愛?!感謝?!・・・1

ヨガに携わっていると「愛」「感謝」などと普通ではむず痒くて簡単には口に出来ない言葉がよく聞かれます。
ヨガをすると、愛が深まる?!感謝心が芽生える???
心が広く大きくなり穏やかになる???
どうなんでしょうか?

ストレッチの様なポーズをひたすら深めたり、柔軟性を増していくとそんな心は生まれるのでしょうか???
「身体が硬いと心も硬い・・・」
これもこの業界でよく聞かれる話です。

個人的な意見を言えば、そんな事「絶対無い!」と思います。
身体が硬くても心が柔かく、愛や感謝に満ちた人はいっぱいいます。
身体が柔軟なほど幸せになれるなんて話、聞いた事ありません。(^^;;;

では、なぜヨガに取り組むのでしょうか???
柔軟性を増したり、痩せたかったり、シェイプアップしたいなら、それに合わせた合理的なトレーニングメニューと食事をしたほうが近道だと思います。科学は素晴らしい発展をしています。
それでも、何故ヨガに取り組む意味や魅力があるのでしょうか???

どんな事もその取り組み方、考え方に一番のヒントがあると思います。
では、どんな取り組み方をすると「愛」や「感謝」が芽生えるのでしょうか???

先ずは「感謝」について。。。
「ヨガは内観」というように、観察をする事に重きを置きます。
この観察する行為がどうも「感謝」に関係しているように思います。

ヨガのポーズはダンスやその他のスポーツ・エクササイズに比べゆっくりとした動きでシンプルな分だけ自分の観察がしやすくなります。
普段は当たり前だと思っている身体の隅々までよく観察します。
ヨガでの観察とは感じる事です。

普段は当たり前になり、その存在すら忘れてしまっているような手足の指先や、身体の奥の方の筋肉などを感じる行為。呼吸の観察もその一つ。
人間の身体は調子が良いときはその部分は存在感を現さないようになってます。
その証拠に、普段は胃の場所なんて気にしないでしょう?でも、胃が調子を崩すと胃痛という方法で存在感を現します。
しかし、調子がよいと存在を感じない為に、それが「当たり前」になりがちなんです。
当たり前になると麻痺してきます。
そして、次に存在感を現したときは不調な時・・・

当たり前になった夫婦や恋人が危機が来て始めてその存在に気付く・・・
そんな展開に似てますね。(^^;;;

調子の良いときにその存在を認めてあげてください。(恋人や夫婦もね(^^))
その「当たり前」は実は「有難い」事だと早いうちに気付いて下さい。
「ありがとう」の反対の言葉は「当たり前」といいます。
つまり、「当たり前」を当たり前と思わない心、感覚を磨く事がヨガの練習と言えるのではないでしょうか???
その為に、いろいろなポーズをしてあえて存在感を感じ、感謝をするのです。
そして、いつもレッスンで言うように、マットの上での経験を日常に活かしてこそ、意味があります。
いつも当たり前に思っている家族の存在、見慣れてしまって見過ごしている道端に綺麗に咲く花々・・・
生まれたばかりの頃には新鮮な刺激であったいろいろ、慣れっこになって麻痺している感性を呼び覚ますのです。
そうすれば、全てが感謝するべき事だと気付きます。自分の命、そして周りの全てが大切で感謝するに値する存在へと変わっていきます。
周りが変わるのではない・・・自分の捉え方が変わっただけでこの変化です。

いかがでしたか???
ヨガによって「感謝心」が生まれる所以です。
逆説的に言えば、上記のように取り組めばどんな行為も「ヨガ」となりますよね?!
家事だろうが、仕事だろうが。。。
カルマヨーガはまさにこんな取り組みじゃないでしょうか???
注:UZの個人的見解ですが(^^;;;

「愛」が深まる理由は次回に・・・


[PR]
# by uz-ni-chan | 2010-11-04 23:46

ゆっくりヨガ5

みなさんこんにちは。本格的に梅雨ですね。
しかし、この雨が大地を潤して生命を育むと思えは、今日も「いい天気!」ですね。(^^)

今日は「肩」についてです。
皆さん肩というとどの辺りを思い浮かべますか???
腕の付け根の丸く横に張り出した辺り?それとも肩凝りする首の辺り???
人間は意識で動作も大きく変わります。
「肩回し」するとその人の肩の意識が解りますね。

肩の動きは腕の付け根の「肩甲上腕関節」だけでなく、「肩甲骨」自体の動きが非常に重要です。
肩甲骨の動きが悪いと、いろいろな動作が貧相に見えます。気をつけたいですね。
肩を動かす時は背中や胸から大きく動かすように意識してみましょう!

今回は・・・

もちろん反対側も同じように行ってください。
「こちら」で横のアングルの映像が見れます。

では、皆さん・・・
腕は何処に付いてますか???
リラックスして直立した時、身体の横ですか?それとも少し前???
意識としては身体の後ろにぶら下がっている感じが正解でしょう。(あくまで意識上ですよ!)
そうです、肩甲骨は背中に位置しています。腕はその肩甲骨にぶら下がっているのです。
横や前に意識がある人は、肩甲骨がかなり上がり前に出ていますね。
肩が上がり前に出ると肋骨が下がります。
肋骨が下がり骨盤との間が無くなるとウェストがなくなりお腹が出ます。
そして、骨盤も歪みお尻まで下がります。
これは、反対から読んでも同じです。
つまり、骨盤の位置を整える股関節が硬くなっても肩が上がります。
どこか一部が身体全体に影響するのです。

特に肩甲骨が上がり前に出ると女性らしい身体のラインは失われます。
ちなみに男性は身体的特徴からよりその傾向が強くなります。
ある程度までは男性らしい「広い背中や肩幅」と言えますが度を越すとやはり姿勢が悪くなり様々な不調が出るでしょうし、体型の崩れにつながるのは女性と同じです。
歩く時に肘を横に張り少し前屈みの女性を沢山見かけますが、非常に勿体ない限りです。
歩く時は骨盤を立て、腕(肘)を後ろに引きながら歩いてみましょう。腕は前ではなく後ろに振るのです!
そして出来れば、その肘は真っ直ぐ後ろより少し内側に締めるように引いてみてください。
堂々と胸を張って颯爽と歩く事ができますよ!
今回の映像はその為の準備です。


そして美しい姿勢をつくる大切なポイント
「肋骨を挙げ肩は下げる」です。

日々意識してみてください。
「歩歩是道場」です。(^^)
[PR]
# by uz-ni-chan | 2010-07-09 10:41

ゆっくりヨガ4

皆さんこんにちは。蒸し暑い日が続きますね。
今日は久々に「ゆっくりヨガ」です。

姿勢改善にお薦めの二つのストレッチを紹介します。
疲労回復にも効果がありますので、毎日取り組んでみてください。

先ずは・・・

ベルトを使ったハムストリング(大腿後部の筋群)のストレッチです。
ここでのポイントは上に挙げる脚より、地面に伸ばした脚と体幹部のキープです。
腿裏側の柔軟性を増そうと意識し過ぎるとどうしても脚を挙げる高さを気にしてしまいます。
このストレッチでも、脚の高さを気にすると、背中がまるくなります。パシモッターナ・アーサナなど座位の前屈で背中を丸めてしまいがちなのと同じです。
このストレッチで背中が丸くなりだす兆候としては、腰と地面の隙間がなくなり、顎があがってきます。そして、下に伸ばした脚の腿の裏側が地面から離れてきます。(この映像でも最後の方で腿裏が地面から離れるのが見えます。すこし頑張りすぎですね。(^^;;;)正しいアライメントを保てる範囲で焦らずコツコツと続けて見て下さい。ベルトがなければタオルなどで充分です。※シルエットが分かり易いように逆光にしてみましたが、少し暗すぎですかね・・・裸なのも露出狂ではなくシルエット重視ですのであしからず・・・(^^;;;
映像のように腰は丸まらないようにムーラバンダを効かせ胸で呼吸してみましょう。さらに足の指を大きく開き拇指球を押し出すようにする(パーダバンダといいます)とより背筋が伸びます。(映像では上の足の形です。下の足は暗くて見えませんが同じ形にしています。)
コア(体幹)が強くなり立位での姿勢改善につながります。
座位で腰が立たず背中が丸くなりがちな方には必須のストレッチです。
腿裏をはじめ身体の裏側の硬化は老化を表します。最近は若い人でも非常に硬い人が多いようです。運動不足や生活習慣の変化ですね。
ハムストリングの柔軟性を獲得して伸び伸びと若々しい動きができる身体を目指しましょう。

次に・・・

ブロックを使ったチェストオープン(胸部の解放)です。
ブロックの代わりにクッションや枕などでも大丈夫ですが、ある程度の硬さがある方が心地良く胸が開きます。
肩甲骨と腰の間(肋骨背中側下部)辺りにブロックを挟みます。臀部はしっかりと床に置き下半身の重みで腰が伸ばされるような感じをつくりましょう。
そして、ムーラバンダを効かせながら胸を大きく膨らますように呼吸をします。ブロックの高さは柔軟性によって選びましょう。背骨を反らされている感覚ではなく、肋骨が開かれているような感覚があればOKです。
首に力が入ると肩が挙がり胸が開き辛くなります。枕を作って肩、首をリラックスさせるか、両腕をクロスして鎖骨・胸・肩を引き下げながら伸ばすのも効果的です。(1分50秒あたり)
上記の動作は座位や立位で反らす時にも非常に心地良く胸の高い位置から喉をストレッチ出来るので是非試して見て下さい。デコルテがすっきりし、顔の弛みにも効果ありです。(^^)
胸が開くと呼吸が楽になります。呼吸が深く楽になれば心が安定します。胸を開くポーズは全般的に心を前向きにするとも言われます。ジメジメしたこの時期を乗り切るためにも是非トライして見て下さい。
さらに、この二つのストレッチは姿勢を改善し、スタイルを向上に素晴らし効果を発揮しますよ。
[PR]
# by uz-ni-chan | 2010-06-27 15:08