っている家族の存在、見慣れてしまって見過ごしている道端に綺麗に咲く花々・・・
生まれたばかりの頃には新鮮な刺激であったいろいろ、慣れっこになって麻痺している感性を呼び覚ますのです。
そうすれば、全てが感謝するべき事だと気付きます。自分の命、そして周りの全てが大切で感謝するに値する存在へと変わっていきます。
周りが変わるのではない・・・自分の捉え方が変わっただけでこの変化です。

いかがでしたか???
ヨガによって「感謝心」が生まれる所以です。
逆説的に言えば、上記のように取り組めばどんな行為も「ヨガ」となりますよね?!
家事だろうが、仕事だろうが。。。
カルマヨーガはまさにこんな取り組みじゃないでしょうか???
注:UZの個人的見解ですが(^^;;;

「愛」が深まる理由は次回に・・・


[PR]
# by uz-ni-chan | 2010-11-04 23:46

ゆっくりヨガ5

みなさんこんにちは。本格的に梅雨ですね。
しかし、この雨が大地を潤して生命を育むと思えは、今日も「いい天気!」ですね。(^^)

今日は「肩」についてです。
皆さん肩というとどの辺りを思い浮かべますか???
腕の付け根の丸く横に張り出した辺り?それとも肩凝りする首の辺り???
人間は意識で動作も大きく変わります。
「肩回し」するとその人の肩の意識が解りますね。

肩の動きは腕の付け根の「肩甲上腕関節」だけでなく、「肩甲骨」自体の動きが非常に重要です。
肩甲骨の動きが悪いと、いろいろな動作が貧相に見えます。気をつけたいですね。
肩を動かす時は背中や胸から大きく動かすように意識してみましょう!

今回は・・・

もちろん反対側も同じように行ってください。
「こちら」で横のアングルの映像が見れます。

では、皆さん・・・
腕は何処に付いてますか???
リラックスして直立した時、身体の横ですか?それとも少し前???
意識としては身体の後ろにぶら下がっている感じが正解でしょう。(あくまで意識上ですよ!)
そうです、肩甲骨は背中に位置しています。腕はその肩甲骨にぶら下がっているのです。
横や前に意識がある人は、肩甲骨がかなり上がり前に出ていますね。
肩が上がり前に出ると肋骨が下がります。
肋骨が下がり骨盤との間が無くなるとウェストがなくなりお腹が出ます。
そして、骨盤も歪みお尻まで下がります。
これは、反対から読んでも同じです。
つまり、骨盤の位置を整える股関節が硬くなっても肩が上がります。
どこか一部が身体全体に影響するのです。

特に肩甲骨が上がり前に出ると女性らしい身体のラインは失われます。
ちなみに男性は身体的特徴からよりその傾向が強くなります。
ある程度までは男性らしい「広い背中や肩幅」と言えますが度を越すとやはり姿勢が悪くなり様々な不調が出るでしょうし、体型の崩れにつながるのは女性と同じです。
歩く時に肘を横に張り少し前屈みの女性を沢山見かけますが、非常に勿体ない限りです。
歩く時は骨盤を立て、腕(肘)を後ろに引きながら歩いてみましょう。腕は前ではなく後ろに振るのです!
そして出来れば、その肘は真っ直ぐ後ろより少し内側に締めるように引いてみてください。
堂々と胸を張って颯爽と歩く事ができますよ!
今回の映像はその為の準備です。


そして美しい姿勢をつくる大切なポイント
「肋骨を挙げ肩は下げる」です。

日々意識してみてください。
「歩歩是道場」です。(^^)
[PR]
# by uz-ni-chan | 2010-07-09 10:41