どれだけ観えるか?聴こえるか?!

ハタヨーガの文献などを見ると、
「このアーサナに熱心に取り組むならば全ての病を破壊する。。。」
などの事が多々見受けられますが、
殆んど科学的な根拠は無いと思われます。(後づけの根拠は多々ありますので別にして)
元々は酢を飲むと柔かくなる・・・的な発想かもしれませんね。

このアーサナは腰痛改善によい、
このアーサナは痩せる、
このアーサナは頭が良くなる、
このアーサナは・・・
取り組み方によっては、
「私はこのアーサナでお金持ちになった!」
という可能性だって出てきますね。(いや本気で言ってます!)
欲を捨てるために取り組むYOGAが、欲にまみれています。(^^;;;

別に欲があっても良いと思います。
だって、欲を捨てたいって言うのも欲ですよね?
シンプルで平安でいたい・・・ってのも欲。
確かに過度の欲は自身を破壊しますから、抑えたほうが良いかもしれません。
しかし、欲が強い人の方が前進する力が強いのも事実です。(まあ、前進する方が良いという価値感自体も危ういですが・・・)

つまり、どっちでもいいんですね。

欲が強いか、精力的なのか・・・
欲が弱いのか、謙虚なのか・・・
わがままなのか、個性的なのか・・・
頑固なのか、意思が強いのか・・・
見方を変えれば180度評価は変わります。

僕がYOGAに取り組む理由・・・
それは聴き上手になる為です。
今、この瞬間を生きる為に。
身体の声を聴くのはその初歩的な段階です。

身体の声を聴いて下さい・・・
と言うと皆さん、身体は「何語」で話すと思いますか???
身体はあらゆる所から言葉(信号)を発しています。
それがどれだけ見えるか?聞こえるか?だけです。
見落としているんです、聞き逃しているんです。

つま先の向きすら気にかけられない人が、何故他人の話を聴けますか???

目で見て確認できる自分の身体が理解できない人が、何故他人の小さな変化に気付けますか???

自分の身体を大切に扱えない人が、何故他人の身体を気にかけられますか???

目に見える身体を冷静に見つめられない人が何故、見えない心を見つめたり、その奥を見ることが出来ますか???

内なる声、天の啓示の殆んど(全てとは言ってませんよ!)は「心」が作り出した幻想であり、自分の都合です。
内なる声、天の声はもっとシンプルなはず。

自分の都合に合わせて作り出された「内なる声・天の声」と
本当の現象としての自然界の言葉。。。

本質はシンプルなはず・・・
今世界中が複雑ですね。
複雑な世の中から、シンプルな本質を探して見ましょう。
聴き上手になってみてください。

一つのアーサナから何が読み取れるか。
永い歴史の中、伝えられてきたその技法に何を感じるか。
その為には、いろいろな方法で掘り進む事が必要かもしれませんね。
僕は「解剖学的な視点」から掘り進んでいますが、それが全てではないでしょう。。。
どんな方法でもいいから真理に向かって自ら進んでみてください。
暗号解読の旅です。(^^)
日々が冒険旅行。

物質的と霊的な境目なんてないと僕は思います。
スピリチュアルっぽい。
とか、
現実主義っぽい。
とか、
YOGAっぽい???
とか・・・
なんじゃそりゃ?!

全ては現実で、全ては今この瞬間で、全ては霊的で、目の前に存在するのは物質なだけです。

心を鎮めて、「観る」「聴く」習慣をつけましょうね。
すると、
観えるんです。
ある人には色が・・・
聴こえるんです。
ある人には声が・・・
感じるんです。
ある人には波動が・・・
起こるんです。
ある人には閃きが・・・

7月10日より「WACUWACU YOGA STUDIO」にて養成コースAブロックが始まります。
8月はBブロック「機能解剖学」です。
Bブロックのみの参加も可能です。
皆さんも一緒に自らの歴史を掘り下げる旅に参加しませんか???

もちろん日々の練習が一番大切なのは言うまでもありません。
何処かの教室でお会い出来る事を楽しみにしております。


[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-07-08 11:26

アライメント

アライメント(Alignment)=並べる 比較
などの意味を持ちます。
そこから、「正しい姿勢」「ゆがみの調整」なんて意味が生まれます。
ヨガでも骨格アライメントとかボディアライメントなんて言葉をつかいますね。

ヨガのアーサナでは、このアライメントに無理がない事が大切だとUZは考えます。
まずは今の自分の身体で出来るだけ美しい姿勢が保てるようにアーサナをしてみて下さい。
ポーズの深さは結果でしかありません。
もちろん、アーサナを深める事を諦める必要はありません。
しかし、美しい姿勢(無理のないアライメント)で深めていった結果、
そのアーサナが出来なくたっていいじゃないですか!
あるアーサナは出来ないかもしれませんが、細部にわたって意識的に姿勢を整える努力は、
あなたの姿勢の美しさとなって自分に良い結果をもたらすでしょう。

エレガントに大人のアーサナを目指してくださいね。
[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-05-22 12:12

結局何が伝えたいのか?!

昨日は月一回の「ステップアップコース」でした。
そして、今月のWACUスタの養成コースは「機能解剖学」です。
「朝ヨガ」のレッスンと合わせると合計7~8時間しゃべり続けた事になります。

でも、疲れませんねぇ・・・
好きなんですよね、ヨガも教える仕事も。(^^;;;

レッスンでもWSでも養成コースの講義でも
結局伝えたい事は、
「正解・不正解なんてない」って事。
もしくは、
「正解・不正解は自分の中のモノサシが決めている」って事です。

特に機能解剖になると
正しいアーサナとか、してはいけない動きとかあるのでは???
と思い、そんな内容を期待している人も多いでしょう。
でも、僕の個人的な考えは、
「正しい動き・誤った動きなんてない!」と思っています。
もちろん、「安全、危険」といった判断基準はありますが、
安全と言われる動きだから怪我をしないか?
危険な動きは必ず怪我をするか?
と言われれば、「No!」と言わざるをえないんですね。

どちらかと言うと、
「意識的な動きか無意識なのか」が大切で、
危険と言われる動きも意識している時には割りと大丈夫なものです。
(まあ、意識が行き届いていれば、あまり変な動きにはならないものですが・・・)
なので、的確に意識的に動きやすいようにインストラクション出来るようになる為の機能解剖学といえます。
これは、他人に対してだけでなく、自分の練習時にも効果を発揮します。

特にヨガの解剖学は、
その他のエクササイズと違い、
科学的な裏づけの基に出来上がった訳ではなく、
後から科学的・現代医学的な解釈がついてきています。
なので、解釈の仕方でどうとでもなるのです。

意識的な動き・・・
自分の身体を繊細に大切に扱ってみてください。
身体を自分のものと思うと傲慢になりますが、
大切なもの、大切な人の身体、もしくは大自然
c0072323_18445985.jpg
だと思って接することにより、
繊細な心づかいが芽生えるのではないかと思います。
そんな積み重ねが内側から輝く美しさとなり外の世界を照らすのではないでしょうか?

個人的な好みですが・・・と前置きして、
「大雑把で乱雑にアーサナをする女性より、
繊細に丁寧に足先から手先、それこそ髪の毛一本まで優しく気を使うようにアーサナをする女性のほうが、
好みです。(^^)v」
と、「アーサナ・アライメント・フェチ」宣言をしてしまったUZです。
僕の好みのタイプなんて聞いてないですね、すいません。。。(^^;;;

でも、内面は姿に表れると思います。
「逆もまた真なり」
自分の姿を意識して繊細に大切に扱うことにより、内面に影響を与えるでしょう。

繊細な感覚で、大自然・大宇宙の現われである自分の身体に接してみてくださいね。

そして、世界中でやさしく穏やかな心を持った人が増えることを望みます。

その為の勉強である事を願って・・・
[PR]
# by uz-ni-chan | 2011-05-16 18:45