なぜ人は不安定になるのか???

人間には「安定したい安心したい」という欲求があるようですね。
この安心したいという欲求の為に哲学や科学が発展したように思います。

今では小学生でも地球が太陽の周りを周っている事を知っています。
でも大昔の人々は地球の周りを太陽が巡っていると思っていました。
もちろんどんな風にかは想像する事しか出来ませんね。
朝、太陽神アポロンと共に太陽は駆け上がり、暁の女神が現れる頃に帰っていく。。。

日食なんて起ころうものなら、それはそれは恐怖に震えた事でしょう。
つまり、「知る=安心」となりそうですよね?
これはある程度までは確かかもしれません。
でも、知れば知るほど「安定・安心」から程遠くなる事も事実です。
今の日本がそうかもしれませんね。
「知らぬが仏」ですね。

実は僕らが生きている世界に安定なんてないんです。
その証拠に安定していると思っているこの大地は宇宙に浮いています。
その宇宙は未だものすごい勢いで広がっているそうです。
そして、その宇宙の始まりも解っていません。
解らないことだらけのうえに僕らの命は暮らしています。

視点を逆に向けミクロの世界はどうでしょうか???
物質としてこの世に姿を現しているものは、「ニュートンの法則」によって物理的に支配されています。
自由落下運動や慣性の法則などなど、
自分は解らなくても頭の良い人なら計算で殆んどの動きが解ってしまいそうです。
その法則によって人間は月や宇宙まで行って帰って来ることが出来ます。
しかし、どんどんと細かく細かく原子や分子の世界に分け入って行くと、全く確定不可能な世界が広がっているそうです。
量子力学の世界ですね。

つまり、マクロもミクロも不安定な世界。
その間で僕らは現実を生きているんです。
この世界は何処にもたれてもすがっても結局は不安定なんです。

安定した仕事や収入・頑丈な家・信頼できるパートナーや友人・健康である事・スタイルが良いこと・・・
安心・安定を求めたこれらの価値感はまったく不安定な上に成り立っています。
そして、命は知っています。
どんなに思い込もうと思っても、そんなもの全然根拠の無い安定だと。

だから不安になるのです。
何の不自由もない生活をしながら心の不安定に悩む人々・・・

では、不安定にならない方法は???
初めから安定なんて求めないこと。
そして、自分自身に軸を定めること。
今この瞬間が自分自身である事。
仕事、家、友人、パートナー、健康、スタイル・・・
全て自分以外の軸です。
健康やスタイルは自分じゃないの???
って思うかもしれませんが、
健康って何?
良いスタイルって??
それは自分で決めましたか???

自分の本音、自分の真実の命の声を聞く練習をすると、素直に生きられ心は安定するのです。
※声に従うかどうかは本人の自由ですが、場合によっては従えないでしょう。しかし、押し殺したりごまかしたり気付かぬふりをせず、従えない理由を自分で認める事が大切です。

それに気付く為のヨガの練習。
その為のグラウンディングです。
アーサナをしたって、ただするだけでは気付けません。
でも、一生懸命取り組む事によってだけ気付ける事もあります。
だから、再三言うようにヨガのアーサナやプラナヤーマ、瞑想じゃなくてもいいんです。

今一度、自分軸を探してみてはいかがでしょうか???
その軸はきっと宇宙の軸と同じはず・・・
[PR]
by uz-ni-chan | 2011-07-29 11:21
<< ヨガでなにが得られるか??? 美しいことは正しいこと。。。 >>