基本が大切なんですねぇ・・・」

こんばんは。
今夜から冷え込むそうですね。
寒さ対策をして乗り切りましょう。

今日は「基本が大切」ってお話。
よく聞くセリフでもあり、誰もが頭では解っているけれど、案外やってない事。
うぅ・・・耳が痛い???

先日、レッスン後にある生徒さんが、
「小学5年生以来、初めてブリッジ(ウルドゥワダヌラアーサナ)が出来ました!!!」
と喜んでお話しをしてくれました。

ヨガのレッスンに熱心に通っている方には、この喜びが分かる事でしょう。
努力されたんだなぁ・・・
とね。

そうなんです。
彼女は努力をしたのです。
彼女は、梅森教室の生徒さんで、さらにDG梅森勉強会に参加しているメンバーです。
インストラクターではありません。
しかし、勉強会に参加された後、復習し、熱心に毎日、家でも家事や子育ての合間に時間を作って練習されています。
今日のお題「基本が大切なんですねぇ・・・」と言うのは彼女のセリフです。

何故そんな話になったかと言うと・・・
梅森教室は「ベーシック」クラスです。
参加年代も30代から80代までと幅広く、基本のアーサナしかしません。
ブリッジもセッツバンダアーサナまでで、ウルドゥワダヌラアーサナはやらないクラスなんです。
以前、他のレッスンでやったことはあっても、出来なかったと言ってました。

そして先日、梅森教室で無理をしないと条件付きで、任意でチャレンジしてもらいました。
すると、「思いの他、簡単に出来た!!!」そうです。

夏から開始した勉強会での成果の様です。
以前にこのブログで書きましたが、11月までで4回終了した勉強会で紹介したアーサナは、
①マウンテンポーズ②チェアーポーズ③ランジ④ダウンドッグ⑤プランク⑥コブラのみです。
まだまだ前半です。
基本を再確認し、みっちりやっているのです。
つまり、彼女はウルドゥワダヌラアーサナの練習はしていないのです。
それなのに、5年生以来に出来た・・・

「基本が大切なんですねぇ・・・」
身を持って知った彼女のセリフです。
重みがあります。

もし今後、彼女がインストラクターになったとしたら、
基本が大切な事を自信を持って訴えられる先生になれるでしょう。
体験の大切さです。

小手先のテクニックを教えて、「出来た気にさせる」のではなく・・・
もしくは、一般的な意見として分かった風に「基本をやりなさい」と押し付ける訳でもなく・・・

勿論DGでは、上記の⑥ポーズの充実がウルドゥワダヌラアーサナ以外にもいろいろなアーサナの完成を助ける事は解っていて基本として指導しています。
「簡単なポーズは難しいポーズに向かう練習になっている・・・もしくは、なる様に指導している。」
とレッスンでもいつもお伝えしていますよね???

自分のやり易い方法を頑なに崩さず、聞く耳を持たない人。
聞いても、実践しない人。
頭で理解して、解ったつもりになっている人。
下手に知識をもってしまい、素直に聞いたまま出来ない人。

沢山の人を見てきました。
どのパターンでも自分の生き方ですので、自由ですが、
上記の様な人は、人のレッスンに参加する資格はありません。
レッスンやWSなどに参加したからには、心を開いて指示に従うこと。
それが、周りの仲間や、その場・時間をリスペクトする事なんです。

月に3つも4つもWSに参加したり、ネタ集めの様にいろいろな先生のレッスンに参加しても彼女の様な「気付き」は起こらないでしょう。

この「気付き」を得るには、練習しかありません。
それも、「自主練」です。

DGでは、普段の練習としてレッスンに参加して頂く事に加え、「自主練」の重要性を訴えています。
特に、インストラクターならば、必須です。
レッスンに参加しないと練習できないのは素人です。
いや、素人さんでも自主練出来る人は沢山います。

皆さんヨガが好きですか???
好きなら練習したくて仕方がないですよね???

DG勉強会では、
自分で練習が出来る様になる事・・・
と言うのが一つの目的でもあります。
他にも、
世界中どのクラスに出ても楽しめる様になる事・・・
出たクラスで先生からも周りの仲間からも歓迎される様になる事・・・

つまり、幸せなヨガライフが、いや幸せな人生が送れるようになる事が目標です。
現役インストラクターやインストラクターを目指す人は、良き先生に・・・
一般の生徒さんなら、良き生徒に・・・

結局は自分の幸せを見つけて貰える勉強会になれば良いと思います。

4月からは、安城で始まります。
週末勉強会も、違う地域でもう1講座開催したと思っています。
もし良い会場を知っている方、自分のお住まいの近くで開催したい方がみえたら、お声をお掛け下さいね。

来週は、梅森勉強会です。
メンバーの皆さん!
練習して下さいね。(^_-)-☆

お会い出来るのを楽しみにしております。

では、また・・・
[PR]
by uz-ni-chan | 2014-12-12 19:05
<< 今年最後の勉強会 来年より・・・ >>