ヨーガスートラとバガヴァッドギーター

皆様こんにちは。
今年もあと一ヶ月と少しとなりました。
早いですね。
忙しくなる年末ですが、毎日を丁寧に過ごしたいものですね。

今期のDG会では先回・先々回とバガヴァッドギーターとヨーガスートラの概要をお伝えするクラスとなりました。
この回の講義を受けて、「もう一度読みたくなった」「以前より読みやすくなった」と意見を多数いただきました。

皆様が少しでも、興味を強めて頂けたのなら嬉しい限りです。

ということで今回は、「ヨーガスートラとバガヴァッドギーター」について簡単に書きたいと思います。

ヨーガスートラは聖者パタンジャリによって紀元後4-5世紀に編纂された、ヨーガの経典と言われる書です。
このヨーガスートラはインド六派哲学の一つである、ヨーガ学派の経典と言われています。
このヨーガスートラの背景にはサーンキャ哲学があり、同じく六派哲学の一つのサーンキャ学派の考える世界の在り方・世界観をある程度知らないと理解が難しいと言えます。
このサーンキャ哲学はその他のインド哲学学派においても世界観のベースにもなっています。
どちらにしても知っておいた方がお得です。

この辺りを、今期までのDG会では重点的にやってきました。

ヨーガスートラでは冒頭で、
「ヨーガは心(チッタ)の作用(ヴリッティ)を止滅(ニローダ)することである。」
という宣誓文にてヨガを定義しています。

では、チッタは何でしょうか?

チッタとは、自分の内側で渦巻くいろいろ、ブッディ(判断する器官)・アハンカーラ(偽りの私感覚)・マナス(思索器官)の総称です。

何故、チッタヴリッティをニローダするのでしょうか?

それは、真実の私(プルシャ・アートマン)を見失わせている「偽りの私」に気付くためです。
「偽りの私」を「真実の私」と見誤る事をヨガでは無知といい、悩みの元になります。

その一つの方法として、ヨーガ学派は「心集中」を本命に掲げています。

すると、
本当の自分に出会えます。
本当の自分になれます。
と言うより、
本当の自分に気付けます。

それを「自己実現」と言います。
本当の意味での幸せを悟った状態です。

その為の理論と方法を示した書がヨーガスートラとです。

第2章に「アシュタンガ(八枝則)」としてヨガの取り組み方が非常に解り易く?説明されていて、スタジオなどで行われている現代のハタヨガなど、殆どのヨガがこのヨーガスートラの影響を受けていると言えます。

そのヨーガスートラの1-7に
正知(プラマーナ)の拠り所は、直接体験・推論・聖典による。
とあります。

正しい知識、知識の拠り所について、直接体験することが重要な事はどなたも理解できるでしょう。
推論、つまり推理することは「煙がみえるから、近くに火元があるだろう?」という感じで、正しい知識に向かう為には大切ではあります。
しかし、その推論をどの様に導き出すのでしょう?
今までの人生で体験した事と学校などでで習った事???(この様にヨガを理解してしまっている人が非常に多いのが気になります。)

違いますね。
ここで第3のプラマーナ、聖典の意味が出てきます。
ここでの聖典は「ヴェーダ」の事です。
ヨーガ派はヴェーダの権威を認めているからこその正統六派哲学なのです。

では、ヴェーダはどのように勉強すれば良いでしょうか?

ここで、バガヴァッドギーターの出番です。

バガヴァッドギーターはインドの大叙事詩「マハーバーラタ」の一部に収められています。
ヴェーダ聖典(シュルティ)とは違いますが、ヴェーダのエッセンスがここに示されているため第5のヴェーダと言われるほど、インド精神界では重要な書物です。
5,000年程前の歴史上の事実を記した「マハーバーラタ」は聖者ヴャーサにより紀元前5世紀~2世紀頃に記されたと言われています。

クルクシェートラで起こった身内同士の戦争を前に苦悩するアルジュナに最高神の化身であるクリシュナがアドヴァイスする、という形式で話は進みますが、
日本人の私たちには、この戦争がどんな戦争で、誰と誰が何故戦っているのか?
アルジュナを諭している人物であるクリシュナが誰なのか?
が解らなければ、意味が解らないか、危険な解釈へと進む可能性もあると言えます。

しかし・・・

日本人の私たちがヴェーダの学習をするのはもっと困難です。
ヴェーダの内容はあまりに多岐に渡ります。そしてあまりに膨大です。
ギーターはヴェーダのエッセンスを絞り出してある書です。
バガヴァッドギーターを勉強するのが結果ヨガを理解する一番の近道と言えるのです。

ヨーガとは???

カルマヨーガ・ギャーナヨーガ・ラージャヨーガ・バクティヨーガ

取り組み方は違いますが、ギーターを勉強すればすべて同じゴールに向かっている事が理解できるでしょう。
それぞれの意味と外してはならない部分、ヨガについていろんな事が学べます。

すると、ヨーガスートラで、
「ヨーガは心の作用を止滅する事である。」
の本意が見えてくるのです。

その他、ヨーガスートラにある、クリヤーヨガの重要性、アシュタンガにあるヤマ・ニヤマなど、するべき事(ダルマ)の重要性、などなど・・・

ヨガを好きになり勉強を開始すると、まずヨーガスートラ・・・
と言うのが順当のようですが、実はバガヴァッドギーターを知っておいた方がヨーガスートラの意味をすんなり理解できるのです。

西洋に初めてインド思想とヨガという考えを広めたヴィヴェーカナンダ師も、このバガヴァッドギーターとヨーガスートラを用いたと言われています。
偉大な先人が行った方法には必ずや意義が見いだせますね。

来季のDGトレーニングコースでは、このヨーガスートラとバガヴァッドギーターからヨガの学びを深めます。
しかし、難しいお話ではありません。
普通に聞いても楽しめる様に工夫を凝らします。
アーサナなどの行法も同時に教授いたします。

ヨガに興味が出て来て、少し勉強を深めたくなった方。
スートラやギーターは持っているけど、自力で読めていない方、いまいち理解が出来ない方。
是非、同じ志を持った仲間と共に勉強する時間を持ちましょう。

エントリーお待ちしております。

詳しくは・・・「こちら」をご覧ください。
c0072323_14041664.jpg


[PR]
by uz-ni-chan | 2017-11-24 13:56 | Yoga
<< 2018年、あけましておめでと... 知識(ヴェーダ・ヴィディヤー) >>